水原華城(韓国)観光のおすすめの回り方やアクセスを調査!国弓体験も人気!

水原華城(スウォンファソン)は、韓国の水原市にある世界遺産です。ソウルからのアクセスもよくて見どころも多く、国弓体験が人気の観光スポットです。今回は、韓国の水原華城のオススメの回り方や人気の国弓体験、アクセス方法や見どころなどをまとめて紹介します。

水原華城(韓国)観光のおすすめの回り方やアクセスを調査!国弓体験も人気!のイメージ

目次

  1. 1韓国・水原華城に遊びに行こう!
  2. 2韓国・水原華城はどんな場所?
  3. 3韓国・水原華城の営業時間は?
  4. 4韓国・水原華城の入場料金は?
  5. 5韓国・水原華城までのアクセス方法は?
  6. 6韓国・水原華城で国弓を体験しよう!
  7. 7韓国・水原華城おすすめの回り方1:歩いて回る場合
  8. 8韓国・水原華城おすすめの回り方2:華城列車を利用する場合
  9. 9韓国・水原華城の見どころその1:華城行宮(ファソンヘングン)
  10. 10韓国・水原華城の見どころその2:発達門(バルダルムン)
  11. 11韓国・水原華城の見どころその3:華虹門(ファホンムン)
  12. 12韓国・水原華城の見どころその4:孝園の鐘
  13. 13韓国・水原華城の見どころその5:フライング水原
  14. 14韓国・水原華城を観光する際の注意点
  15. 15韓国・水原華城に行ってみよう!

韓国・水原華城に遊びに行こう!

韓国の水原華城(スウォンファソン)は、ソウルからのアクセスも良く、日本とは違うお城の建築などを楽しむことが出来る世界文化遺産です。広い敷地内には見どころが沢山あり、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。今回は、水原華城(スウォンファソン)の見どころやアクセス方法、国弓体験などについてまとめて紹介します。

韓国・水原華城はどんな場所?

水原華城(スゥオンファソン)は、李氏朝鮮王朝末期に建てられました。華城業宮を中心として、全長5.7kmの城郭や門、砲台、やぐら、兵士の休憩所、訓練所などが東西南北に組み込まれている建造物です。水原華城は、水原市民の憩いの場として親しまれており、2017年には世界文化遺産に登録されました。

韓国の水原華城の中でも、中心的な建物が「華城行宮」です。最も大きな規模で美しいと言われている建造物です。この華城行宮には新豊楼と名の付いた正門があり、正門の前にある広場では、様々なイベントが開催されています。

水原華城は、韓国語が分からない人でも、見学が気軽に出来るように整備されています。春になると色とりどりの花が咲き、秋になると華城文化祭が開催されています。水原華城は一年の間、いつ遊びに行っても楽しむことが出来る人気の観光スポットです。

韓国・水原華城の営業時間は?

水原華城の観覧時間は時期により異なります。夏期(3月〜10月)の観覧時間は9時〜18時です。冬期(11月〜2月)の観覧時間は9時〜17時になります。華城行宮の観覧時間は時期により異なります。夏期(3月〜10月)の観覧時間は9時〜18時です。冬期(11月〜2月)の観覧時間は9時〜17時です。水原華城は年中無休です。

韓国・水原華城の入場料金は?

水原華城を観光する場合は、観覧料金が必要です。一般料金は大人1000ウォン・中高生700ウォン・小学生500ウォンです。20名以上の団体料金は大人700ウォン・中高生500ウォン・小学生300ウォンです。小学生以下は無料です。

水原華城の華城行宮を観覧するには、観覧料金が必要です。一般の場合大人1500ウォン・中高生1000ウォン・小学生700ウォンです。20名以上の団体の場合は大人1200ウォン・中高生800ウォン・小学生500ウォンになります。小学生以下は無料です。

統合チケットの料金は?

水原華城では、水原華城・華城行宮・水原博物館・水原華城博物館の観覧料金がセットになった「統合チケット」を販売しています。料金は、一般が大人3500ウォン、中高生が2000ウォン・小学生が800ウォンです。20名以上の団体は大人2000ウォン、中高生1200ウォン、小学生600ウォンです。月曜日は統合チケットの販売はありません。

韓国・水原華城までのアクセス方法は?

韓国ソウル市内から水原華城へアクセスする場合、地下鉄・バス・鉄道を利用して水原華城に行くことが出来ます。水原華城をゆっくりと観光したい場合には、料金は少し高めですが鉄道の利用がおすすめです。ここからは、ソウル市内から地下鉄・バス・鉄道を利用したアクセス方法をまとめて紹介します。

地下鉄のアクセス

韓国ソウル市内から水原華城まで地下鉄とバスを利用したアクセス方法は、地下鉄1号線の天安(チョナン)方面に乗り水原(スウォン)駅へと向かいます。所要時間は約1時間です。水原駅前からはバスを利用したアクセス方法は、水原駅前のバス停から発達門(バルタルムン)行きのバスに乗ります。所要時間約10分で到着します。

鉄道のアクセス

韓国ソウル市内から水原華城までは、鉄道を利用したアクセス方法があります。ソウル駅から「セマウル号」または「ムグンファ号」を利用すると所要時間約30分で水原駅までアクセスすることが出来ます。水原華城で観光する時間を有効に利用したい場合は、鉄道の利用をおすすめします。本数が多いので予約しなくても乗車することが出来ます。

バスのアクセス

水原華城までバスを利用してアクセスする場合は、江南駅の5番・6番出口より運行しているレッドバスを利用します。水原華城まではレッドバス3000系統に乗ると最寄りの水原駅へと行くことが出来ます。バスを利用する場合の所要時間は約1時間、料金は2100ウォンです。所要時間は、道路の混雑状況により異なるので注意が必要です。

Thumbソウルの地下鉄は観光に便利!乗車カードの料金や乗り方を徹底調査!
ソウルの観光には地下鉄の利用がとても便利です。さらに交通カードを利用すれば割引料金で乗車する...
Thumbソウル駅から仁川空港は空港鉄道「A’REX」が便利!乗り方や料金を調査!
ソウル駅から仁川空港へはとても便利な空港鉄道が通っています。空港鉄道を利用すれば、ソウル駅か...

韓国・水原華城で国弓を体験しよう!

11428138 1623846724494440 351053904 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
delilook

水原華城の東北部には「練武台」があります。「練武台」は、210年以上前に兵士たちが武芸を訓練する場所として使われていました。なだらかな丘の上には一面に芝生が広がり、国弓体験をすることが出来ます。一般の人でも、会員の登録をすると国弓体験が出来ます。また華城祭では国弓の実演を見ることが出来ます。

18950026 1454925277924685 4887826641461444608 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
lpchir

水原華城の国弓が体験出来る時間は、時期により異なります。3月〜10月は9時30分〜17時30分、11月〜2月は9時30分〜16時30分です。年中無休です。料金は、1回10発で2000ウォンになります。国弓体験を追加する場合は10発で2000ウォンが必要です。国弓体験は30分間隔で行われています。国弓は小学生以上から体験することが出来ます。

韓国・水原華城おすすめの回り方1:歩いて回る場合

水原華城の観光をする場合、発達門から時計回りに進む回り方があります。ただしこの回り方は、勾配がキツイ坂を登ったり、多くの階段を上る必要もあるので、上りが苦手な人にはあまりおすすめは出来ません。

水原華城を観光する場合、おすすめの回り方のひとつに、北の長安門から西に反時計回りに進む回り方があります。登りはありますが、穏やかな登りなので、比較的楽に進むことが出来ます。ゆっくりと歩いても3時間ほどで観光することが出来ます。

水原華城の観光をする場合、もうひとつのおすすめの回り方は、発達門(南門)から反時計回りに進む回り方です。回り方として発達門〜栄洞市場へと進み、練武台で国弓体験をします。華虹門、訪花随柳亭へと進みます。

水原華城観光をする場合、おすすめの回り方として、訪花随柳亭へと進んだ後は、長安門、華西門へと進み、最後に華城行宮へと向かいます。この回り方でゆっくりと歩いて4時間ほどのコースになります。回り方や歩く速度により所要時間は変わります。

旗の色を目印に歩こう!

水原華城には、城郭に沿って色とりどりの旗がたてられいます。東西南北により色が異なり、東は青、西は白、南は赤、北は青の旗がたてられていて、この色が方角を示しています。また四大門周辺の旗は、炎をイメージした縁取りがされています。歩いて水原華城を回る時には、ぜひ旗の色を目印に歩いてみてください。

韓国・水原華城おすすめの回り方2:華城列車を利用する場合

水原華城を観光する場合、華城列車を利用した回り方があります。華城列車は、発達山から東将台・練武台までを往復する観光列車です。華城列車は前方が龍の頭になっています。客車は王が乗った興をイメージして作られたと言われています。乗降は発達山と東将台・練武台の2箇所にあります。営業は10時〜16時30分で雨や雪の日は休業です。

12106011 1724756707744213 1481147055 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yamaachie

水原華城の華城列車を利用する場合、一般は大人は4000ウォン、中高生は2500ウォン、小学生は1500ウォンです。20名以上の団体で利用する場合は、大人3200ウォン、中高生は2000ウォン、小学生は1200ウォンです。座席の必要がない満3歳以下は無料です。華城列車のチケットは、華城行宮・練武台の2箇所で販売しています。

華城列車の循環コース

10249348 224278924433082 1688917367 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
tomotomo36

水原華城の華城列車には循環コースがあります。発達山を出発して、正祖大王造形物ー西北角楼の下ー華西門へと進み西北空心墩ー北西砲楼ー長安門ー北東敵台ー北東砲楼ー水原川ー華虹門ー訪花随柳亭ー北暗門ー東暗門へと進み、最後に東将台・練武台に到着します。華虹門、長安公園では途中下車が可能です。

韓国・水原華城の見どころその1:華城行宮(ファソンヘングン)

水原華城の見どころのひとつに、中心に位置する王の別邸「華城行宮(ファソンへグン)」があります。韓国の行宮の中でも規模が最も大きく美しいと言われている「華城業宮(ファソンヘグン)」は、1789年に菅衛として使われていた建物を拡大して行宮として完成させたものです。

水原華城の見どころのひとつである華城行宮は、正祖が父親の墓参り後に立ち寄り休んだり、母親の宴を行なった場所としても使われました。この華城行宮は、韓国の人気ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のほか、映画や時代劇のロケ地としても使われていることから、韓流ドラマのファンが多く訪れる場所として知られています。

韓国・水原華城の見どころその2:発達門(バルダルムン)

水原華城の南側に位置する「発達門」は、別名「南門(ナンムン)」と呼ばれていて国宝402号に指定されています。発達門はソウルの南大門より大きい規模で、復元工事も終わり綺麗な姿を見ることが出来ます。

発達門をくぐると目の前には急な階段が見えて来ます。階段の左側には水原華城の城壁があり、春になると階段の右側には、韓国を代表するレンギョウや朝鮮ツツジなどの花が一斉に花を咲かせ、とても美しい景色を楽しむことが出来ます。

発達門でバスを降りると、水原城の観光案内所が近くにあります。この観光所では、地図やパンフレットなどを無料で配布してい流ので、もらっておくと良いでしょう。また観光案内所では、日本語が話せるスタッフもいます。お願いをすると日本語で観光案内をしてくれるのでお願いしてみても良いでしょう。

韓国・水原華城の見どころその3:華虹門(ファホンムン)

水原華城の「華虹門(ファホンムン)」は、水原華城唯一の水門です。アーチ型の門が7つあり、石橋の上に楼閣が建てられていて、川の氾濫や敵の侵入を防ぐ役割をしていました。水門から流れ出る水しぶきが虹のように見えることから名前が付けられた「華虹門」は、写真撮影をするのにおすすめの場所です。

韓国・水原華城の見どころその4:孝園の鐘

水原華城の見どころには、発達山の頂上にある「孝園の鐘」があります。孝園の鐘は、高さ3.54m、口径2.15m、総重量が約12.5トンにもなる大型の鐘です。これまで主な行事があるたびに鳴らされて来ました。鐘の全面には、イチョウの木やツツジなどの他に、水原華城の主な文化財の彫刻を見ることが出来ます。

水原華城の「孝園の鐘」は、打鐘の体験をすることが出来ます。打鐘する際に「祈願の言葉」言いながら鐘を打つと願いが叶うと言われています。水原華城に観光した際には、絶対にはずすことが出来ないおすすめのスポットです。

水原華城のおすすめの見どころ「孝園の鐘」は、1回に付き3回、鐘を打つことが出来ます。1打目は両親の健康を祈願、2打目は家族の健康を祈願、そして3打目は自分自身の発展を祈願するという意味があります。体験料金は1〜2名が1000ウォン、3〜4人が2000ウォンです。体験時間は3月〜10月が9時〜18時、11月〜2月が9時〜17時です。

韓国・水原華城の見どころその5:フライング水原

34983237 179940426032011 6213443004309438464 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
m.irus

水原華城では、ヘリウム気球の「フライング水原」に乗って水原華城を空から一望出来るイベントを開催しています。フライング水原は、70m〜150mまで上がり空から水原華城の景色を楽しむことが出来る人気のイベントです。

フライング水原で上昇すると、水原華城や華城行宮だけではなく、水原市を約15分間空から眺めることが出来ます。運営時間は9時30分〜21時で年中無休です。フライング水原の体験料金は、大人18000ウォン・中高生17000ウォン・小学生15000ウォンです。

33457252 213983152540161 4149301345557413888 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
ken_cascade

フライング水原は、夜21時まで営業しているので、季節や時間帯によっては、ライトアップを楽しむことも出来ます。もちろん夜景も楽しめます。団体は予約が必要になりますが、個人で楽しむ場合には予約が必要ありません。昼とは違う夜の景色も楽しめるのがフライング水原の醍醐味です。ぜひ空から水原華城の景色を楽しんでみてはいかがですか?

韓国・水原華城を観光する際の注意点

水原華城を観光する場合、歩く速度にもよりますが1周すると2時間30分〜4時間ほど時間が掛かる場合があります。韓国旅行をする際に水原華城を予定に入れて計画した時には、動きやすい服装と歩きやすい靴(スニーカー)などを準備しておくことをおすすめします。無理のないように事前の準備も必要です。

水原華城は、あまり一周する人は多くなく、一般的には発達門から長安門、長安門から蒼龍門の区間を観光します。場所によっては勾配がキツイ場所もあるので、無理をせずに観光するようにして下さい。発達門や長安門周辺には飲食店やカフェもあるので、途中で立ち寄ってみるのもおすすめです。

韓国・水原華城に行ってみよう!

水原華城の見どころやアクセス方法などについてご紹介しました。韓流の歴史にあまり興味のない人でも楽しむことが出来るのが水原華城の魅力でもあります。ソウルからも行きやすく沢山の観光客が訪れる水原華城は、国弓だけではなく気球に乗って空中散歩を楽しむことも出来ます。ソウル旅行に行く際には、水原華城にも遊びに行ってみてください。

関連記事

  • 水原華城(韓国)観光のおすすめの回り方やアクセスを調査!国弓体験も人気!

    櫻井まりも

Original
この記事のライター
櫻井まりも