皇海山の登山&キャンプを楽しむコツ!アクセスやおすすめルートをチェック!

栃木県と群馬県の2県にまたがる皇海山(すかいさん)は、日本百名山の一つにも選ばれた名峰です。可憐な山野草の咲くルートや初心者向けのルートもあり、登山を楽しめます。皇海山周辺にはキャンプ場も併設されています。今回はアクセス方法も含めて詳しくご紹介します。

皇海山の登山&キャンプを楽しむコツ!アクセスやおすすめルートをチェック!のイメージ

目次

  1. 1皇海山登山やキャンプのおすすめ情報をご紹介!
  2. 2栃木県の皇海山とは?
  3. 3栃木県の皇海山へのアクセス方法1:マイカー
  4. 4栃木県の皇海山へのアクセス方法2:公共交通機関
  5. 5皇海山登山で使える駐車場
  6. 6皇海山の登山ルート1:庚申山ルート
  7. 7皇海山の登山ルート2:不動沢ルート
  8. 8皇海山の登山ルート3:松木沢ルート
  9. 9皇海山登山の注意点
  10. 10皇海山登山におすすめのシーズン
  11. 11皇海山の山荘
  12. 12皇海山の庚申山ルートの高山植物
  13. 13皇海山登山後に買いたい記念品
  14. 14皇海山周辺の宿泊施設
  15. 15皇海山にはキャンプ施設もある!
  16. 16皇海山キャンプフォレストの設備は?
  17. 17皇海山キャンプフォレストの料金は?
  18. 18皇海山キャンプフォレストの楽しみ方1:川遊び
  19. 19皇海山キャンプフォレストの楽しみ方2:釣り
  20. 20皇海山キャンプフォレストの楽しみ方3:温泉
  21. 21皇海山キャンプフォレスト周辺の観光スポットは?
  22. 22皇海山で登山やキャンプなどアウトドアを楽しもう!

皇海山登山やキャンプのおすすめ情報をご紹介!

群馬県の沼田市と栃木県の日光市との間にまたがる皇海山(すかいさん)は、標高2000mを超える高山です。庚申山や袈裟丸山など、足尾山系が連なる皇海山は、初心者向けの日帰りルートや上級者向けの縦走ルートなど選べる登山コースがあるのも魅力です。

群馬県沼田市側の皇海山の麓には、キャンプ場も併設されており、子連れで魚釣りや川遊びを楽しむのもおすすめです。今回は、皇海山に登山するときに利用できるルートや周辺の観光スポット、そしてキャンプ場の設備やアクセス方法なども詳しくまとめます。

栃木県の皇海山とは?

皇海山のアクセス方法などを詳しくご紹介する前に、まずは皇海山の山の特徴をお伝えしたいと思います。栃木県と群馬県の県境にある皇海山は、日光火山群に形成されたる古い成層火山。

一読では読めない難解な名称がついていますが、元々は笄(こうがい)山と呼ばれていたそうです。笄という字に「皇開山」という宛て字が使われるようになり、その後、皇という字が他の読み方として「すめる」と読めることから、転じて「すかい」と読むようになったと言われています。

皇海山は、日本百名山にも選ばれた名峰で、深い森に包まれた登山道には、原始的な森林と可憐な山野草の咲く、豊かな自然が広がっています。

皇海山は、足尾系山脈に位置する庚申山の「奥ノ院」とされており、険しい登山道の続く山道は、かつて修験者たちの修行の場とされてきました。

初心者が日帰りできるルートがある一方で、かなり上級者でなければ登山しづらい細い尾根が続くルートなどもあり、バリエーション豊かな登山が楽しめます。

皇海山の周辺には、栃木で有名な足尾銅山もあり、観光スポットとしてもおすすめです。群馬県側には皇海山に併設するキャンプ場もありますので、子連れで川遊びや釣りを楽しむのもよいでしょう。

栃木県の皇海山へのアクセス方法1:マイカー

皇海山の登山ルートは、群馬県側と栃木県側にアクセスポイントがあります。マイカーでアクセスする場合は、群馬県沼田市の国道130号線から吹割の滝を経由するルートが一般的です。

皇海山は、アクセスがかなり不便な山ですが、栗原川林道の周辺には、登山道手前の目印となる皇海橋方面への看板などもたくさん立てられています。

先述の吹割の滝の手前から右折し、舗装されていない道を車でゆっくりと進みます。落石など危険箇所も多く、アクセスにはマイカーで1時間20分ほどかかる場合が多いようです。

途中離合するのが難しいような狭いルートもありますので、車の運転が苦手という方は、自転車や徒歩でのアクセスを選ぶということも可能です。徒歩でアクセスする場合は、1時間30分ほどかかるようですので、登山前に体力を温存したいという方にはおすすめできません。

栃木県の皇海山へのアクセス方法2:公共交通機関

公共交通機関を利用して皇海山登山口までアクセスするには、新宿駅からJR埼京線の大宮行きに乗車し、赤羽駅でJR高崎線に乗り換えます。

高崎駅からは、JR上越線の水上行きに乗り換えて、沼田駅で下車してください。沼田駅からは、駅前の1番バスのりばから関越交通の「鎌田」、「鳩待峠バス連絡所」または「大清水」行き路線バスに乗車します。

皇海山登山口の最寄りバス停は「高戸谷十二廻り」または「吹割の滝」です。「高戸谷十二廻り」または「吹割の滝」のバス停からは、徒歩で皇海山の登山口となる皇海橋までアクセスすることになります。

皇海山登山口へ続く栗原川林道は台風などの災害や道路工事等で通行止めになる場合もあります。通行可能かどうか事前の沼田市役所にご確認ください。

皇海山登山で使える駐車場

先ほど、皇海山登山口までのアクセスの項目でマイカーでのアクセス方法をご紹介しましたが、皇海山登山口には、山林に入る軽トラックなども駐車できる駐車場が併設されています。

皇海橋からほど近いエリアにあるこちらの駐車場は、収容台数が30台ほどあります。橋を挟んだ路肩の量覇気に駐車スペースが設けられています。

皇海橋の駐車場には、登山者や山林作業員の方が利用できるトイレも設置されていますので、出発前にトイレを利用しておきましょう。

庚申山ルートでアクセスする場合は、栃木県日光市側にある銀山平キャンプ場の駐車場からアクセスします。こちらの駐車場はオートキャンプ場を併設しているので、駐車場で前泊してもよいでしょう。

皇海山の登山ルート1:庚申山ルート

21985010 1949946518664340 7948672013084655616 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
nature.katumi

栃木県奥日光最後の秘境と言われる皇海山。ここからは、登山ルートと特徴をご紹介致します。皇海山登山で、一番人気のあるルートは、庚申山ルートです。栃木県側の銀山平から出発して、皇海山の「庚申山荘」を経由して、庚申山から鋸山へ続く尾根を縦走します。

皇海山登山ルートの中でも、かなりロングルートとなるため、登山時間は合計12時間半ほどかかります。

23595075 192475434655525 3733170107505967104 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
innocent_woman

登山後は、鋸山から六林班峠を経由し、銀山平まで戻るルートで下山します。庚申山荘に一泊宿泊しますが、岩場や危険箇所もあるため、登山初心者にはおすすめできません。

庚申山からは、栃木県の足尾山系の山々の絶景が楽しめます。登山におすすめのシーズンは、後ほどご紹介する山野草の開花シーズンや紅葉の時期です。

皇海山の登山ルート2:不動沢ルート

14718306 204470419958664 2537799401003286528 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
gm0079

皇海山を日帰り登山したい方には、不動沢ルートがおすすめです。先述の庚申山ルートは、登山道がきちんと整備されていないため、自分でルートファインディングを行う必要があり、最低でも1泊2日の縦走となります。

それに対して不動沢ルートは、登山道も確保されており、比較的登りやすいため、登山初心者や中級者でもチャレンジしやすいルートになっています。

18252835 178101732714051 4145493122610102272 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
makodaina

不動沢ルートの登山時間は約5時間ほどで、日帰り登山にもおすすめです。登山口となる皇海橋から登り始めて、不動沢コルを経由し、皇海山山頂を目指します。

途中ロープを使って登る箇所などもありますが、朝8:00に皇海橋登山口を出発してお昼前には山頂まで到達できます。山頂で昼食をとっても日帰りで十分登山可能ですので、初心者にもおすすめのルートです。

皇海山の登山ルート3:松木沢ルート

23347631 1838682749776099 8673036934957760512 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
simba_heart89

皇海山の登山ルートで、上級者向けの日帰りルートなら松木沢ルートがおすすめです。こちらのルートも不動沢ルートと違ってルートファインディングを行わなければなりません。

往復11時間ほどかかりますので、日帰り登山が目的なら、早朝5:00には松木沢の登山口を出発することになります。

20184704 317582441998559 8107449124292395008 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
fu._.ko

松木沢ルートの特徴は、水場が多く、低山域では沢をいくつも渡っていく必要があります。沢登り専用の登山靴は必要ありませんが、濡れても乾きやすい素材の登山靴をおすすめします。

登山口へのアクセスポイントとなる銅親水公園には、収容台数20台ほどの駐車場が完備されています。こちらの駐車場にはお手洗いがありませんので、付近のコンビニやガソリンスタンドでトイレを済ませてから登山開始することをおすすめします。

皇海山登山の注意点

アクセスの難しさから、栃木県奥日光最後の秘境と言われる皇海山。登山の際にはどんな注意が必要なのでしょうか?1泊2日の縦走が基本となる庚申山ルートには、ロープや梯子などを使って登山する危険な箇所がたくさんあります。

宿泊しても全行程12時間半の山道は、自らルートファインディングの必要もあり、上級者向けのルートとなっています。登山道には、注意喚起する立看板なども立てられていますので、自分の体力を過信せず、危険と判断したら引き返す勇気を持ちましょう。

アクセスの際に利用する粟原川林道は、台風などの影響で落石、倒木なども多く、地盤が緩んでいて土砂崩れなどが起こる場合もあるエリアです。

災害後、道路が封鎖されいる場合も非常に多いので、沼田市のホームページなどで、通行状況や登山の可、不可について事前によく確認してからアクセスすることをおすすめします。くれぐれも事故や怪我のないようにしましょう。

皇海山登山におすすめのシーズン

皇海山の登山におすすめのシーズンは、夏山シーズンの最盛期となる5月から9月がおすすめです。特にシャクナゲの花が美しい5月から7月頃のシーズンは気候も安定していて爽やかな新緑の中で登山を楽しめます。

8月から9月は、栃木地方にも台風が接近する機会が増えるため、アクセスが難しい場合が多いようです。また、11月以降から翌年4月までの冬期は駐車場も含めて登山ルートが閉鎖されています。

また、後ほど詳しくご紹介しますが、皇海山では、コウシンソウという可憐な高山植物が生息しており、6月から7月が花のシーズンとなります。この時期はシャクナゲなども開花しており、花を楽しむのもおすすめです。

早い時には、9月下旬頃から奥日光の紅葉が始まります。紅葉が続くのは例年10月中旬頃となりますので、紅葉シーズンに登山を楽しむのもおすすめです。

皇海山の山荘

皇海山を庚申山ルートで登る場合には、唯一の山荘である「庚申山荘」に宿泊します。庚申山荘は、銀山平から3時間ほど登ったところにあり、ルートの途中には、「鏡岩」や「夫婦蛙岩」など奇岩が生み出す絶景ポイントなどもあります。

山小屋が利用できるのは、5月から10月までのシーズンで、庚申山荘の宿泊料金は、素泊まり2000円となっています。管理元は栃木県日光市となっており、シーズン中の週末のみ、管理者がいて、後は無人営業となっています。

山小屋の収容人数60人となっています。そこまで混雑することはないと思いますが、事前に日光市に確認しておくと安心です。

庚申山の山頂から約750mほどの距離にあるので、アクセスもそれほど大変ではありません。山小屋の設備は、トイレ、炊事場のみとなっています。

山小屋での食事は自炊が基本です。登山の際は、事前に食材の調達と調理器具などを装備して登るようにしてください。おすすめの山飯はやはり持ち運びに便利なレトルト食品です。秋は朝晩冷えますのでインスタントのみそ汁やカップスープなど温まるものがおすすめです。

皇海山の庚申山ルートの高山植物

皇海山の庚申山ルートには、国の特別天然記念物に指定されているコウシンソウという可憐な高山植物が咲いています。1890年に庚申山で発見されたコウシンソウは、薄紫の小さな花をつける可憐な植物ですが、なんと食虫植物なのです!

養分の少ない岩場で隠れるように咲いているコウシンソウは、生き延びるための知恵として食虫植物に進化したと考えられています。花の見頃は6月から7月頃のシーズンです。

皇海山登山後に買いたい記念品

日本百名山の一つに選ばれた皇海山。登山ファンにおすすめのお土産と言えば、百名山の記念バッジがあります。皇海山は、32番目に登録された百名山で、記念バッジにはシャクナゲの花と標高などがデザインされています。

皇海山の登山記念におすすめの百名山バッジは、群馬県沼田市の観光案内所で販売しており、お値段は1個540円となっています。登頂の記念にコレクションしている登山ファンも多いようです。

皇海山周辺の宿泊施設

皇海山の周辺には、「庚申山荘」を運営している「国民宿舎かじか荘」という宿泊施設もあります。秋には紅葉を楽しめる露天風呂など、温泉も併設した素敵な宿泊施設です。

「国民宿舎かじか荘」の温泉は、日帰り利用も可能で、登山後にこちらで温泉だけ楽しむというのもおすすめです。日帰り利用時間は10:30から20:00までとなっており、料金は大人610円、子供300円です。登山の疲れを温泉で癒しましょう!

皇海山にはキャンプ施設もある!

皇海山の群馬県側の麓には緑豊かなキャンプ場「皇海山キャンプフォレスト」があります。首都圏からのアクセスもよく、自然に囲まれた緑豊かなキャンプ場は、家族連れにもおすすめのスポットです。

登山道へのアクセスポイントとしてもご紹介した「吹割の滝」は、こちらのキャンプ場から車で15分ほどの距離にあり、群馬県の景勝地として知られています。

皇海山キャンプフォレストへのアクセスは、マイカーなら関越自動車道沼田インターチェンジにて高速をおり、そこから約30分ほどドライブします。

電車でアクセスする場合は、JR上越線の「沼田駅」で下車します。キャンプフォレストには、バンガローなどもあり、施設を利用する宿泊者は、事前連絡をしておけばキャンプ施設から往復送迎してもらえるサービスが利用できます。

皇海山キャンプフォレストの設備は?

続いては、皇海山キャンプフォレストの設備についてご紹介していきます。キャンプ場には、売店を備えた管理棟の他、お酒が楽しめるバーが完備されており、夜にはカクテルなどおしゃれなドリンクも楽しめます。

水回りは炊事棟とお手洗いが各2ヶ所づつある他、お湯の出るシャワー室も完備しています。シャワー室は、追加料金700円を支払えば1時間貸切利用も可能です。他にも、子供が遊べる遊具もありますので、子連れキャンプにもおすすめの施設です。

皇海山キャンプフォレストには、付近に温泉施設もあるため、キャンプ場の利用者に温泉の割引券も配布してくれるようです。

キャンプ場にいながら、温泉に入れるというのはかなり贅沢です!夏場はシャワーでもよいかもしれませんが、ぜひ、温泉を利用してみてください。

皇海山キャンプフォレストの料金は?

皇海山キャンプフォレストには、テントサイトとバンガローの2つのタイプの宿泊施設利用が可能です。5つあるテントサイトのサイズは、50から60平方メートルとなっており、2名利用ぐらいにおすすめのサイズです。

家族やお友達などグループでのキャンプには、セミワイドかワイドサイトなどもあります。電源付きのサイトもありますので、寝苦しい夜はファンを持ち込むことも可能です。

バンガローは六畳から十二畳まで選べるサイズがあります。皇海山キャンプフォレストの料金は、入場料金が大人(18歳以上)500円、18歳以上と60歳未満は300円となっています。  

テントサイトの利用料金は、サイズ別に2000円から8000円、バンガローも同じくサイズ別でm4000円から10000円ほどです。利用するシーズンによって料金が変動しますので、詳しくはHPにアクセスしてご確認下さい。

皇海山キャンプフォレストの楽しみ方1:川遊び

皇海山キャンプフォレストでは、敷地内には川遊びをできるスポットがありません。しかしながら、車で数分の距離に粟原川や、清流公園沿いを流れる川などがありますので、川遊びも可能です。

また、景勝地として知られる吹割の滝周辺にも水遊びができるスポットがありますので、車でアクセスすればかなり便利です。

皇海山キャンプフォレストの楽しみ方2:釣り

皇海山キャンプフォレスト周辺には、渓流釣りを楽しめる栗原川の他、たくさんの釣り堀が点在しています。

清流の流れるこのエリアでは、イワナやマスなど川魚を釣ってその場で焼いてくれるサービスなどもあり、家族連れにも人気があります。

キャンプ場から一番近いおすすめの釣り堀は「おくとねフィッシングパーク」で、ルアーフィッシングやフライフィッシングが楽しめます。

キャンプ場から少し離れたところにある「川場フィッシングプラザ」は、川場村の管理釣り場で、沼田インターチェンジに近い「沼田フィッシングプラザ」の姉妹店となっています。。こちらの施設では、ルアー釣りとフライ釣りができる池に食堂なども併設しており、食堂ではバーベキューも楽しめます。

皇海山キャンプフォレストの楽しみ方3:温泉

皇海山キャンプフォレスト周辺には、日帰り温泉「わたすげの湯」もあります。キャンプからのアクセスは車で10分ほどで、そばやうどん定食などを食べられるレストランもあります。

内湯と露天風呂があり、単純アルカリ泉のお湯は、肌がツルツルになると評判です。家族でゆったり過ごすのにおすすめの施設です。

本格的な温泉を楽しみたい方には、群馬県の名湯「老神温泉」がおすすめ。清流片品川にある温泉街は、四季折々の自然が楽しめる絶好のロケーションで、日帰り利用できる温泉旅館もあります。

美人の湯と言われる「老神温泉」、秋は紅葉と川のせせらぎを聞きながら、ゆったりとお湯に浸かるのがおすすめです。カップルでの隠れ家デートスポットとしても人気です。

皇海山キャンプフォレスト周辺の観光スポットは?

皇海山キャンプフォレストの周辺にいは、いくつかの観光スポットがあります。特に有名なのは、先ほどもご紹介した群馬県の景勝地「吹割の滝」です。滝の周辺には遊歩道も設けられており、夏は水遊び、秋は紅葉狩りなど散策にもおすすめです。

また、川場村にある道の駅「川場田園プラザ」もここから近く、お土産のお買い物やご当地グルメを楽しめるレストランなど設備も充実しています。

道の駅では、ブルーベリー狩りが楽しめる農園も併設されていたり、おいしい石焼ピザなどがいただけるレストランなども人気を集めています。ランチや休憩スポットとして立ち寄るのもよいでしょう。

群馬県の沼田地方は、フルーツ栽培が盛んな地域で、このエリアには、いちごやさくらんぼ、ぶどうなど、様々な果物を栽培している農園もあります。

初夏はさくらんぼ、夏は桃の栽培も有名で、春はいちご狩りなども楽しめる大きな農園も点在しています。農園の中には、レストランを併設しており、フルーツをたっぷりつかったジェラートなども楽しめます。

お土産には、フルーツジャムやフルーツジュースなど、加工品などもありますので、じっくり選んでみてください!他に、フルーツを使ったスイーツもたくさんあります。

皇海山で登山やキャンプなどアウトドアを楽しもう!

栃木県日光市と群馬県沼田市にまたがる日本百名山「皇海山」と周辺のキャンプ場情報をご紹介致しました。山と川の両方の自然が楽しめる皇海山は、上級登山者から家族連れのキャンパーにもおすすめのおでかけスポット。

初夏はシャクナゲやコウシンソウ、秋には絶景の紅葉があなたを待っています。この秋は、栃木県奥日光最後の秘境「皇海山」で、ちょっとハードな登山にチャレンジしてみませんか?

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ