ホイアン観光のおすすめプラン!ベトナムの世界遺産を満喫しよう!

ベトナム中部にあるホイアンは、古い街並みが世界遺産にも登録されたおすすめの観光スポット。雨季には洪水も起こるので、シーズンを選んで観光しなければなりません。今回は、ホイアン観光の見どころや、観光チケットの値段や購入方法も含めて、詳しくご紹介いたします。

ホイアン観光のおすすめプラン!ベトナムの世界遺産を満喫しよう!のイメージ

目次

  1. 1ベトナムのホイアンは美しい世界遺産の街!
  2. 2ベトナム観光のおすすめスポットホイアンってどんなところ?
  3. 3ホイアン観光ベストシーズンはいつ?
  4. 4ホイアン観光への行き方
  5. 5ホイアン観光では5枚綴りのチケットが必須
  6. 6ホイアンのおすすめ観光スポット1:日本橋(来遠橋)
  7. 7ホイアンのおすすめ観光スポット2:クアンタンの家
  8. 8ホイアンのおすすめ観光スポット3:タンキーの家
  9. 9ホイアンのおすすめ観光スポット4:フーンフンの家
  10. 10ホイアンのおすすめ観光スポット5:チャン家の祠堂
  11. 11ホイアンのおすすめ観光スポット6:海のシルクロード博物館
  12. 12ホイアンのおすすめ観光スポット7:サーフィン文化博物館
  13. 13ホイアンのおすすめ観光スポット8:ホイアン夜市
  14. 14ホイアン郊外の観光スポット1:ミーソン遺跡
  15. 15ホイアン郊外の観光スポット2:チャム島
  16. 16世界遺産ホイアンで美しい街並みを観光しよう!

ベトナムのホイアンは美しい世界遺産の街!

古くから、中国南部の福建省や日本とも交易があったベトナム中部の都市「ホイアン」。どこかノスタルジックな雰囲気の漂う古い街並みは、1999年ユネスコの世界遺産にも登録されています。

ベトナム中部のホイアンは、シーズンによっては洪水することもある地域ですので、観光するには、乾季を選ぶのがおすすめ。今回は、ホイアン観光のチケット購入方法や、最寄り都市からのアクセス時間なども詳しくまとめます!

ベトナム観光のおすすめスポットホイアンってどんなところ?

ベトナム中部の都市ダナンから南東に約30kmほどの距離にあるホイアンは、トゥボン川が南シナ海に流れ込む三角州に形成された古い沿岸都市です。

ホイアンは、ベトナムのチャンパ王国の時代には、中国やインド、そしてアラブ諸国を結ぶ「海のシルクロード」として栄えてきました。15世紀から19世紀にかけては、アジアとヨーロッパの交易地点としても繁栄し、当時の面影を残す旧市街は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

また、ベトナムのホイアンは、タイのアユタヤやフィリピンのマニラと並んで日本人町が形成された都市の一つで、市内の観光スポットの一つである日本橋(来遠橋)などは、日本人が建設したと言われています。

江戸幕府の鎖国によって、ホイアンに形成された日本人町は姿を消しますが、その後、中国南部から華僑の人々が移り住んだことから、ベトナムでありながら、どこか中国らしい寺院や建物が残る一風変わった景色が広がっています。

ホイアンには、「ホワイトローズ」と呼ばれるワンタンのような料理や、揚げワンタンなど中国文化圏の影響を色濃く受けた名物料理もあります。また、周辺地域には、ベトナムのもう一つの世界遺産である「ミーソン遺跡」もあります。

ホイアン観光の経由地点でもあるダナンには、世界有数のビーチリゾートもありますので、ホイアンとダナンを合わせて、違った雰囲気のベトナムを楽しむのもおすすめです。

ホイアン観光ベストシーズンはいつ?

続いては、ベトナム中部のホイアンを観光するのにおすすめのベストシーズンをご紹介します。ホイアンの観光ベストシーズンは、雨季に当たる9月から11月までの3ヶ月を除いた乾季の時期です。

雨季のシーズンには、ホイアンのトゥボン川が反乱して、地域一体が大浸水するような洪水に見舞われることもあるからです。

水に囲まれた交易都市ホイアンは、雨季のシーズンになると、世界遺産に指定されている旧市街の建物の1階部分がすべて水に浸かってしまうこともあります。

どうしてもこのシーズンに観光する場合には、事前に天気予報などで現地情報を確認しておく必要があります。

ホイアンの世界遺産になっている旧市街は、チャンフー通りと川沿いにあるバクダン通りに囲まれた地域になっています。

このあたりは、浸水するほど土地が低く、地面もなだらかになっていますので、徒歩で観光することが可能です。

ホイアン観光への行き方

ベトナム中部の世界遺産ホイアンへのアクセス方法を見てみましょう。ホイアンの最寄りとなる都市は、同じくベトナム中部のリゾート都市「ダナン」です。

ダナンへの行き方は、国際線で日本から直接いくなら、成田空港からベトナム航空などが就航しています。国内線で移動する場合は、ベトナム南部のホーチミンから、毎日15便ほどがダナンまで運行しており、所要時間は、1時間10分ほどとなっています。

ダナンからホイアンへのアクセス方法は、純カンバスが往復しています。料金は、2万ドンで、所要時間は、約1時間ほどとなっています。

バスの運行時間は、早朝5:00から18:00までとなっており、日帰りの場合は、帰りのバスの時間に送れないよう注意が必要です。ホイアンからダナン国際空港まで直行するバスも出ており、チケットは11万ドンで販売されています。

Thumbベトナムで人気のリゾート特集!島やホテルなどおすすめスポットを厳選!
皆さん近年ベトナムのリゾート地に注目が集まっているのはご存知でしょうか。海が綺麗なリゾート地...

ホイアン観光では5枚綴りのチケットが必須

世界遺産に認定されたホイアンの町には、ホイアン観光局が指定した観光施設が23ヶ所あります。これらの観光地を回るには、専用の観光チケットの購入が必要です。

チケットは、5枚綴りの総合チケットという形で販売されており、1綴り購入すれば、5ヶ所の観光スポットを見て回ることができます。

チケット売り場は、町中に12ヶ所設けられており、世界遺産エリアの入り口でも販売されています。

チケットの有効期限は購入当日の24時間以内とされていますが、実際は、2日間有効のようです。場所によっては3日前のチケットでも観光できたりするそうですので、現地で確認してみてください。

観光スポットによっては、時間帯によって、英語や日本語のガイドも雇うことができます。ホイアンの観光ガイドの値段は2時間で5ヶ所を回って12万ドンが相場です。

ホイアンの歴史や、ホイアンの町に今も残る中国文化の影響などを、詳しく知りたい方は、観光ガイドをお願いするのがおすすめです。

ホイアンのおすすめ観光スポット1:日本橋(来遠橋)

ここからは、世界遺産ホイアンのおすすめ観光スポットをご紹介していきます。まず、最初にご紹介するおは、ホイアン観光のベストスポットである日本橋(来遠橋)です。

ホイアンのベストシーズンである乾季の中で、特にベトナム南部のホーチミンのベストシーズンとも重なる12月から2月にかけては、多くの観光客がこの橋を訪れます。

1593年に造られた屋根付きの橋は、中を渡ることもできる構造になっており、チケットのみで入場することができます。

ベトナムの2万ドン紙幣にも印刷されていることからも分かる通り、ベトナムを代表する観光スポットの一つになっており、当時ホイアンに住む日本人によって建設されたと伝えられています。

地震があっても壊れないようにと頑丈な構造で造られているこの橋には、橋の両側に、猿と犬の置物が置かれています。また、中には観光の見どころである小さな寺もしつらえられています。

夕方から夜にかけての約5時間ほど開催されるライトアップは、特に幻想的で美しく、ホイアンに宿泊するならぜひ一度は見ていただきたいおすすめの光景です。

ホイアンのおすすめ観光スポット2:クアンタンの家

28152320 349714575530369 210454183483015168 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
fuzzy1081

続いてご紹介するホイアンのおすすめ観光スポットは、「クアンタンの家」。ホイアンに残された約300年ほど前の中国人の家屋であるこの建物は、平屋の代表的な建築洋式を見ることができます。

入場料の支払いはチケットのみとなっており、会館時間は7:00から21:00までとなっています。雨季のシーズンには、洪水などで浸水の被害にも遭うホイアンで、これだけ古い木造建築が見られるというのは大変貴重です。

12716541 572171026272679 1569360461 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
krafman

クアンタンの家では、ホイアン名物「ホワイトローズ」を調理している様子を見学することができ、希望すれば、その場で観光客が食べるということも可能なようです。

米粉で作った皮にエビのすり身を加えて蒸したホワイトローズは、つるりとした食感がおいしい人気のベトナムグルメです。シーズンを問わず食べられますので、ぜひ、ホイアンでお試しください。

ホイアンのおすすめ観光スポット3:タンキーの家

11355827 1442589679394929 742294487 n
longlicious_2511

続いてご紹介するホイアン観光のおすすめスポットは「タンキーの家」。200年ほど前に建築された、中国広東省出身の漁師の家と伝わるこの屋敷には、中国と日本の両方の建築様式が取り入れられています。

観光の見どころは、柱や梁に施されている美しい螺鈿装飾。天井には洪水のシーズンに備えて2階に荷物を運び上げるための格子窓がつけられています。

ホイアンのおすすめ観光スポット4:フーンフンの家

28751459 506267719774428 4003198283408211968 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mr_shilton

続いてご紹介するホイアン観光の見どころは「フーンフンの家」。インスタ映えする撮影スポットとして、観光客にも大人気のこちらの観光スポットは、同じくチケットのみで入場可能となっています。

観光シーズンには、たくさんの人で賑わう古い家屋は、日本、ベトナム、中国の三つの国の建築様式が取り入れられた珍しいデザインが見どころです。

38438455 467647883709739 9036591768941887488 n
scarlettscn

約200年前に建てられたという「フーンフンの家」には、内部にはお土産もの店があり、ベトナムのお土産を購入することもできます。

また、こちらの家には、今もフーンフンの血を受け継ぐ子孫の方が住んでいるそうです。観光できる時間は、8:00から18:00までとなっています。

ホイアンのおすすめ観光スポット5:チャン家の祠堂

13687214 1769605179978351 522207910 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
gringooo

続いてご紹介するホイアンのおすすめ観光スポットは「チャン家の祠堂」。1802年に、中国人の血を引く「グエン朝」の官吏によって建築された礼拝堂は、先祖の霊を祀った祠堂と自宅を兼ねた建物です。

祠堂には、3つの扉が設けられており、それぞれ、男性、女性、そして祖先の霊が通る扉が決められています。

29090195 2020059961652997 5607281891729211392 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
thebrunchfiend

建物の内部では、昔の占いなども体験できるそうですので、興味のある方は、運試しに占ってもらうのも良さそうです。

入場料金はチケットのみで、会館時間は8:30から18:00までとなっています。無料の英語ガイドもありますので、利用してみてください。

ホイアンのおすすめ観光スポット6:海のシルクロード博物館

28763079 2039913942922027 2266114956862685184 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mancyk

ホイアンの交易の歴史を知りたいなら「海のシルクロード博物館」(貿易陶磁博物館)を観光するのがおすすめです。

2階建ての民家がそのまま博物館として使用されているこちらの建物では、ホイアンとその周辺地域で発掘された数々の陶磁器が収蔵されています。沈船から直接引き上げられたものもあり、朱印船貿易でこの地を訪れたはるか昔の日本人の暮らしを垣間見ることができます。

ホイアンのおすすめ観光スポット7:サーフィン文化博物館

29089737 423143761472287 3025143911241744384 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mr_shilton

ホイアンでもう一つおすすめしたい博物館は「サーフィン文化博物館」です。サーフィン文化とは、チャンパ王国前の紀元前数世紀から2世紀頃までにこの地で栄えた文明で、金属などを使用していた跡が発掘されています。

ベトナム中部で出土した土器や、当時の生活用具など、珍しい展示物が数多く収蔵されています。営業時間は、夏季が7:00から21:30まで、冬季が7:00から21:00までとなっています。

ホイアンのおすすめ観光スポット8:ホイアン夜市

40831397 231385134224494 4799659158731914678 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
nessie2015

最後にご紹介するホイアン観光のおすすめスポットは、アンホイ橋のたもとで毎晩開催されるナイトマーケット。開催時間は18:00から22:00頃までとなっています。

クー・チョ・デムと呼ばれるこのマーケットでは、観光客用のお土産物の販売も盛んで、ホイアン名物のランタンなどが美しく下げられています。

40423588 306719196546632 5754605665188315136 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
robb0611

また、ホイアンならではのシーフードやカエルを浸かったご当地グルメのバーベキューなども人気で、露店を冷やかしながら散策するのがおすすめです。

雨のシーズンでも大雨でなければ毎日開催されますので、夕涼みや夕食の買い出しがてら、付近を歩いてみるのも良いのではないでしょうか?

ホイアン郊外の観光スポット1:ミーソン遺跡

ホイアンから南西に約40kmほど進んだエリアには、ベトナム中部のもう一つの世界遺産「ミーソン遺跡」があります。

チャンパ王国時代の聖地だったと言われているミーソン遺跡には、北に聖山と呼ばれる「マハーパルバタ山」がそびえています。四方を山に囲まれた盆地は、4世紀後半から神殿などの建設が始まったと言われています。

ミーソン遺跡は、ベトナム戦争時に開放軍の基地として使われていたため、アメリカ軍の攻撃によって、かなり破壊されています。それでもうっそうとした草むらに残された広大な遺跡は、あちこちに置かれた石像や女神像など見どころがいっぱいです。

現存するミーソン遺跡の建物の多くは、8世紀から13世紀頃に建てられたものが多く、草木に埋もれるようにして、残された遺跡群は、チャンパ文化を今に伝える数少ない貴重な資料となっています。

ホイアン中心部からミーソン遺跡までの所要時間は1時間30分ほどとなっており、観光には、博物館の入館料を含めたチケット15万ドンの購入が必要です。

ミーソン遺跡博物館では、写真や地図などで遺跡の紹介がされており、遺跡管理小屋では1日に5回、チャムダンスショーも開催されています。

ホイアン郊外の観光スポット2:チャム島

39592757 271147467054254 2960950380847955968 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
babatakataka

ホイアンから東へおよそ28kmほど離れた南シナ海に浮かぶ小島「チャム島」は、周囲が約32kmの自然の楽園です。島の大半は、ベトナム軍が管理しており、今も自然の姿がそのまま残されています。

小さいけれど真っ白な砂浜が広がるビーチや、ダイビングにもおすすめのスポットがたくさんあるため、シュノーケリングなどマリンスポーツをして楽しむ観光客で賑わっています。

チャム島へ行くには、ホイアンから1日1往復しているローカル船でアクセスできます。料金は15万ドンで、所要時間は約2時間ほどです。この他、スピードボートでのアクセスも可能で、料金は20USドル前後、所要時間は30分ほどです。

世界遺産ホイアンで美しい街並みを観光しよう!

ベトナム中部の町「ホイアン」観光の見どころと観光シーズンやアクセス情報をご紹介致しました。旧市街やミーソン遺跡と言ったベトナム中部の世界遺産が一度に観光できるホイアンは観光客にも人気のスポットです。

チケットの購入は、英語でも十分通じますし、場所によっては、日本語で観光ガイドを聞くことも可能です。日本人にもゆかりのある町ホイアンで、歴史ロマンに触れる旅をご堪能ください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング