台北の無料Wi-Fi『台北フリー』の使い方!現地でレンタルする方法も!

台北にある無料Wi-Fi「台北フリー」は台湾の台北のいたるところ利用できる無料Wi-Fiとなっています。困ったときに欠かせないWi-Fiですが、万が一の時にそれを知っておくと安心感があります。そこで台北のWi-Fiである「台北フリー」について紹介します。

台北の無料Wi-Fi『台北フリー』の使い方!現地でレンタルする方法も!のイメージ

目次

  1. 1台北のフリーWi-Fiは便利!
  2. 2台北フリーWi-Fiを利用するメリットは?
  3. 3台北の無料Wi-Fiは誰でも使える!
  4. 4台北フリーWi-Fiに接続する前の注意点
  5. 5台北フリーWi-Fiに接続するための方法は?
  6. 6台北無料Wi-Fiに登録する内容と方法は?
  7. 7台北フリーWi-Fiにログインしてみよう
  8. 8台北フリーWi-Fiのログイン画面の情報まとめ!
  9. 9台北フリーWi-Fiが接続可能な場所
  10. 10台北無料Wi-Fiの接続の使い勝手は?
  11. 11台北フリーWi-Fiの代わりにWi-Fiレンタルサービスもあり!
  12. 12台北でのレンタルサービスは格安でレンタルできる!
  13. 13Wi-Fiレンタルサービス「kkday」の借り方
  14. 14「kkday」は返却場所も同じ!
  15. 15台北フリーWi-Fiに登録して通信費を削減しよう!

台北のフリーWi-Fiは便利!

台北には「台北フリー」と呼ばれる台北の人だけでなく観光客が誰でも使うことが出来るお得なフリーWi-Fiが街のいたるところに設置されています。そこで今回は台北フリーWi-Fiに登録する方法、現地でログインして無料でWi-Fiを使う方法、そして無料Wi-Fiとは別に、当日に現地でWi-Fi機器をレンタルする方法について紹介します。

台北フリーWi-Fiを利用するメリットは?

台北フリーWi-Fiを利用するメリットとしましては、不要な通信費を削減できることが挙げられます。海外にて、日本で契約したスマートフォンなどの携帯を使って通信するときは、日本の回線が海外にありませんので、日本に滞在しているときとは別の方法で通信することで海外でも携帯を使用することが出来るようになっています。

しかしながら、それらの状況になると普段日本で使っている以上に通信を行う必要があります。そのため月々の支払いに加えて、海外通信費として追加の料金が徴収されることになります。その時の通信費は非常に高額になってしまうため、何も考えず海外でスマートフォンを使用してしまうと膨大な通信費がかかってしまいます。

そのことを知らずに海外で携帯を使用してしまった結果、その月の支払いが10万円を超えてしまったという事例もあります。台北のフリーWi-Fiを使用すると、そのような事態に陥らないようにすることができます。Wi-Fiは世界中にある通信方法で、Wi-Fiを経由していると、通信費は余分にかかる必要はありませんので安心です。

このような理由から、海外に行くときはWi-Fi機器のレンタルサービスを利用するか、現地にあるフリーWi-Fiに接続することが大切になってきています。しかしWi-Fi機器のレンタルサービスではもちろんレンタル料金が必要になります。台北フリーWi-Fiを使用することで、無料でWi-Fiを使用でき、通信費を削減することが出来ます。

台北の無料Wi-Fiは誰でも使える!

また、台北フリーWi-Fiは台北の人だけではなく、海外から訪れた方全員が無料で使用できるようになっています。そのため日本人観光客も無料で利用できるため、ご安心ください。しかし無料Wi-Fiをつかうためには、いくつかの手順を踏む必要がございます。それらを事前にチェックしておくと、台北で手間取ることないのでおすすめです。

Thumb台北の地下鉄の乗り方・料金・終電など!観光で使える一日乗車券なども!
台北地下鉄周辺は観光地が多く、台湾観光に利用しやすい地下鉄になっています。一日乗車券などお得...

台北フリーWi-Fiに接続する前の注意点

台北フリーWi-Fiに台北に行ったときに接続するうえでの注意点があります。台北フリーWi-Fiは先述した通り、事前に公式サイトから手順を踏んで登録していないと使うことが出来ません。それはインターネット通信を利用しますので、海外に行ったときに現地で使おうとすると、通信費が余分にかかるので国内で済ませておきましょう。

台北フリーWi-Fiに接続するための方法は?

それでは台北フリーWi-Fiに接続するための方法について説明します。まずは台北フリーWi-Fiを運営している公式サイト「Taipei Free」にアクセスします。こちらは台湾のサイトになりますが、日本人でも安心して利用できるようにすべて日本語となっているため、読めないので不安だという問題もなく、快適に登録することが出来ます。

台北無料Wi-Fiに登録する内容と方法は?

その後、トップページにある「無料アカウント登録」のボタンをクリックします。すると、国、携帯電話番号、6文字以上12文字以下でで英数字を混ぜた任意のパスワード、パスワードの再入力、メールアドレスを入力する欄が表示されますので、案内に従って入力していきます。ここで入力した情報で台北フリーWi-Fiにログインします。

ここで情報を入力するときには注意点があります。携帯電話番号を入力するときは、最初に国番号が必要になります。国番号とは携帯電話の番号の前につける国固有の数字のことで、日本の場合は「81」となっています。携帯電話番号を入力するときはこの国番号をつける前に、最初のゼロを省いて入力する必要があるため注意しましょう。

例えば、携帯電話の番号が、「090~」とはじまる場合を考えてみます。この時は最初に電話番号の最初のゼロを外して「90~」とします。そのあと日本の国番号である「81」をつけて「8190~」となります。そしてこの番号を入力欄に入力することで、日本で使用しているのと同じ電話番号を入力した扱いになります。

これらの情報を登録し終えたら、登録画面から確認できる規約内容を確認し「同意」にチェックを入れて、「次へ」ボタンを押します。そうすると、先ほど登録した電話番号に向けて、国際電話を掛ける際の台湾の国番号である「+886」から始まる電話番号からSMSが届きます。そこに書かれている情報を確認します。

「please enter validation code」という文章のあとに6桁の番号が記載されています。その6桁の番号を「次へ」を押したときに移動する登録画面にある確認コード入力欄に、入力してください。そうすると登録画面から完了画面に移動しますので、この時点で登録が完了します。これで台北フリーWi-Fiを使う準備が整いました。

台北フリーWi-Fiにログインしてみよう

ここでは登録が完了した後に、台北フリーWi-Fiにログインし接続する方法について説明します。台北フリーWi-Fiに接続可能な場所がありますので、そちらに移動します。ログインできる場所については後述します。そこに到着したらスマートフォンを開いてWi-Fiをオンにしてください。このときスマートフォンは機内モードにしましょう。

Wi-Fiをオンにすると周辺にあるWi-Fiを自動で検出してくれます。そこで、「TPR-Free」や「TPE-Free_CHT」というWi-Fiの名前が表示されるので、それらのどちらかを選択します。路線バスに乗ると、時々「TPE-Free Bus」というのも見かけますが、これも利用することが出来ます。「TPR」がついていれば基本接続できます。

「TPR-Free」や「TPE-Free_CHT」や「TPE-Free Bus」などのWi-Fiに接続したら、自動でブラウザが立ち上がりログイン画面が表示されます。自動でログイン画面に遷移しない場合は、スマートフォンに搭載されているウェブブラウザアプリを起動して、適当なサイトを開こうとすると、ログイン画面が表示されるようになっています。

台北フリーWi-Fiのログイン画面の情報まとめ!

台北フリーWi-Fiのログイン画面が表示されると、ログインに必要な情報を入力する欄が表示されます。画面の上から順番に、「請選擇您的上網身份」「請輸入您的帳號」「請輸入您上網密碼」とあり「記住我的資訊」「下回自動登入」の2つのチェックボックスがあります。それぞれの用語の意味とどうすればいいのかについて説明します。

「請選擇您的上網身份」は、オンラインIDを選択してくださいと尋ねられています。そのため台北フリーWi-Fiを意味する「Taipei Free用戸」を選択します。続いて、「請輸入您的帳號」については電話番号について尋ねられているので、登録するときに使用した81から始まる電話番号を入力する必要があります。

続いて、「請輸入您上網密碼」とありますが、こちらはパスワードを入力するようにお願いされています。そのためこちらも登録の際に設定した6文字から12文字のパスワードを入力します。ここまで入力することでログインが可能ですので、「登入」ボタンをクリックすると画面が移動してログインが完了します。

また、2つのチェックボックスである「記住我的資訊」「下回自動登入」についても説明します。「記住我的資訊」はメールアドレスとパスワードをブラウザに記憶させるときにチェックを入れ、「下回自動登入」については、回線を見つけたら自動でログインするように設定するチェックボックスです。何度かWi-Fiを使う人にはおすすめです。

台北フリーWi-Fiが接続可能な場所

台北無料Wi-Fiを使用することができる場所について説明していきます。無料Wi-Fiが使える場所は、大きく分けると「台北市政府市政ビル」「行政センター」「市立図書館」「市立連合病院」「台北MRT駅や地下街」「幹線道路」「主要な商業・公共エリア」「コンビニ」「夜市エリア」「バス」など数多くの場所で利用することが出来ます。

しかし、毎回ログインできるかどうか検討するのは手間がかかってしまいます。そんなときにおすすめの方法があります。「台北無料Wi-Fiの専用アプリ」と「台北無料Wi-Fiの公式ホームページ」です。アプリを使用する場合は「Taipei Free 臺北公眾區免費無線上網」というアプリを起動すると無料Wi-Fiを使えるスポットが表示されます。

また、同じように台北無料Wi-Fiの公式サイトから、地図で使えるスポットを確認することが出来ます。事前に台北に観光に行く前にチェックしておくと余計な手間を省けるので、おすすめです。また使える現地スポットに行くと、「Taipei」と書かれた青色の背景のWi-Fiマークのステッカーがありますので現地で確認も可能です。

台北無料Wi-Fiの接続の使い勝手は?

ここでは台北フリーWi-Fiの使い勝手について説明します。台北フリーWi-Fiは、無料で使えるお得なフリーWi-Fiですが、実際のところ使い勝手はあまりよくありません。というのも使える場所が限られているほか、接続自体も有料のWi-Fiなどに比べると断続的で回線速度も遅いように感じられます。緊急の時専用と考えるほうが妥当です。

そこで、このような台北フリーWi-Fiだけでは心配な人向けに現地でレンタルすることが出来る「Wi-Fi機器レンタルサービス」があります。通常のWi-Fi機器レンタルですと2日以上前に連絡しなければレンタルすることが出来ないのですが、現地で受け取る場合は当日借りることが出来ます。そこで現地レンタルについても紹介します。

台北フリーWi-Fiの代わりにWi-Fiレンタルサービスもあり!

22430243 119147535509787 7432354529640710144 n
minimamist_58

台北フリーWi-Fiの代わりの方法として、当日台北空港でレンタルできるポケットWi-Fiの利用もおすすめです。ポケットWi-Fiとは、機械のスイッチを入れるだけでレンタルした人だけが利用できるWi-Fiを開通してくれるサービスのことです。そこで台北空港でレンタルできる「kkday」と呼ばれるポケットWi-Fiについて紹介します。

台北でのレンタルサービスは格安でレンタルできる!

31491254 209319573184450 1605200767969394688 n
93hide.n

台北の空港でレンタルできるWi-Fi機器は、おおよそ一日あたり500円となっています。日本でレンタルすると1日で800円以上かかる場合もありますので、半分くらいの値段でレンタルすることが出来ます。国内の空港での受け取りや返却が出来ないので、少し心配かもしれませんが、スタッフが丁寧ですので安心して利用できます。

Wi-Fiレンタルサービス「kkday」の借り方

34682291 2068463723474193 2702290266118684672 n
ru2ni

「kkday」は台湾のWi-Fiレンタルサービスです。台湾台北にある桃園空港に設置されており、入国ゲートを出て右側の奥の方にあります。看板には「遊客邦」と書かれていますので、迷わずアクセスすることが出来ます。ここでは日本語での案内もありますが、日本語にも対応している公式サイトで事前に確認しておくことをおすすめします。

34392245 246177182810520 6163837579444617216 n
kj8_arashi_love

この空港の周辺には「台灣大哥大」や「中華電信」などといった大手通信会社のカウンターがありますが、こちらで契約できるものはSIMカードのみとなっていますので、格安SIMを利用したい人にはお勧めですが、Wi-Fi機器をレンタルしたい場合には、そのようなサービスは行っていたいため間違えないように注意が必要になります。

32819142 741169902939785 4269278933393866752 n
hina.cc

レンタルするときの値段は1日当たり188元となっており、長期間借りるにつれてレンタル料金がさらに割引されるシステムとなっています。またPaypalかクレジットカードのみで支払う必要があり現金では払えないので注意しましょう。また本人確認とためにパスポートとクレジットカードを見せる必要がありますので準備しておきましょう。

「kkday」は返却場所も同じ!

30604380 2029773857274423 8993190703509012480 n
63kanaruki

また、返却場所も同じで、カウンターに返却するか無人の返却ボックスに返すことで返却が完了します。もし現地でルーターが使えなくなったり問題が起きた場合の連絡先の案内もありますので、サービス内容は丁寧です。日本語を話せるスタッフもいるときがあるので、安心してレンタルすることが出来ます。

台北フリーWi-Fiに登録して通信費を削減しよう!

今回は台北フリーWi-Fiに登録して、現地でログインすることによって無料でWi-Fiを使う方法、そして当日に現地でポケットWi-Fiをレンタルする方法について解説しました。海外旅行に行くときはWi-Fiを持っていくことが必須になり欠かすことが出来ません。今回紹介した方法を参考にWi-Fiを上手く活用してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ