宜蘭・羅東のおすすめ観光プランまとめ!人気グルメからホテルまでガイド!

台湾の北東部に位置する「宜蘭県」は、日本ではまだまだ知名度が低いですが、トンネルが開通したことで、台北市から片道1時間程での行き方が確立し近年注目の観光地です。その中でも、主要都市である「羅東鎮」を中心とした、「宜蘭・羅東」のお勧めスポットをご紹介します。

宜蘭・羅東のおすすめ観光プランまとめ!人気グルメからホテルまでガイド!のイメージ

目次

  1. 1「宜蘭・羅東」は観光地としておすすめ
  2. 2「宜蘭・羅東」の見どころ
  3. 3「宜蘭・羅東」への行き方
  4. 4「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット1:「羅東夜市」
  5. 5「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット2:「羅東林業文化園区」
  6. 6「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット3:「羅東運動公園」
  7. 7「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット4:「羅東孔子廟」
  8. 8「宜蘭・羅東以外」おすすめ観光スポット1:「国立伝統芸術中心」
  9. 9「宜蘭・羅東以外」おすすめ観光スポット2:「礁渓温泉」
  10. 10「宜蘭・羅東」おすすめホテル1:「カバランホテル」
  11. 11「宜蘭・羅東」おすすめホテル2:「サンスイートホテル」
  12. 12「宜蘭・羅東」おすすめホテル3:「Mystery 13 BB」
  13. 13「宜蘭・羅東」へ行こう

「宜蘭・羅東」は観光地としておすすめ

宜蘭県は、台湾の北東部に位置し、山と海に囲まれた地域です。かつては山に囲まれているためアクセスが悪く、日本などでは知名度が低かったですが、2006年に山を貫くトンネルが開通したことでアクセスが良くなり、台北から日帰りも可能となったため、観光地として注目されるようになりました。

「宜蘭・羅東」の見どころ

羅東鎮は宜蘭県の主要都市で、後述する夜市など多くの見どころが存在します。宜蘭県へ初めて行く場合や日帰りなどで時間のない場合などは、まずは「羅東鎮」を中心に観光することをお勧めします。もちろん、宜蘭県には羅東鎮以外にも多くの見どころが存在するため、それらにも行くのがお勧めです。

Thumb宜蘭の夜市といえば「東門夜市」!観光名物のグルメやお土産を一挙紹介!
台湾観光のハイライトと言えば、夜の街を彩る夜市。台北から約40分の距離にある宜蘭市の夜市には...

「宜蘭・羅東」への行き方

宜蘭・羅東への行き方としては、台北市から高速バスを使うのがお勧めです。高速バスの場合は、台北駅から徒歩10分ほどの位置にある、台北国道客運バスターミナルから高速バスか、MRT市政府駅前の阪急百貨店に直結するターミナルから高速バスに乗るといいでしょう。いずれの行き方も片道130元ほどで、所要時間は40分~1時間ほどです。

高速バス以外の行き方としては列車があります。台北駅から宜蘭方面行の列車が運行されていて、所要時間や料金は乗車する列車によって変わりますが、快速列車で宜蘭までおよそ1時間、料金は片道220元ほどです。台湾の駅はユニークで魅力的なものも多いため、それらを楽しむために列車に乗るのもいいでしょう。

「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット1:「羅東夜市」

まずご案内したいのが、羅東の街にある夜市です。夜市や屋台は台湾定番のグルメなので、他の地域で行ったことがある方も多いと思いますが、羅東の夜市は他の地域とは違ったグルメを楽しむことができるので、台北や高雄などで屋台グルメを体験した方も、もちろん台湾の屋台未経験者もぜひ体験していただきたいスポットです。

先に述べたとおり、宜蘭は山と海に囲まれた地域であるため、山と海の幸が豊富で、主要都市である羅東にはそれらの美味しい食材が集まって、それらの食材を生かしたグルメが集まって夜市となっているのです。そのため、他の地域にはない料理も見かけることができ、また、同じ料理でも他とは違った味を楽しむことができるのです。

興味深い食べ物はたくさんありますが、その中でも注目なのはネギです。宜蘭県には三星郷という地域があるのですが、ここで作られている三星ネギは台湾でも有数のブランドネギとして知られています。産地から近い羅東の夜市では、この三星ネギを活かした料理をいくつも堪能することができます。

特に、三星ネギを存分に味わうことができるネギ油餅は、一度食べていただきたい逸品です。ネギ油餅自体は台湾や北京などでも有名な食べ物なので、食べたことがある方も多いと思いますが、羅東の三星ネギで作ったネギ油餅は他のものとは一味違います。また、宜蘭県は鴨も有名なため、三星ネギと鴨肉の肉炒めはお勧めの逸品です。

もちろん、台湾の定番である小籠包や、スイーツなどのグルメしっかりと押さえられており、ちょっとネギや鴨が苦手な人であっても十分に楽しむことができます。日帰りなど時間がない場合は厳しいかもしれませんが、むしろこの夜市のために宜蘭で一泊する価値はあると思います。
 

「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット2:「羅東林業文化園区」

1924年から1982年まで、宜蘭県には太平山林場という林場がありました。太平山林場から伐採されたヒノキ等の木材は、羅東に運ばれ羅東貯木場にいったん集められてから、外部へ輸送されていました。この木材を集めていた羅東貯木場が現在の「羅東林業文化園区」です。

「羅東林業文化区」は羅東市の郊外にありますが、中心部からさほど遠くはなく、歩いても30分ほどで着く位置にあります。園内には貯木池の跡や森林鉄道の線路、森林鉄道駅(竹林駅)の復元された駅舎等があり、これらの設備から当時林業がどれほど発展していたかを知ることができます。一度行っておいて損はないでしょう。

Thumb宜蘭にある博物館まとめ!観光におすすめの人気スポット・行き方を紹介!
台湾北東部にある宜蘭県には、台湾の文化や伝統を知ることのできる博物館がたくさんあります。今回...

「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット3:「羅東運動公園」

羅東市の北西にあり、中心部から歩いておよそ30分くらいの場所に位置する「羅東運動公園」は、自然とスポーツが融合した空間になっています。広い園内には、陸上トラック、野球場、テニスコート、バスケットコートなどがあり、いろいろなスポーツを楽しむことができます。

さらに、園内にはスポーツ施設以外にも、湖や木々などの美しい自然も魅力です。特に秋ごろには、紅葉で園内がきれいに赤く染まりあがります。スポーツで汗をかくにもよし、美しい自然を味いながら散歩や休憩をするにもよしと、活発な方にもゆっくりしたい方にもおすすめです。

「宜蘭・羅東」おすすめ観光スポット4:「羅東孔子廟」

12547399 373405206116847 1088282480 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
jen.yi.cheng

羅東市の西に位置し、中心部から徒歩で20分ほどに位置する「羅東孔子廟」もおすすめのスポットの一つです。孔子を祀った孔子廟は日本や韓国も含め、アジアにはたくさん見まれますが、羅東の孔子廟はまたそれらとは一味違い、羅東の文化を学ぶことができます。なお、孔子廟は台北や台南などにもあるため、台湾マニアならそれらとの対比も面白いでしょう。

「宜蘭・羅東以外」おすすめ観光スポット1:「国立伝統芸術中心」

33650941 171527427020825 8977881095013924864 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ezfly_international

ここで宜蘭県の、羅東鎮以外のおすすめスポットも紹介させていただきます。行き方は羅東駅からバスで約15分、羅東鎮より東に位置する五結郷にある「国立伝統芸術中心」は、昔の台湾をテーマにしたテーマパークです。台湾の古き良き伝統文化に触れながら、台湾の歴史を学ぶことができます。

33133446 175293383120019 6674611286606610432 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
nao.yummy

入場料は150元で、パンフレットには日本語版もあり安心です。中に入ると、古き良き時代の台湾の街並みが広がっており、中には毛筆屋さんや漆器屋さん、玩具屋さんなどの伝統的なお店が並んでいて、見ているだけでも楽しいですし、お土産を買うスポットとしてもおすすめです。

14369115 202765650141728 257918728 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
kyoichi32

体験コーナーも充実しており、子どもから大人まで楽しめること間違いなしです。さらに定期的に開催されるショーは、華やかの一言で必見です。また、グルメについても充実していて、こちらでも三星ネギを活かした料理や、台湾定番の料理やスイーツなどを堪能することができます。

「宜蘭・羅東以外」おすすめ観光スポット2:「礁渓温泉」

12383171 819322474840603 1119378371 n
xiangxi_a

もう一つ、宜蘭県で羅東鎮以外のおすすめスポットが「礁渓温泉」です。行き方は羅東駅から列車で約20分、羅東鎮より北に位置する礁渓郷の礁渓駅に降り立つと、そこは台湾有数の温泉街が広がっています。町中にはいたるところに足湯があり、場所によってはフィッシュバスも楽しむことができます。

11419027 392436950964938 1080469 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
nekokan_mo

もちろん、メインとなる入浴もいい湯で、旅の疲れが癒されること間違いなしです。なお、注意していただきたいのは、台湾では温泉に入る時、水着と水泳帽が必要な場所が多いということです。もっとも、現地で購入することもできますが、念頭に入れておくといいでしょう。

26155849 1598555563524534 1254638386149326848 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
mee.tw

また、温泉街ならではのグルメや旅館なども充実しています。特に温泉公園は立ち寄る価値ありです。温泉が好きな方ならば、こちらで一泊することを検討してもいいかもしれません。時間があればゆっくり探索して、日本の温泉街との違いを楽しんでみるのも一興かと思います。

「宜蘭・羅東」おすすめホテル1:「カバランホテル」

15056794 1150590071660941 163291774670864384 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
shihui0411

宜蘭・羅東へ行った際に、おすすめのホテルの一つが「カバランホテル」です。羅東市の中心部にあり、大通りに面しているため場所が分かりやすく、さらに夜市の近くであるため利便性が抜群です。さらにホテルの高層階から見る街の夜景は絶景の一言です。日本語の通じるスタッフもいるため安心です。

「宜蘭・羅東」おすすめホテル2:「サンスイートホテル」

10948952 1101828296508413 1780719683 n
ytchen329

宜蘭・羅東でのもう一つのおすすめホテルが「サンスイートホテル」です。こちらも羅東市の中心部、夜市のそばという絶好のロケーションにあり、街の夜景も楽しむことができます。こちらは日本語が通じるスタッフがいませんでしたが、その分料金が安めでしたので、コミュニケーションに自信がある方にお勧めのホテルです。

「宜蘭・羅東」おすすめホテル3:「Mystery 13 BB」

30592683 2077472262281112 6259125844132757504 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yuping429

羅東市の中心部からは外れるのですが、「Mystery 13 BB」もおすすめの宿泊施設です。こちらは羅東運動公園のそばにあるゲストハウスで、近くには水辺があり、羅東運動公園で汗を流したい人や、夜はゆっくり静かに過ごしたい人におすすめとなっています。

「宜蘭・羅東」へ行こう

今回は宜蘭県への行き方やおすすめの観光スポットや、グルメ、ホテルなどを羅東鎮を中心にご紹介させていただきました。宜蘭・羅東には、今回紹介しきれなかったおすすめスポットは他にもたくさん存在します。台湾でも知る人ぞ知る地域である宜蘭・羅東に、ぜひとも一度足を運んでみてください。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング