雲仙観光ホテルは由緒正しき一級ホテル!宿泊プランやランチを紹介!

長崎一の由緒ある観光ホテルがこの雲仙観光ホテルです。日本最古の国立公園を訪れる観光客をもてなすために創業した由緒あるホテルです。この雲仙観光ホテルの宿泊施設や評判、おすすめポイントなどをランチ情報も含めてお知らせします。

雲仙観光ホテルは由緒正しき一級ホテル!宿泊プランやランチを紹介!のイメージ

目次

  1. 1長崎の由緒ある一流ホテル・雲仙観光ホテル
  2. 2雲仙観光ホテルの歴史
  3. 3雲仙観光ホテルでの暮らし方
  4. 4雲仙観光ホテルのもてなしの精神
  5. 5雲仙観光ホテルのオーベルジュ精神
  6. 6雲仙観光ホテルでのディナー
  7. 7雲仙観光ホテルでのランチ
  8. 8雲仙観光ホテルのバー
  9. 9雲仙観光ホテルの客室
  10. 10雲仙観光ホテルのお土産
  11. 11雲仙観光ホテルの建物
  12. 12雲仙観光ホテルでのウェディング
  13. 13雲仙観光ホテルの歴史ある温泉
  14. 14雲仙観光ホテルが受賞したアワード
  15. 15雲仙観光ホテルの日帰りプラン
  16. 16雲仙観光ホテルを予約する
  17. 17雲仙観光ホテルへのアクセス
  18. 18雲仙観光ホテルが加入する日本クラシックホテルの会
  19. 19日本最古の国立公園・雲仙国立公園
  20. 20昭和のノスタルジックな雰囲気を守り続けるホテル・雲仙観光ホテル

長崎の由緒ある一流ホテル・雲仙観光ホテル

雲仙観光ホテルは長崎一の由緒ある一流ホテルです。天皇陛下も宿泊したことがあるこのホテルは他のホテルとは違い独特の歴史とたたずまいを持ったホテルです。星がたくさんついた高級ホテルとも違い、老舗の高級旅館とも違いますが、それらに負けず劣らずの品の良さを醸し出しているホテルです。

ここでは、そんな長崎県雲仙市にある雲仙観光ホテルについてご紹介します。由緒ある一流ホテルとしてのその歴史やホテルや宿泊施設に関する情報を、雲仙観光の情報やランチ、ディナーの情報などと併せてご覧ください。

雲仙観光ホテルの歴史

雲仙観光ホテルは創業81年の格式高い由緒あるホテルです。創業は1935年、風光明媚な雲仙が日本初の国立公園に指定されたのをきっかけに、外国人のための避暑地として親しまれてきています。当初の目的は外国人誘致。そのために洋風スタイルの建物が建設されることになりました。それがこの雲仙観光ホテルです。

モダンな館内には一流ホテルとしての施設も充実しています。61の客室に、メインダイニングにバー、売店や図書ルーム、理容室に会議室やビリーヤード場が備わっています。それに加えて硫黄泉浴室が男女1室ずつ完備されていて、それぞれが定期的なメンテナンスのもとに今でも使用されています。

この雲仙観光ホテルが開業した当初は長崎県内にこのような豪華で品があり、近代的な設備が整った施設はありませんでした。雲仙はもちろん、長崎県にとっても例がないホテルにも関わらず、開業以来このホテルを訪れる多くの外国人客がこの雲仙観光ホテルの質の高さを称賛してきました。

ハンガリー文化使節団のメゼイ博士は次のように述べました。「雲仙の自然は素晴らしい。南欧チロルの山の美にリビアの海の美を加えたようなものだ。」

さらにこうも続けています。「崇高な世界美というものは東洋的な美と西洋的な美が一つになったものだが、私は雲仙でこれを発見することができた。このホテルは東洋的でもあり西洋的でもある。しかし全く不自然さがない。」と述べて最大の称賛を送ったと言われています。

昭和21年には駐留米軍に接収されて、この雲仙観光ホテルは休暇ホテルとして利用されていました。しかし昭和25年には接収が解除になり通常の営業が再開されました。その同じ年に国際観光整備法に基づき、政府登録ホテルに登録されることになりました。それ以来、現在に至るまでこのホテルを心から愛する従業員たちによってこのホテルの伝統が守られてきています。

雲仙観光ホテルでの暮らし方

このホテルでは、「宿泊」という考えよりも「暮らす」という考え方にこだわっています。このホテルはもとは船会社が経営したホテルなので、そのコンセプトも大きな海を航海しているときに過ごす客船です。ホテルすべてを自分の別荘のように使ってもらうこと、泊まるのではなく暮らすことを願っているホテルです。

崇高な世界美を見せる雲仙観光ホテルの外観

このホテルに到着してまず目に留まるのは石畳のアプローチ。そこを歩いて中に入れば赤い屋根と丸太の組み合わさった、溶岩石の壁が特徴的なスイスシャレー風のホテルが目に入ります。

日本の在来建築と西洋から入って来たハーフティンバー様式が組み合わさった外観は周りの風景とピッタリマッチして多くの旅人に愛されてきました。ハンガリー文化使節団のメゼイ博士が語った「世界美」という言葉がぴったりのホテル外観です。

ノスタルジックな雲仙観光ホテルの内装

中庭で四季折々の美しい表情を見せるきれいな花に出迎えられながらエントランスに入ると、そこにはこれまで変わることなく旅人たちを迎えてきた懐かしくも穏やかな空気が流れるロビーがあります。木のぬくもりはいつの時代でも、どの文化からの人でも心を落ちつかせることでしょう。

古くからそこに忠実に立ち続ける調度品の数々はこの重厚な空間に彩りと優しさを加えています。昭和の時代の旅行者と一緒に大きな旅行鞄を抱えたポーターと一緒にレセプションまで向かうさまが想像できます。この施設に一歩足を踏み入れた瞬間に古き良き時代へのノスタルジーな時間の旅が始まります。

雲仙観光ホテルのもてなしの精神

このホテルの従業員一人一人が持つもてなしの精神のことを彼らは自分たちで、雲仙スピリットと呼んでいます。ノスタルジックなこのホテルの雰囲気を守り抜く決意が見受けられます。「変わらない」ことは大変難しいことです。日々変わりゆくこの時代の流れに逆らっていかなければならないからです。

彼らが変わらず守っていきたいのは、昭和10年の創業以来守り続けてきているもてなしの精神です。ホテルスタッフはお客様が大切な時間をいかに心地良く過ごせるかを常に考えています。料理人たちは常に最高の食材を探し求め、そしてその味をお客様に届けるために鍛錬を続けています。

その他にもこの雲仙観光ホテルのバーテンダーやソムリエから真鍮のドアノブを毎日輝かせている施設管理の作業員まで、全従業員に浸透しているもてなしの精神、それが「雲仙スピリット」です。

雲仙観光ホテルのオーベルジュ精神

この雲仙観光ホテルで創業当初から受け継がれているものの一つにオーベルジュ精神があります。それはホテルのもてなしの一部として料理の味にも変わらないノスタルジックな雰囲気を醸し出すことです。そのためには労を惜しまない料理人たちの意気込みが創業当初以来変わらず受け継がれています。

この雲仙観光ホテルではフレンチと和食の両方を楽しむことができます。フレンチの伝統と雲仙のこだわりの素材を融合させたフレンチは、雲仙キュイジーヌと呼ばれています。雲仙で産れる豊かな食材を和の達人たちの熟練した技術で心を込めて作られる料理は、和技菜心呼ばれています。記憶に残る味となることでしょう。

雲仙観光ホテルでこだわりの食材をいただくのが、ノスタルジックな雰囲気のダイニングです。高い天井とピカピカに手入れされている木の床が印象的なこのダイニングは国際的な人と文化の出会う場所としてもその枠割を果たしてきました。華やかに着飾った国内外の文化人や財界人の交流の場となってきました。

雲仙観光ホテルでのディナー

雲仙観光ホテルでのディナーもおすすめの過ごし方の一つです。朝食やランチと違いあたたかなぬくもりの中に包まれたかのような雰囲気の中で楽しむディナーはとても素敵です。ウェイターやウェイトレスのきびきびした動きには料理を一番おいしい瞬間に食べてもらうための気遣いの表れです。

雲仙観光ホテルのおすすめフレンチディナー

雲仙観光ホテルのおすすめフレンチディナーは、地元の食材を生かした雲仙キュイジーヌ。このノスタルジックなダイニングは和、フレンチどちらのディナーにもピッタリ合います。ディナーの時間は午後5時半から午後10時までです。前日までの予約が必要なので雲仙観光ホテルのおすすめフレンチディナーを考えている方はぜひ予約してください。

雲仙観光ホテルのおすすめ和食ディナー

31036467 197068637686533 5864910445508296704 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
yoririe24

ノスタルジックなホテルにぴったりの和食ディナーも日本料理レストラン燿亭で提供されています。四季の色どりや自然の恵みをその素材の最上の状態で味わうことができる和食レストランです。味がいいのはもちろんのことですが、そのきれいな盛り付けに驚かされます。カウンター席に座れば食に精通した料理長との会話も楽しむことができます。

雲仙観光ホテルのおすすめ朝食

この雲仙観光ホテルでの朝食はアメリカンか和食のどちらかのセットメニューを選べます。洋食だと雲仙地玉子で作ったオムレツやエッグベネディクトにフレンチトーストなどをいただけます。また和食を選んだなら、手作り豆腐やハトシといった長崎の郷土料理を存分に楽しむことができます。

雲仙観光ホテルでのランチ

ノスタルジックな空間に差し込む木漏れ日の中で食べるランチもまた格別です。もちろん、ランチメニューも雲仙スピリットが満ち溢れてこだわりの品々ばかりです。古き良き時代に思いをはせながら雲仙の自然を摂り言えた自慢のメニューを食するなら、自分も古き良き時代に戻ることができます。

31033870 2483686258323611 1121171276698746880 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
yoneple

この雲仙観光ホテルでのランチのおすすめメニューは、代々伝わる伝統のビーフカレーなどの復刻メニューに加えて、雲仙の自然味を存分に楽しむコースメニューなどがあります。創業当時のメニューが今でも食べられます。

復刻されたランチメニューの中には、ハンバーグステーキ・デミグラスソース、仔牛肉のカツレツ・ウィーン風、牛ロースステーキ・シャリアピン風などがあります。他にもランチにぴったりな特製ビーフカレー、雲仙ハヤシ、黒毛和牛ピラフなどです。忙しいランチ時間にさっと食べられるので便利です。

長崎県まで足をのばしてこの雲仙観光ホテルまで来た方の多くは、存分に長崎の味を楽しみたいと思っておられることでしょう。ゆっくりと雲仙観光ホテルのノスタルジックな雰囲気を楽しみたい方のとってのおすすめランチがあります。ランチでも用意されているコースメニューです。ランチタイムのコースは3つあります。

おすすめのランチタイムのコースの1つは、マルシェAです。前菜に、スープ、魚のメインにデザートがついて3500円。ランチタイムのコースマルシェBは前菜に、スープ、そして肉料理がメインでそれにデザートがついて4000円。ランチタイムのコースマルシェCはメインに肉、魚両方ついてきます。どれも長崎県雲仙の食材を堪能できるコースです。

雲仙観光ホテルのバー

もしこのホテルの宿泊客でなかったとしたら、おそらく足を踏み入れないであろうと思わせるほど、重厚で静かな趣があるのがこの長崎の雲仙観光ホテルのバーです。こちらも、創業以来ずっとその歴史の中に生き続けてきた場所です。バーテンダーの作るオリジナルカクテルやウイスキーを飲みながらこのホテルの歴史に耳を傾けるのもいいでしょう。

26336133 526494824400849 3925126644234190848 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
narahotel_official

この長崎県でも評判のバーでは、雲仙観光ホテルのオリジナルカクテルが出されています。シャンシャンボカクテルはホテルの庭で熟した木の身を収穫し作ったリキュールがベースになったカクテルです。冬ごろから出され始めて、無くなり次第終了の期間限定のカクテルです。

食前酒のマティーニやキールロワイヤル、食後のスティンガーやグラスホッパーなどダイニングでのディナーの前後にも利用できます。この雲仙観光ホテルで優雅な時間を過ごせます。

雲仙観光ホテルの客室

全国的にもこの雲仙観光ホテルは評判で、特にその宿泊室がとても良い評判を受けています。変わらないホテルを目指していますが、施設の老朽化は否めません。それでも変わらない精神とスタンスには驚かされます。平成16年には改修工事を開始しました。5年にわたる期間をかけて作り出したのが、新しくノスタルジアな宿泊室です。

象徴的な外観や、扉や柱、そして照明などのインテリアは昔のままのディテールを保ちつつ、さらにより快適な空間を作り出すために、水回りや寝具類を新しくしました。モダンデザインの父といわれるウィリアム・モリスの壁紙や猫足のバスタブなどは変わることのないこのホテルのテイストにピッタリマッチしています。

宿泊室も用途に合わせて選べます。スタンダードルームはダブルとツインがあります。赤やベージュのじゅうたんが重厚感を醸し出し、華やかなインテリアはクラシカルな雰囲気を醸し出しています。洗練されたデザインでありながら都会から離れた静かな時間を過ごすのにぴったりな部屋です。

さらに上質な空間を求めている宿泊客は、評判のスーペリアツインやスーペリアダブルの部屋を選びます。この部屋のおすすめはその雰囲気です。山側の部屋で、天気によってはうぐいすなどの鳥のさえずりと穏やかな陽光の中で目覚めを迎えることができるでしょう。リピータからの指定が多い評判の宿泊室です。

このホテルの伝統と風格を集大成にしたものが、このホテルに1部屋のみの特別室です。この宿泊室には昭和天皇を始め多くのVIPが宿泊してきました。ドアノブなどの細かなディテールに至るまで丁寧に仕上げが施され、丁寧にメンテナンスがなされています。このホテルの評判を一気に高めることに貢献した宿泊室です。

雲仙観光ホテルのお土産

この長崎県の雲仙観光ホテルで宿泊客に評判がいいのは宿泊室やランチだけではありません。お土産となるオリジナルグッズもたくさん用意してあります。大切な人に真心を込めて贈りたいものを探しているならぴったりの、評判のいいお土産ばかりです。おすすめを幾つかご紹介したいと思います。

おすすめのお土産で、高い評価を受けているのはゴルゴンゾーラベイクドチーズケーキです。ゴルゴンゾーラチーズのしょっぱい味とドライフルーツの香ばしさが見事にマッチしたチーズケーキです。その濃厚な味わいは一度食べたら決して忘れることがないでしょう。ネット通販でも評判のお土産です。

もう一つはこの長崎県雲仙観光ホテルでも評判のおすすめカレーです。雲仙観光ホテル伝統のビーフカレーが家庭でも楽しめます。これまで数多くの人々に愛され続けた伝統のレシピです。長崎牛をふんだんに利用したスパイシーな味わいは雲仙の自然の恵みがもたらす味です。

雲仙観光ホテルの建物

この長崎県で評判の雲仙観光ホテルは昭和54年に日本建築学会により近代日本の名建築に選ばれ、平成15年には国の登録有形文化財に指定されました。

平成19年には経済産業省の近代化産業遺産にも認定されました。「何も変わらない」という創業以来貫いてきた志が高く評価されたということです。スイスシャレー風の建物の雲仙観光ホテルは今でも昭和初期の雰囲気を守り続けています。

雲仙観光ホテルのオープンは昭和10年10月10日午前10時。洋風建築物の先駆けとしてのその建物はスイスシャレー様式の山小屋風建築です。地上3階、地下1階で、ホテルの内装は客船をイメージしてデザインされており、創業以来多くの人をもてなしてきた実績を持ちます。

雲仙観光ホテルでのウェディング

15535163 693400164168553 3414823815811694592 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
takayuki.odawara

さわやかな緑が生える雲仙の自然に、歴史的に価値のある建築物の造形美がピッタリ合ったこの雲仙観光ホテルは長崎でも評判のおすすめウェディングスポットです。建物の雰囲気に料理そしてスタッフのおもてなしの精神はどれをとっても問題はありません。大切な思い出が伝統ともに守られるでしょう。

雲仙観光ホテルの歴史ある温泉

雲仙温泉の起源は701年。1000年以上の歴史を誇る湯本がこのホテルのおすすめポイントです。自然湧出の源泉を使いかけ流しのお湯を利用できる温泉です。最近の改修工事により新しくなった温泉浴室はステンドグラスを使ったアールデコ調のデザインです。洋式ホテルならではの温泉の楽しみ方です。

雲仙観光ホテルが受賞したアワード

長崎県の由緒ある一流ホテルとして評判の雲仙観光ホテルですが、数多くのホテルに関する賞も受賞してきました。2014年には国別のラグジュアリーマウンテンリゾートとして、ワールドラグジュアリーホテルアワード2014を受賞しました。旅行業界のアカデミー賞ともいわれているこの賞を受賞したことにより評判はさらに上がっています。

雲仙観光ホテルの日帰りプラン

評判の雲仙観光ホテルの新しいおすすめプランが、日帰りプランです。本来は宿泊でしか利用できないような客室でくつろげることに加えてゆっくりとこの雲仙観光ホテルの空間を楽しめることで評判のプランです。プランすべてに送迎特典がついているので天候に左右されることなく利用でき安心です。

雲仙観光ホテルを予約する

雲仙観光ホテルのホームページ上で予約をすることができます。部屋の説明も十分なので予約するときの部屋選びにとても便利です。またディナーだけがついているプランや、2食ついているプランなど宿泊プランもたくさんあり、自分の旅行プラン、好みに合わせて自由に選ぶことができます。予約ページにも気遣いが表れています。

雲仙観光ホテルへのアクセス

飛行機や列車で来る方には無料シャトルバスの利用がおすすめです。長崎空港からは空港内バス乗り場の1番乗り場からシャトルバスが出ています。そこから諫早駅までバスは行きますので電車で長崎駅に来た人もこの諫早駅の西口ロータリーにあるバス乗り場から乗ることができます。

自家用車の場合は高速道路の諌山ICで降りて国道57号線に入り約1時間の距離です。カーナビを使う場合は小浜温泉と入力することがすすめられています。ホテルの名前で入力するととても狭い道に誘導されることがあるからだそうです。ホテルには30台分の駐車スペースがあるのでマイカーでの利用もおすすめです。

Thumb長崎駅周辺のランチおすすめ13選!観光に便利で長崎名物も目白押し!
長崎名物をランチで楽しむなら、長崎駅周辺がおすすめです。駅前には大衆食堂や駅直結の商業施設が...

雲仙観光ホテルが加入する日本クラシックホテルの会

伝統と格式を重んじることで評判のこの雲仙観光ホテルは、日本クラシックホテルの会に入会しています。この会に入会できるのは、日本のホテルの黎明期に創業し、その後戦前や戦後のライフスタイルを具体化したクラシックホテルのみです。

この会に名を連ねているのは、日光金谷ホテル、富士屋ホテル、万平ホテル、川奈ホテルにホテルニューグランドなどなどです。どのホテルも伝統を守り続けている、格式高く歴史のあるホテルばかりです。

日本最古の国立公園・雲仙国立公園

この雲仙観光ホテルは雲仙国立公園に訪れる外国人観光客のために建造されたホテルです。この雲仙国立公園も歴史があり、昭和9年に我が国で初めて国立公園として指定された場所です。四季の移ろいと共に色とりどりの鮮やかな表情を見せる自然の美に加え、雲仙温泉の湯けむり漂うモダンな情景もおすすめです。

Thumb雲仙温泉の旅館人気15選!日帰り湯やおすすめ観光プランも紹介!
長崎県の雲仙温泉は、日本初の国立公園・雲仙天草国立公園にあります。硫黄を含んだ乳白色の温泉が...

昭和のノスタルジックな雰囲気を守り続けるホテル・雲仙観光ホテル

雲仙観光ホテルをご紹介しました。創業時に定めたコンセプトを80年以上守り続けることは並大抵のことではありません。しかもいまだに創業当時の理念がホテルの調度品一つ一つまで、また従業員一人一人にまで行き届いているのは驚きです。このホテルに足を踏み入れた瞬間に宿泊客を過去の時代へ導きます。一生のうちで一度は宿泊してみたいホテルです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ