静岡の日本酒おすすめランキング!人気の美味しい地酒を飲み干そう!

静岡に美味しい日本酒があるのはご存知ですか。意外かもしれませんが、静岡では富士山や南アルプスから流れ込む名水を利用してフルーティな味や、ひきしまった辛口など、バラエティーに富んだ地酒が醸造されています。ぜひ、人気の日本酒を楽しんでみてください。

静岡の日本酒おすすめランキング!人気の美味しい地酒を飲み干そう!のイメージ

目次

  1. 1静岡の人気おすすめ美味しい日本酒ランキング
  2. 2静岡の日本酒おすすめランキング第16位:花の舞(はなのまい)
  3. 3静岡の日本酒おすすめランキング第15位:高砂(たかさご)
  4. 4静岡の日本酒おすすめランキング第14位:萩錦(はぎにしき)
  5. 5静岡の日本酒おすすめランキング第13位:金明(きんめい)
  6. 6静岡の日本酒おすすめランキング第12位:杉錦(すぎにしき)
  7. 7静岡の日本酒おすすめランキング第11位:おんな泣かせ
  8. 8静岡の日本酒おすすめランキング第10位:初亀(はつかめ)
  9. 9静岡の日本酒おすすめランキング第9位:白隠正宗(はくいんまさむね)
  10. 10静岡の日本酒おすすめランキング第8位:鬼乙女(おにおとめ)
  11. 11静岡の日本酒おすすめランキング第7位:喜久酔(きくよい)
  12. 12静岡の日本酒おすすめランキング第6位:正雪(しょうせつ)
  13. 13静岡の日本酒おすすめランキング第5位:英君(えいくん)
  14. 14静岡の日本酒おすすめランキング第4位:志太泉(しだいずみ)
  15. 15静岡の日本酒おすすめランキング第3位:臥龍梅(がりゅうばい)
  16. 16静岡の日本酒おすすめランキング第2位:磯自慢(いそじまん)
  17. 17静岡の日本酒おすすめランキング第1位:開運(かいうん)
  18. 18静岡の日本酒はぜひ味わってほしい

静岡の人気おすすめ美味しい日本酒ランキング

12424893 540570926105442 2147368794 n
masaaki.ko

静岡に美味しい日本酒があります。2008年北海道洞爺湖サミットで、初日の首相主催の夕食会で乾杯に静岡の日本酒「磯自慢 中取り純米大吟醸35」が使われました。生産量では兵庫県や京都府が多く、静岡の日本酒は地味かもしれませんが、美味しさでは負けていません。順にご紹介していきます。

Thumb青森日本酒ランキングBEST11!おすすめの地酒や人気の銘柄を紹介!
清らかな水とおいしいお米作りが有名な青森。豊かな自然に囲まれた青森は、日本酒造りにぴったりな...

静岡の日本酒おすすめランキング第16位:花の舞(はなのまい)

25035958 662928554097596 769347570358026240 n
mkmkcat313

辛口淡麗、フルーツ系の味わいがあり、後味スッキリのキレのある美味しさです。苦みはあまりなくて爽やかな味が楽しめます。純米吟醸酒で原料米は静岡産山田錦を使用、口あたりが優しく飲みやすい微発泡酒です。製造メーカーの花の舞酒造は創業150年を超える浜松の老舗酒造メーカーで、蔵見学が無料で出来ます。日本酒好きの方はどうぞ。

静岡の日本酒おすすめランキング第15位:高砂(たかさご)

富士山からの伏流水を仕込み水に使っているだけあって、口あたりは、とてもまろやかで美味しいです。「山廃仕込み」という杜氏(とうじ)の高い技量にたよった難しい技法によって作られました。静岡県で山廃仕込みで酒造りをしているのは、こちらの富士高砂酒造のみです。こだわりの地酒、ふんわりとした甘さがあり、ヨーグルト感を楽しめます。

静岡の日本酒おすすめランキング第14位:萩錦(はぎにしき)

22858070 1446701315443778 4060836426692952064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
haginishiki

抜群の水質の良さで知られる安倍川水系の湧き水を、仕込み水として使用して作られました。生酒(一度も火入れされていないタイプの酒)で、味はマイルドな甘口です。原料米には「日本晴(にっぽんばれ)」という銘柄が使われていて、このお米はすっきりとした甘さが人気のブランドです。

24253869 252090061990008 927234004132823040 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
haginishiki

日本酒の醸造は、簡単に言うと、原料の米、米麹、水をアルコール発酵させたものです。しかし、そこには世界でも類を見ない複雑な工程があります。麹を使って米のデンプンを糖分に変える糖化やアルコール発酵などは、現代風に言うと微生物によるバイオテクノロジーです。長年の経験と勘によって蔵人たちは繊細かつ絶妙な味を作り出してきました。

22794187 1394451970677426 5522521777294540800 n
haginishiki

萩錦の製造会社の萩錦酒造株式会社の庭には、仕込み水として安倍川からの地下水がパイプでくみ上げられています。軟水だけあって、まろやかな食感があり、それが萩錦のマイルドな味わいにつながっています。創業1876年(明治9)と100年以上の歴史を持ち、辛口でキリッとした味わいの新商品を模索するなど開発にも積極的に取り組んでいます。

静岡の日本酒おすすめランキング第13位:金明(きんめい)

21909454 805172092987330 7827501652700561408 n
hisako.3110

「金明」というネーミングは、富士山頂の火口、北壁の湧き水で霊水と言われる「金明水」から付けられました。仕込み水はもちろん富士山の伏流水を使っています。御殿場に位置する醸造会社(蔵元)の根上酒造店は、創業1892年(明治25)。純米を使ったこだわりの美味しさで、料理を食べながら美味しく飲める、米の旨さ、キレのよさを感じる逸品。

Thumb北海道の日本酒はお土産にも人気でおすすめ!限定の地酒もあり!
北海道はさまざなグルメを堪能できますし、多くの観光スポットがあります。北海道の日本酒はお土産...

静岡の日本酒おすすめランキング第12位:杉錦(すぎにしき)

26184072 380046675779995 6682814128681123840 n
kenjidohi

「杉錦」の蔵元、杉井酒造は定番商品として「杉錦 菩提もと純米」「杉錦 純米大吟醸」「杉錦 生酛純米吟醸」「杉錦 玉栄(たまさかえ)山廃純米酒」など杉錦シリーズ12品目を醸造しています。いずれも1842年(天保13)創業の同社が、熟練の技と歴史で丁寧に美味しさを追及した日本酒です。

11934668 837779166300000 671048359 n
wh1tebear123

杉錦は熱燗にしてゆっくりと味わいたい、といった口コミが多く寄せられています。酸味のバランスが程よくきいて、サラッとした印象があるが、まろやかで角がとれた、じわじわと美味しさが感じられる日本酒です。静岡おでんに合いそうという評判も高いのですが、モツ煮込みなどとも相性が良さそうな美味しい日本酒です。

22344516 1150645078398942 1621075211908546560 n
k_asuri

美味しい日本酒を作るためには、美味しい水、米、麹、杜氏の技量、酒造の環境など、いろいろ大切なことがあります。「杉錦」の蔵元、杉井酒造の日本酒造りは、そのすべてに情熱を注ぎ、歴史をかけて築いてきた技量で丁寧に作り上げられます。例えば、洗米には機械だけではなく手作業で糠(ヌカ)のとれ具合など微妙な調整をしています。

静岡の日本酒おすすめランキング第11位:おんな泣かせ

23596072 386635605099697 73088149965766656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chiesukeigo

大村屋酒造の元々の人気の一品は辛口の「若竹鬼ころし」でした。これに対して辛口の日本酒は女性にはあまり好まれなかったこともあり、甘口の日本酒も作って欲しいという希望が寄せられました。そこで美味しすぎて女性も泣かせる、という意味から「おんな泣かせ」(純米大吟醸)は作られました。飲みやすいので日本酒が苦手な方も試しにどうぞ。

「おんな泣かせ」の蔵元の大村屋酒造は、最初は静岡県焼津市のお醤油の醸造屋さんでした。その後、油屋に分家して繁盛し酒造業へ。静岡県島田市で創業1832年(天保3)に酒造として創業しました。質の良い軟水である南アルプスから流れ込む大井川の伏流水を使っています。五感で造るをモットーにした飲みやすい日本酒です。

静岡の日本酒おすすめランキング第10位:初亀(はつかめ)

26156253 144375172934033 4232918268546908160 n
1118tsnr

「初亀」の蔵元の初亀醸造株式会社は静岡県藤枝市にあります。かつて伏見(京都)、灘(兵庫)などのお酒に人気が集中し、静岡は気候が温暖なこともあり冷却作業が必要な酒造には向いていないという意見が多かったのですが、初亀醸造は昭和40~50年代に高品質の酒を造ることで躍進し、1986年(昭和61年)に金賞を鑑評会で受賞しました。

25024008 313680869145737 2960337291446321152 n
makotom27

特別純米酒「初亀」は、すっきり上品な辛口、米の旨味も強くオーソドックスな美味しさで、どんなお料理にも合う味です。熱燗がおすすめですが冷も美味しく飲めます。原料米も静岡産の譽富士などを使用して、静岡酵母を使い、蔵元の地酒作りへの情熱を感じます。酒は育てるものという蔵元の地酒作りへの丁寧なこだわりが嬉しい逸品です。

Thumb札幌の酒屋特集!日本酒やウイスキー・ワインなどおすすめのお店は?
北海道札幌市でおすすめの酒屋を特集します。札幌には日本酒やウイスキー・ワインなどを専門に扱っ...

静岡の日本酒おすすめランキング第9位:白隠正宗(はくいんまさむね)

「白隠正宗」は、「この地でしか作れない地酒」を目指す沼津の高嶋酒造が蔵元です。常温で、生酒のまろやかな美味しさを堪能する飲み方も白隠正宗の楽しみ方でしょう。燗にすると後味が強めになるようです。日本酒の作り方は複雑ですが、白隠正宗は生酛造り(きもとつくり)という昔ながらの自然の活力を大切に取り込んだ製法です。

25038860 468670026860679 7177200714542743552 n
yamachan175t

「白隠正宗」は山岡鉄舟が高嶋酒造に来た時に江戸の僧侶の白隠にちなんで命名。元々日本酒の「清酒」(せいしゅ)と仏教の「臨在正宗」(りんざいせいしゅう)の音が似ているため、日本酒に「正宗」が付けられたようです(「菊正宗」など)。いつの間にか「正宗 」(せいしゅう)から「まさむね」と呼ばれるようになりました。つまりダジャレです。

静岡の日本酒おすすめランキング第8位:鬼乙女(おにおとめ)

23279391 923024817848654 4904822793419358208 n
guinpuumyonh

「鬼乙女」はラベルもとっても可愛い、静岡産の酵母と静岡産の米(譽富士)を使って作られた人気の日本酒です。お米の旨味がしっかり感じられる上品な味わいです。「鬼乙女 涙」「鬼乙女 夢」「鬼乙女 恋」「鬼乙女 幸」などシリーズを飲み比べるのも楽しいかもしれません。「おんな泣かせ」と同じ大村屋酒造が蔵元です。

17075944 1245383675509961 9011721966972829696 n
emimaru0616

「鬼乙女」は、辛口、純米の強い旨味、メロンやバナナのようなフルーティーな味わいを持った、見た目は淡い金色をした人気の地酒です。居酒屋などで味の濃い料理ともよく合い、食事とともに飲んでも美味しいタイプで、辛口好みの地酒ファンの方にエレガントな味を提供いたします。

静岡の日本酒おすすめランキング第7位:喜久酔(きくよい)

25023523 544434812588968 8815630188487376896 n
ichi4themichi

「喜久酔」の蔵元は、静岡県藤枝市の青島酒造(創業1868年/明治元年)です。口に入れると、最初はバナナのようなフルーティな味わい、後味はスッキリ、キレが良いという、軽い口当たりから変化していく、この味が人気の秘密かもしれません。バランスのとれた味にコスパも抜群と好評の柔らかい味を、ぜひお楽しみください。

静岡の日本酒おすすめランキング第6位:正雪(しょうせつ)

25039510 1987101314848039 36943131131772928 n
gooti._.yann

「正雪」の蔵元、神沢川(かんざわがわ)酒造場は、富士山を背景に駿河湾を臨む、静岡県由比町にあります。江戸初期の兵学者、由比正雪の生家がこの町にあることから「正雪」と名付けられました。静岡の酒は辛口系が多いと言われますが、「正雪」も辛口、飲み飽きない美味しさがあります。1912年(大正元年)創業の酒造場で丁寧に作られました。

26068839 304474443292063 4236961168507273216 n
shin1_ogawa

キッパリとした辛口が人気の「正雪」です。冷で飲むとスッキリとしたキレのある後味で美味しく、常温では穏やかな味わいを楽しめます。由比の町で作られたこともあるのでしょうが、海の幸と一緒にいただくと相性抜群との口コミがありました。涼やかな味わいで、「正雪」は静岡らしい地酒の味を楽しみたい方におすすめの逸品です。

Thumb静岡・由比で桜えびを食べつくす!名物のかき揚げなど絶品料理の店まとめ!
静岡・由比地方で桜えび料理が美味しいと評判のお店をご紹介します。静岡・由比地方は駿河湾の中で...

静岡の日本酒おすすめランキング第5位:英君(えいくん)

20589915 853228038185948 202670865224040448 n
mogkun

スッキリとした甘さがあり、暑い夏に冷やしてキュンと一杯飲むのもいいかもしれません。バナナのようなふんわりとまろやかな香りも楽しめます。コクはあるがサラッとした感じもあり、バランスのとれた感じがあり、平成27年に静岡の鑑評会で金賞受賞と評価が高いのも納得の人気の酒です。

蔵元の英君酒造株式会社は創業1881年(明治41)、初代が「桜野沢」という美味しい軟水の湧き水を見つけて酒造を始めました。今も英君は桜野沢湧き水を使っています。名前は、創業年に日英修好通商条約が締結されたから「英」を付けたとか、静岡で晩年を暮らした徳川慶喜に由来したとか、いずれにしても、上品で、どんな料理にも合う味です。

静岡の日本酒おすすめランキング第4位:志太泉(しだいずみ)

21224363 328757910905482 3985902690625388544 n
pureyama3

静岡県藤枝市(昔、志太群と呼ばれていました)にある地酒蔵、志太泉酒造が蔵元です。どんな料理にも合いますが焼き鳥と相性がいいとの口コミもある、発泡酒で、甘さは控えめ、軽快な感じ、燗にすると辛口が増すスッキリとした人気の逸品。お米の旨味もあり、静岡県産の酵母で大切に作った、美味しさおすすめの静岡の銘酒です。

11848908 509849959172691 1509894285 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mym8823spz

「志太泉」にはレトロな雰囲気のボトルラベルもあります。それもそのはず、生もと造りという戦前からあった酒造りの方法で、このお酒は造られているのだそうです。強烈なインパクトではなくて、上品で飲みやすいといった感じがあり、透明感のある味わいです。瀬戸川伏流水や静岡酵母を使った、清流の印象がある静岡らしい日本酒です。

静岡の日本酒おすすめランキング第3位:臥龍梅(がりゅうばい)

25038983 762073763990726 6592518900913537024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
akilotta

辛口だが酸味が楽しめる、まろやかで重厚な味わいです。静岡市清水の三和酒造が蔵元で県民から愛される酒造りがモットー。鑑評会での受賞歴も多く、地酒にかける意気込みが感じられます。日本酒ファンから支持される深い味わいで、三和酒造は「臥龍梅を楽しむ会」や「静岡市交流会in東京」などで全国へのアピールも熱心に行っています。

24177807 1864766356885596 5461766110523162624 n
yasuyoshi0530

「臥龍」とは「まだ天に昇れない龍」という意味の中国の故事にちなんだものです。徳川家康が幼少期に人質として静岡の清見寺に暮らしていたとき、一枝の梅を寺の庭に接ぎ木しました。家康はやがて天に上る龍のように出世したことからこの梅は「臥龍梅」と呼ばれました。天下の美酒を願って作られ名前どおり、人気の銘酒となりました。

静岡の日本酒おすすめランキング第2位:磯自慢(いそじまん)

26066927 559064707778703 3260960297514434560 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
lazy_joancat

伝統の酵母(静岡酵母)、南アルプスの名水、厳選した酒米を使って老舗酒造が複雑な工程を経て心を込めて作りました。味はマスクメロン、白桃、完熟バナナといったマイルドな香りと、酸味は少ないながらも奥深い味わいがありイタリアンやフレンチとも相性抜群、もちろん日本料理にも合う、人気商品に仕上げられています。

26065586 1743994852298863 7298585475399286784 n
piconi3

静岡県焼津市にある磯自慢の蔵元、磯自慢酒造は創業1830年(天保元年)と老舗酒造で、早くから吟醸造りに力を入れてきました。すべての工程を丁寧に大切にし、「一滴入魂」がポリシーだけあって、国内外で高い評価を得てきました。老舗の技量に加えて、ワインなどにも通じるオシャレなボトルラベルのデザインも、幅広い人気の一因でしょう。

Thumb静岡市清水区でランチ!おしゃれなカフェや海鮮のおすすめ店で堪能!
静岡の清水はお茶どころとして有名ですが、ご飯どころも充実しています。新鮮な海鮮を楽しめるお店...

静岡の日本酒おすすめランキング第1位:開運(かいうん)

名前もラッキーな感じがあり、ラベルにも富士山がデザインされています。蔵元の土井酒造場は、新酒鑑評会で7年連続金賞受賞など、全国から支持され、人気、味とも定評のある酒造りで知られています。静岡からおすすめの日本酒として、最初はスッキリ、やや辛口、抜群の旨味、後味もすっきりとしたキレがある「開運」をぜひご賞味ください。

13732105 649872725176649 1608746983 n
chi_ga_ma

杜氏の神様ともたとえられる能登杜氏四天王のひとりである、波瀬杜氏による最高峰のお酒と言われています。波瀬氏亡き後も、その伝統の味はしっかりと受け継がれています。甘さのなかに辛さもある、深い感服の味、スッーと溶けるような吟醸感、とにかく美味しい日本酒です。ぜひ本物の魅力を堪能していただきたいです。

静岡の日本酒はぜひ味わってほしい

23735419 1381426365313160 3955455680348946432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
haji_moto

静岡は温暖な気候に恵まれ、その豊かな湧き水や名水を利用して古くから美味しい地酒が作られてきました。昔から宿場町として人の流通によって栄えた地理的条件もあり、伝統と新しい文化が融合し、美味しい地酒が現在も作られています。100年以上の歴史ある製法から作られた静岡の地酒ファンが、これからもどんどん増えていくでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hitomi Kato

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ