和歌山弁はかわいい方言?特徴や使い方の例文・あるあるまで紹介!

和歌山弁は和歌山県で話されている方言です。関西弁としてひとくくりにされてしまうこともありますが、実は大阪弁などとは少し違う独特のかわいい方言なのです。そんな和歌山弁のかわいい言い回しや語尾、特徴などを例文や和歌山弁あるあるも交えてご紹介します。

和歌山弁はかわいい方言?特徴や使い方の例文・あるあるまで紹介!のイメージ

目次

  1. 1和歌山県の方言「和歌山弁」はかわいい方言!
  2. 2和歌山弁にはどんな特徴がある?
  3. 3和歌山弁のかわいい方言1:語尾が「よー」
  4. 4和歌山弁のかわいい方言2:やん
  5. 5和歌山弁のかわいい方言3:ちゃあ/ちゃーる
  6. 6和歌山弁のかわいい方言4:にえる
  7. 7和歌山弁のかわいい方言5:「〜しかいい」
  8. 8和歌山弁のかわいい方言6:わい/あが
  9. 9和歌山弁のかわいい方言7:語尾が「〜ら」
  10. 10和歌山弁のかわいい方言8:語尾が「〜やいしょ」「〜やしょ」
  11. 11和歌山弁のかわいい方言9:「今日はは」
  12. 12和歌山弁のかわいい方言10:かえらし
  13. 13和歌山弁のかわいい方言11:いぬ
  14. 14和歌山弁のかわいい方言番外編1:接続語の方言
  15. 15和歌山弁のかわいい方言番外編2:名詞の方言
  16. 16かわいい和歌山弁を聞きに和歌山へ行ってみよう!

和歌山県の方言「和歌山弁」はかわいい方言!

みかんや梅、猫のたま駅長で有名な和歌山県ですが、和歌山県には大阪弁などの関西弁とは少しちがう和歌山弁という方言があります。あまりきつくなく独特でかわいい和歌山弁の語尾などの特徴や、和歌山弁あるあるを一挙ご紹介するので、ぜひ和歌山観光前にチェックしておきましょう。

和歌山弁にはどんな特徴がある?

和歌山弁は紀州弁とも言われ、紀州の国つまり和歌山県と三重県の南部で話されている方言です。和歌山は山が多くて交通の便がよくなく、昔日本の東西を結んでいた交通路からも少し離れた地域にあるので、和歌山弁には近畿地方の方言の中でも古い言葉やイントネーションが比較的残っています。

和歌山弁の中でも、紀北地方、紀中地方、紀南地方によって方言が少し異なり、特に紀中や紀南では少し変わった方言が今でも話されています。そんな和歌山弁のおおまかな特徴をご紹介します。

長音を短音化して発音する

和歌山弁だけでなく大阪弁や京都弁などの関西弁全般に言える特徴ですが、長音を短音化して発音します。「違(ちご)うた」を「ちごた」と発音したり、「思うた」を「おもた」と発音するなどです。例文としては「こっちの道やと思うたけど、違うたみたいやわ」を「こっちの道やとおもたけど、ちごたみたいやわ」と言います。

子音の脱落がみられる

和歌山弁の特徴として、s、r、wなどの子音を発音せず、母音のみで話す場合があります。例えば「話したる」を「話いたる」、「ばっかり」を「ばっかい」、「綿」を「あた」と発音するなどです。子音を発音しないことで、少し古風な表現となる特徴が見られます。

ザ行とダ行がごちゃまぜ

和歌山弁ではザ行とダ行を混同して発音するという変わった特徴があります。特にザ行を発音することができない人が多く、代わりにダ行になって発音されているのです。例えば「ぞうきん」を「どうきん」、「ざぶとん」を「だぶとん」、「ぞうすい」を「どうすい」と発音するなどです。

ダ行をザ行の混同は全国的にもよく知られているので、テレビなどでもたまにネタにされる和歌山弁あるあるです。

方言での敬語がほとんどない

全国各地の方言の中でも、方言で敬語を話すことができるものがほとんどなのですが、和歌山弁はめずらしく方言での敬語がほとんどありません。歴史的背景として上下関係の少ない平等な社会が根付いていたことから来たものとされていますが、現在では大阪弁や京都弁にある「〜はる」を敬語として使う人も多いようです。

Thumb和歌山の観光スポット特集!白浜などモデルコースや穴場情報も満載!
和歌山は海も山も楽しめる人気観光地です。和歌山の白浜は景勝地として知られていて、周辺には温泉...

和歌山弁のかわいい方言1:語尾が「よー」

14052739 1637770586513011 1964743175 n
cocokumiko1119

和歌山弁では語尾に「よ/よー」がつくことがよくあります。文と文のつなぎ目に「よ/よー」を使うこともあれば、標準語の「です」「だよ」を表す語尾として使う場合もあります。

前者の例文としては、「昨日、寝坊したわ」を「昨日よー、寝坊しとら」となります。また後者の例文としては、「今日の天気は晴れです」を「今日の天気晴れよらよ」と言います。

他にも「ごめんね」を「わりよー」と言ったり、「どうしたの?」を「なによー?」と言ったり、「もういいです」を「もうええてよ」と言うなど、「よ」で終わる言葉がたくさんあります。

ひとつの文の中になんども「よ〜」が入る場合もあります。例文としては「あそこのドア直してあげてね」を「あそこのよ〜、ドア直したってよ〜」となります。また「よ〜」を連続してたくさんいうのがまるでラップのようになるので、ラップみたいだと言われるのが和歌山弁あるあるなのです。

和歌山弁のかわいい方言2:やん

和歌山弁で使う「やん」は2種類あり、大阪弁などでもおなじみの語尾に使用する「やん」と、否定として使う「やん」があります。この否定の「やん」は大阪弁などでは使われない、和歌山県全体と三重県の一部で使われている特徴的な方言なのです。それぞれ例文を紹介していきます。

語尾に「やん」を使用する例文としては、「今から行くでしょ?」を「今から行くやんな?」や、「それ間違ってるよ」を「それ間違ってるやん」と言います。和歌山弁だけでなく、大阪弁や京都弁など関西全体で使っているので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

否定の「やん」を使用する例文としては「難しくてできない」を「難しくてできやん」となります。また「やん」も「〜よ」と同じように、一つの文章に何回も出てくる場合があります。

例文としては「今日買えなかったら、一生食べられないかもしれないでしょ」を「今日買えやんかったら、一生食べれやんかもしれやんやん」と言います。他県の人に「やんやん」ばっかりと言われる和歌山弁あるあるです。

和歌山弁のかわいい方言3:ちゃあ/ちゃーる

26182775 177170509543217 4966647683709140992 n
agara_sandaime

「ちゃあ/ちゃーる」は標準語の「してあげる」や「している」を意味します。ちゃの響きがとてもかわいいので、和歌山以外の人からもかわいいと褒められる方言の一つです。和歌山弁の人が使っていたら、ぜひかわいいと褒めてあげましょう。「ちゃあ/ちゃーる」を使っている例文をご紹介します。

例えば「拾ってあげる」を「ひろっちゃあ」、「食べている」を「食べちゃーる」という表現になります。「ちゃあ/ちゃーる」をたくさん使っている例文としては、「私はもう終わっているから、代わりにしてあげるね」を「私もう終わっちゃーるから、代わりにしちゃあよ」のようになるのです。

和歌山弁のかわいい方言4:にえる

26070079 1974072252833868 2823765410267004928 n
miemie0121

「にえる」と聞けば、野菜が煮えるなどの煮物を想像する方も多いと思います。しかし和歌山弁の「にえる」とは、なんと「青あざができること」なのです。和歌山以外では通じないので、和歌山弁を話す人々は他県に行くと通じなくて困る言葉ランキングの上位だというほどです。

和歌山県以外で「にえる」を使うと、必ず聞き返されるか突っ込まれるのが和歌山弁あるあるなのです。

34982607 448493255615147 8580287090430836736 n
sabukarujyoshimoyou

例文としては、「昨日机の角にぶつけて足に青あざができた」を「昨日机の角にぶつけて足がにえた」というふうに使います。どこかかわいらしさもあり、青あざができたと言うよりも短くて端的に表現することができるので便利な方言です。和歌山では「にえた」と言えば、煮物よりも青あざができたことを指すことの方が多いのです。

和歌山弁のかわいい方言5:「〜しかいい」

和歌山県以外で「〜しか」といえば、「〜だけ」という限定を表すのが一般的です。和歌山弁でももちろんその意味で「〜しか」を使う場合がありますが、もうひとつ別の意味で使うこともあるのです。それが「〜の方がいい」という比較の意味で使う「〜しかいい」なのです。

例文としては、「りんごより桃が好き」を「りんごより桃しか好き」となります。和歌山弁を知らない人が聞けば「桃だけ好き」という意味に聞こえてしまう場合があり、会話が通じないことがあるのが和歌山弁あるあるです。

和歌山弁を話す人が「〜しか」を使うときは、限定の意味なのか比較して「こっちの方」を意味しているのか、注意深く聞き取ることが必要です。

和歌山弁のかわいい方言6:わい/あが

和歌山弁では一人称にも方言があります。一般的に一人称といえば「僕」「私」「俺」などを連想する人も多いと思いますが、和歌山弁では「わい」「あが」などを使います。この一人称は、主に和歌山の中部から南部にかけての人の特徴的な言い方です。また主に男性が使う一人称となります。

「わい」は全国的にも方言として使っている地域がいくつかあるので聞いたことがあるかもしれませんが、「あが」や「わえ」は和歌山県独特の一人称です。あまりかわいさはありませんがどこか力強い印象のある第一印象で、和歌山の男性の男らしさを表している一人称といえます。

和歌山弁のかわいい方言7:語尾が「〜ら」

和歌山弁を話す人の特徴として、語尾が「〜ら」となる言葉が多いことも挙げられます。標準語では「〜しよう」という意味で使われることが多いです。例えば「行こう」を「行こら」と言ったり、「食べよう」を「食べよら」と言ったりというふうに、基本的には語尾の「う」を「ら」に変えて使います。

28752616 159447404741460 6380462587254931456 n
ogaken.jp

全国的にも有名な和歌山の標語に「つれもてしよら、シートベルト」というのがあります。ここで使われている「ら」は今回ご紹介した語尾の「〜ら」と同じ使い方です。意味は「一緒にしよう、シートベルト」になります。

ちなみにこの標語の「つれもて」というのも和歌山弁のひとつで、「一緒に」という意味になります。

和歌山弁のかわいい方言8:語尾が「〜やいしょ」「〜やしょ」

特に和歌山県の中部にあたるみかんでも有名な有田地方の方言として、語尾に「〜やいしょ」や「〜やしょ」をつける言葉があります。和歌山県の中でも少し聞き取りづらいと言われることもある方言ですが、他にはない特徴的な表現なので、かわいいと言われることもよくあります。この語尾の例文をご紹介します。

29414740 2026750214205426 6439986899787448320 n
pikarin9

例えば「いいでしょ」を「ええわいしょ」や、「よかったね」を「よかったいしょ」というふうに使います。例文をあげると、「あの人は先生ですね」を「あの人は先生やいしょ」となります。実際に使っている人以外は聞き取りにくいかもしれませんが、この言葉を聞けば和歌山の有田の人だとすぐわかる方言となっています。

和歌山弁のかわいい方言9:「今日はは」

和歌山弁では、「今日は」のことを「今日はは」と「は」を2回言います。「昨日は」や「明日は」は標準語と同じように「は」は1回だけなのですが、なぜか「今日は」だけ「は」を2回言うのが和歌山弁あるあるなのです。和歌山弁を話す人の場合は「は」を2回言っても間違っているわけではないので注意が必要です。

和歌山弁のかわいい方言10:かえらし

ここまでかわいい和歌山弁をご紹介してきましたが、実は和歌山弁には「かわいい」という言葉にも方言があるのです。それが「かえらし」です。「かわいらしい」から派生してできた言葉なのですが、和歌山弁では例えば「その財布かわいいね」を「その財布かえらしよー」と言います。

少し古い言葉にはなるので年配の方がよく使う言葉ではありますが、若い人でも「かえらし」と言っている人もよく見かけます。

和歌山弁のかわいい方言11:いぬ

「いぬ」と聞けば「犬」を想像する人がほとんどだと思います。もちろん和歌山弁でも「犬」は「いぬ」と言いますが、「いぬ」には他の意味の動詞としても使われているのです。それが「帰る」という意味の「いぬ」です。動詞なのでいろんな活用があり、いろんな場面で使うことができます。

例文としては「そろそろ帰るね」を「そろそろいんでくら」と言ったり、「そろそろ帰ろうか」を「そろそろいのか」と言ったりします。この「帰る」という意味の「いぬ」は若い人々はほとんど使いませんが、年配の方々はよく使うので和歌山に行くとよく耳にする言葉です。

他にはない方言なので他県の人から「いぬ」を「死ぬ」と聞き間違えられて、びっくりされるのが和歌山弁あるあるなのです。

和歌山弁のかわいい方言番外編1:接続語の方言

和歌山弁では会話や文の接続に使う言葉にも方言がたくさんあります。例えば標準語で「それでは」という場合は「ほいたら」や「ほんなら」となったり、「そして」が「ほんで」や「ほな」となります。大阪弁などの関西弁でも似たような言葉が使われていることもあります。

12728607 429448613926564 1076236247 n
ojuuuuun

また標準語で「〜なので」という場合「〜やさか/〜やさかい」が使われています。他にも、促したい時に語尾に使うのが「〜そー/そら」を使うことがあります。例文としては「早く行こうよ」を「早く行こらそー」、また紀中では「早く行きやんしょら(【そら】が【しょら】になっている)」とも言います。

このように大阪弁などと比べてもかなり違うので、接続後を聞けば和歌山弁だとわかるような場合もあります。

和歌山弁のかわいい方言番外編2:名詞の方言

和歌山弁には語尾や言い回し以外にも、名詞そのものの方言もあります。大阪弁などとは違った特徴的で変わった言葉もたくさんあり、初めて聞く方は少し戸惑うこともあるかもしれませんが、知っていれば和歌山に行っても大丈夫です。いくつか代表的なものをご紹介します。

せった

和歌山弁の代表的な名詞といえば「せった」です。これを聞いてもなかなか連想できるものはないと思いますが、実は「サンダル」のことなのです。和歌山弁では「ビーチサンダル」のことも「水せった」と表現します。もちろん小学校のプールの授業などでも「せった」という方言が使用されています。

じてこ

和歌山弁の「じてこ」は、「自転車」のことです。大阪弁などでは「チャリ」や「チャリンコ」という場合があると思います。もちろん和歌山でもそういう人もいますが、和歌山弁では「じてこ」とういうのが一般的です。少しかわいい面もある言い方なので、和歌山に行った時に一度使ってみてください。

かだら

和歌山県の特に有田地方の人に多い方言なのですが、「体」のことを「かだら」という人がいます。一見間違っているように聞こえるので訂正されてしまうのがあるあるなのですが、実は間違っていないのです。この「かだら」という方言は、和歌山弁でダ行とラ行の混同がたまに見られることからきています。

かわいい和歌山弁を聞きに和歌山へ行ってみよう!

和歌山弁のご紹介、いかがでしたか?和歌山弁には大阪弁と似ていて聞いたことがあるような方言から、ご紹介しきれなかった変わった方言まで、かわいい特徴や和歌山弁あるあるがたくさんあります。そんなかわいい和歌山弁を聞きに、またはご紹介した例文を実際に話しに、ぜひ和歌山県に旅行してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
りん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ