上海城隍廟の観光を楽しむコツ!おすすめスポット・グルメ・行き方も紹介!

中国・上海にある上海城隍廟(しゃんはいじょうこうびょう)をご紹介します。上海の著名な観光地で、レストラン、骨董の店舗や日用雑貨の市場がずらりと並んでいて、観光だけでなく食事やショッピングなど楽しみ方も色々です。そんな上海城隍廟の観光を楽しむコツが満載です。

上海城隍廟の観光を楽しむコツ!おすすめスポット・グルメ・行き方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1上海城隍廟の観光を楽しむコツ!
  2. 2上海城隍廟とは?
  3. 3上海城隍廟の観光を楽しむコツ1:上海基本情報
  4. 4上海城隍廟の観光を楽しむコツ2:おすすめスポット
  5. 5上海城隍廟の観光を楽しむコツ3:グルメ
  6. 6上海城隍廟の観光を楽しむコツ4:撮影ポイント
  7. 7上海城隍廟の観光を楽しむコツ5:行き方
  8. 8上海城隍廟の観光を楽しむコツ6:観光ツアー
  9. 9上海城隍廟の観光を楽しむコツ7:上海観光
  10. 10上海城隍廟に行こう!

上海城隍廟の観光を楽しむコツ!

当記事で取り上げる中国・上海にある上海城隍廟(シャンハイじょうこうびょう)は、上海の著名な観光地のひとつです。周辺には各種レストラン、骨董の店舗や日用雑貨の市場がずらりと並んでおり、上海城隍廟の景観だけでなくグルメやショッピングなど楽しみ方も色々です。観光客からも大人気の上海城隍廟についてご紹介します。

上海城隍廟とは?

32363063 1958899010850619 2960352628774535168 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
vicky.1217

上海城隍廟は15世紀初頭(明の永楽年間)に創建されたといわれ歴史も古く、信仰心の厚い地元の人からの支持を受け上海で最も古い商業地区として発展してきました。この廟のはじまりは金山神廟でした。金山神とは、漢の大司馬霍光のことであり、大司馬霍光が祀られていましたが、明の永楽年間に改建して城隍神の廟となりました。

城隍神とは

22070863 1149543448479036 3059911302135676928 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yuki_1203

城隍神(じょうこうしん)とは、中国の民間信仰において土地の守護神とされています。基本的には都市の守護神が城隍神と呼ばれています。城隍神にはそれぞれ階級があり、その中でもっとも高い地位にあるのが都の守護神である城隍神です。上海城隍廟とは、中国の大都市「上海」の守り神を祀っている廟(びょう)なのです。

上海城隍廟の歴史

21435473 336328340160206 4537765121547567104 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
jeffreycampbell84

上海城隍廟は全盛期は18世紀中頃(清の道光年間)で、占有面積は約3.3ヘクタールまで達したとされています。しかし1966年から1976年まで続いた文化大革命の時に、上海城隍廟は襲撃を受け神像は破壊されてしまいました。廟の建物は他の用途に流用されていましたが、1994年に修復され再び道教の重要な宮観となりました。

宗教文化のシンボル的存在

10895231 823233644425174 1883992207 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
xianbeizhou

観光名所の上海城隍廟ですが、中国の大都市「上海」の宗教文化のシンボル的存在でもあります。廟とはその囲まれたエリアの平安と安全を祈願するために建てられた施設で、中国特有の古代信仰・道教が起源となっています。上海城隍廟は霍光殿、甲子殿、財神殿、慈航殿、城隍殿、娘娘殿などがあり、総面積は約1,000平方メートルです。

上海城隍廟の観光を楽しむコツ1:上海基本情報

中国の大都市「上海」の守護神が祀られている上海城隍廟の観光を楽しむコツとして、まずは快適かつ安全に上海を旅するために知っておきたい基礎知識をご紹介します。日本の主要空港から上海への直行便があります。羽田からの直行便はLCC航空会社を含めると一日10便以上の直行便があり、フライト時間は約4時間です。

時差

ビジネスや観光で上海市を訪れる外国人は年間約600万人で、そのうち約2割が日本人です。日本と上海の時差はマイナス1時間です。一時間の差ですので、 時差ボケの心配はほぼ無いでしょう。広大な国土の中国ですが、全土が北京時間に統一されているため国内間での時差はなく、中国のどこの都市を訪れても時差はマイナス1時間です。

通貨

中国の通貨は人民幣(じんみんへい)といい、発音は「レンミンビィ」です。略号はRMBで、日本語では人民元(じんみんげん)と呼ばれています。 中国人民銀行が発行・流通している紙幣には、「圆」と単位表記されています。旧字体の圓(えん)に似ていますが、中国では「圆」と簡略化され「ユアン」と発音します。

Thumb上海の時差・気温・服装・ベストシーズンガイドまとめ!旅行前にチェック!
中国の上海へ観光旅行をする際は、その時期の気温や適切な服装が重要となります。また、日本との時...

上海城隍廟の観光を楽しむコツ2:おすすめスポット

19050242 120261491892139 4281842507303616512 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
andnnkimo

それではここから上海城隍廟のおすすめスポットをご紹介します。上海城隍廟は土地の神を祀る道教の宮観で、地元の人々から深い信仰を受けています。毎日熱心に参拝する人たちを見ることができます。独特なお祈りの仕方や豪華な装飾は必見です。斗鶏、雑技、書道などのショーも見ることがてきますので、観光客におすすめのスポットです。

霍光殿

上海城隍廟の観光を楽しむおすすめのスポットは、霍光殿(かくこうでん)です。霍光殿は画像にあるように、大きな3体のご神体が祭られています。この3体は上海三大城隍と呼ばれる霍光、秦裕伯、陳化成です。霍光は、武帝亡き後の漢の政治を取り仕切る偉大な功績を残した前漢の政治家です。

甲子殿

25011053 180612992523797 5997512677394481152 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
wolwering981

続いての上海城隍廟の観光を楽しむおすすめのスポットは、甲子殿です。甲子殿は霍光殿の奥にある建物で、通路の両側がガラス張りのショームースになっており、その名にたくさんのご神体が祭られています。自分がの生まれた年にあたるご神体をみつけて拝むのが流儀です。

関聖殿

33100104 1150187645123199 1009336427164467200 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
travelluckystar

次の上海城隍廟の観光を楽しむおすすめのスポットは、関聖殿です。関聖殿には関帝(かんてい)が奉られています。関帝とは中国後漢末期に劉備(りゅうび)に仕えた武将の関羽(かんう)のことで、神格化された関羽の敬称です。関羽を祀った関帝廟は上海城隍廟の他に、韓国、マレーシア、台湾などの各地にあります。

文昌殿

18722703 319869015109251 6740491755600216064 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
qaz_rfv

最後にご紹介する上海城隍廟の観光を楽しむおすすめのスポットは、文昌殿です。文昌殿は文昌帝を祀っています。文昌帝は中国で文章をつかさどる神とされ、学問の神様として科挙の試験を受ける人たちが深い信仰を寄せる神様です。前述でご紹介した関帝の勇ましさとはまた違ってやさしく慈悲深いお顔です。

上海城隍廟の観光を楽しむコツ3:グルメ

1960年代に始まった文化大革命では四旧(旧思想,旧文化,旧風俗,旧習慣)の破壊を目的とした闘争で、上海城隍廟も例にもれず破壊されてしまいました。その後1990年代から修復され、門前町の豫園エリアとともに上海の最も古い商業地区として発展し続けてします。小籠包、梨膏糖、五香豆などのグルメが楽しめるお店もたくさんあります。

南翔饅頭店

上海城隍廟を訪れれたらぜひ食べてもらいグルメが小籠包をはじめとした点心です。中でも有名なのが南翔饅頭店です。日本にも何店舗か出店しているため食べたことがあるかもしれません。1900年創業で100年以上の歴史あるお店の一番人気メニューは南翔小籠包です。は上海市で初めての非物質文化遺産の1つにも認定されています。

緑波廊

次に紹介する上海城隍廟のおすすめグルメは上海料理です。有名なのは上海城隍廟九曲橋近くにある緑波廊酒楼です。元アメリカ大統領も訪れた事がある名店です。中国風の古式建物で雰囲気もあり、上海主菜、上海点心、フカヒレ、蟹料理といった上海料理の王道が味わえる高級レストランです。

Thumb上海の絶品グルメ特集!現地おすすめの名物・人気レストランも厳選!
中国でもグルメの街として知られる観光名所「上海」。上海では中国全土の美味しいグルメを味わうこ...

上海城隍廟の観光を楽しむコツ4:撮影ポイント

道教寺院である上海城隍廟の歴史は長く、見る者を圧倒する雄大な建築物は国内外からとても人気がある観光スポットです。続いての上海城隍廟の観光を楽しむコツは、撮影ポイントです。おすすめの撮影ポイントは夜景です。古い雰囲気を残した上海城隍廟は、夕暮れ時から夜にかけては何とも言えないノスタルジックな雰囲気が漂います。

城隍殿

14052239 1756086571296409 1825979534 n
lalitaggarwal9

続いてのおすすめの撮影ポイントは名前にもなっている城隍殿です。中国の大都市「上海」の守り神として祀られているのは秦裕伯です。赤いお顔が特徴的です。秦裕伯は上海三大城隍の一人として霍光殿にも祀られています。盗賊の取締りなどに才能を発揮した元代の官吏として崇められています。

近代文化との融合

31702729 386152451863764 2389641003729420288 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
zenoir

おすすめの撮影ポイントは、近代文化との融合です。長い歴史のある上海城隍廟は、中国の大都市「上海」に位置しています。上海中心街からのアクセスも良く、周囲には近代建築や世界的なコーヒーチェーンやファースートフードのお店があります。歴史ある建築物の光景と近代文化が融合された風景は、非常に趣のある一枚となります。

上海城隍廟の観光を楽しむコツ5:行き方

次に上海城隍廟への行き方をご紹介します。最寄駅は地下鉄10号線「豫園」です。豫園駅からの行き方は、豫園駅3号出口を出たのち河南南路を南へ進みます。方浜中路を左折し、三牌楼路とのT字路を過ぎると左側にに入り口が見えてきます。徒歩で約15分です。開館時間は8:30~16:30で、入場は閉門30分前までです。

下町情緒の豫園エリア

中国の大都市である上海は、ファッショナブルで現代的な国際化されていますが、古い雰囲気が漂う場所も残存しています。それが上海城隍廟がある下町の豫園(よえん)エリアです。昔は城壁に囲まれていたという豫園は城下町でもあります。豫園は地下鉄10号線「豫園」と、地下鉄8号線および10号線「老西門」駅が最寄り駅です。

豫園からの行き方

豫園は上海の観光スポットのうちの一つであり、上海を訪れた観光客はほぼ立ち寄る場所です。地下鉄8号線および10号線「老西門」駅で降り、豫園エリアを歩きながら上海城隍廟へ向かう行き方がおすすめです。地下鉄8号線の終点、航天博物館からバスに乗る行き方もあります。航天博物館からタクシー利用の行き方だと10分程度です。

Thumb上海の名所「豫園」観光ガイド!行き方や入場料・おすすめグルメも調査!
「豫園」(よえん)は上海の中心地にある人気の観光名所です。上海の歴史を感じる明の時代に作られ...

上海城隍廟の観光を楽しむコツ6:観光ツアー

言葉が通じない海外旅行では旅行会社が主催するツアーを利用するのもおすすめです。空港からの送迎がついていたり、交通や食事まで確保されていることも多いため限られた旅行日程で効率よく観光名所を回ることができます。上海城隍廟は上海の名所である豫園エリアに位置するため、ほとんどの観光ツアーに組み込まれています。

上海城隍廟の観光を楽しむコツ7:上海観光

上海の2大観光名所といえば、豫園と中心部にある外灘(ばんど)です。外灘は海沿いの遊歩道で、高級ブランドショップやレストラン,超高級ホテルなどが立ち並ぶ近代的な街です。浦東地区に、632mの上海タワーや、ピンクの球体部が特徴の東方明珠電視塔などがあり、上海に来たならぜひ訪れてもらいたい観光スポットです。

上海城隍廟に行こう!

中国・上海にある上海城隍廟についてご紹介しましたが、いかがでしたか。古い歴史の重みを感じながら上海の守り神様達を参拝するだけでなく、グルメや写真撮影など楽しみ方も色々です。当記事でご紹介した上海城隍廟の観光を楽しむコツをご参考に、ぜひ上海城隍廟へ行ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
きよな

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ