スミロン島への行き方&観光の見どころは?ホテルやダイビングスポット紹介!

フィリピンのセブ島にあるスミロン島をご存知でしょうか?スミロン島はダイビングでも人気がある知る人ぞ知る穴場のリゾートで、白い砂浜と美しい海の島です。スミロン島の行き方やおすすめのホテル、観光スポットなどの見どころをご紹介しましょう。

スミロン島への行き方&観光の見どころは?ホテルやダイビングスポット紹介!のイメージ

目次

  1. 1セブ島のスミロン島は穴場リゾート!
  2. 2スミロン島の場所
  3. 3スミロン島までの行き方1:自分で手配
  4. 4スミロン島までの行き方2:ツアーを利用
  5. 5スミロン島までの行き方3:デイユースプランを利用
  6. 6スミロン島でのアクティビティ1:ダイビング
  7. 7スミロン島でのアクティビティ2:シュノーケリング
  8. 8スミロン島でのアクティビティ3:デイユースプラン
  9. 9スミロン島でのアクティビティ4:プール
  10. 10スミロン島でのアクティビティ5:トレッキング
  11. 11スミロン島でのアクティビティ6:ビーチ
  12. 12スミロン島でマッサージを楽しもう!
  13. 13スミロン島でのランチ
  14. 14スミロン島のベストシーズン
  15. 15スミロン島のホテル
  16. 16スミロン島に行く際の持ち物
  17. 17デイユースプランの利用方法
  18. 18スミロン島に行くツアー
  19. 19スミロン島に行くツアー料金
  20. 20スミロン島でリゾートを満喫しよう!

セブ島のスミロン島は穴場リゾート!

フィリピンのセブ島にあるスミロン島というリゾートを知らないという方も多いでしょう。スミロン島の海は透明度が高く、真っ白な砂浜が広がっている島で、おすすめの穴場リゾートです。日本人観光客も少ないスミロン島の行き方やおすすめの観光スポット、ホテル情報、ダイビングスポットなどをご案内しましょう。

Thumbフィリピンのセブ島旅行で観光名所おすすめまとめ!絶景スポットもあり!
日本からも近く、美しい海の広がるフィリピンの観光名所「セブ島」。セブ島は旅行先として観光客か...

スミロン島の場所

こんなに美しいスミロン島はどうやって行くのか、行き方を知りたいという方も多いでしょう。スミロン島はセブ島の一番南にあるオスロブというところから船で15分くらいのところにある島です。車で行くと3時間くらいかかりますが、もっと便利なスミロン島までの詳しい行き方をご紹介しましょう。

スミロン島までの行き方1:自分で手配

スミロン島への行き方をご紹介しましょう。まずは、自分で手配をして、個人的に行く行き方です。この行き方は海外旅行に慣れていない方にはおすすめの行き方ではありません。英語力があり、海外旅行に慣れている方におすすめの行き方で、英語で交渉をしてスミロン島まで行きましょう。

スミロン島行きの船はセブ島のオスロブから出ています。まずはオスロブを目指しましょう。セブ島の市内からオスロブまではバスで4時間から5時間かかりますのでかなり遠いです。バスは1時間ごとに出ていて24時間やっていますのでその点では便利です。セブシティーの南バスターミナルからバスに乗車してオスロブを目指しましょう。

オスロブに到着したら、スミロン島まで船をチャーターして行きます。現地の方と英語で交渉する必要がありますので、ここで力の発揮どころになります。交渉する際の目安としては、ボートチャーター代は2000ペソから2500ペソなので、頑張って交渉しましょう!交渉次第で、シュノーケルグッズもレンタルできたりもします。

自分でスミロン島に行く場合には、オスロブまでのバス代、船のチャーター代、スミロン島の入場料がかかります。合計で日本円にして約5000円くらいで行けますので一番お得な方法です。スミロン島の入場料というのは50ペソかかります。スミロン島に安く行ってみたいという方におすすめの行き方です。

自分で行かれる場合には、スミロン島の一部分のみ上陸することができます。シュノーケルを楽しんだりのんびりときれいな海を満喫しましょう。スミロン島には荷物を置く場所がないので手ぶらで行くようにしましょう。

スミロン島までの行き方2:ツアーを利用

スミロン島までの行き方としてはツアーを利用するのもおすすめです。オスロブというのはジンベイザメと泳ぐことができることで有名なスポットであり、このオスロブでのジンベイザメを見るツアーを申し込むとスミロン島でダイビングをしたりするツアーもセットになっていたりします。

日本の旅行代理店でもオプショナルツアーとして申し込むことができますので、スミロン島に行きたいという場合にはあらかじめ日本の旅行代理店でツアーを申し込まれるのもおすすめの方法です。基本的にツアーの場合はスミロン島に上陸することはなく、周辺でダイビングをしたりシュノーケルをしたりするツアーになります。

おすすめのツアーはオスロブとスミロン島両方行くツアーで、ジンベイザメも見れて綺麗な海も両方満喫することができる欲張りツアーがおすすめです。ツアーにはホテルまでの送迎もついていますので、安心してリゾートを堪能することができますので海外旅行初心者の方にもおすすめです。

スミロン島までの行き方3:デイユースプランを利用

スミロン島まではホテルのデイユースプランを利用するのもおすすめです。自分で行くよりも安心してスミロン島を満喫することができる行き方です。ホテルのデイユースプランというのはオスロブからの往復送迎代金が含まれていますので料金を交渉したりする必要もありません。

デイユースプランを利用するには事前予約して行く方法と、当日ボート乗り場に直接行って申し込む方法がありますが、当日の場合は混んでいると乗れない場合もありますので、事前予約されていく方が確実です。事前予約は、英語サイトなので、英語が苦手だという方にはあまりおすすめは出来ません。デイユースの場合は、帰りのお時間も確認しましょう。

スミロン島でのアクティビティ1:ダイビング

スミロン島でおすすめの楽しみ方はダイビングです。スミロン島はセブ島でも一番透明度が高い島で世界中からダイビングを楽しむために観光客が訪れる世界屈指のダイビングポイントです。ダイビング初心者の方も安心して潜ることができて、色鮮やかな魚たちを見ることができます。

スミロン島の熱帯魚やサンゴ礁はとても素晴らしく、ダイビングでしか味わうことのできない海中の世界を堪能することができます。洞窟ポイントなどもあり、ダイビング上級者も楽しむことができます。また、ダイビング初心者の方でも楽しめるポイントなので、スミロン島でのダイビングを是非お楽しみください。

スミロン島でのアクティビティ2:シュノーケリング

41139109 396053907596774 6545009866835721241 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
emiqoota

ダイビングと並んでスミロン島で観光客に人気なのはシュノーケリングです。ダイビングは特別なライセンスがないと海に潜ることはできませんが、シュノーケリングならば気軽に楽しむことができますので、誰でもスミロン島の海を楽しむことができます。泳げないからと諦めている人はシュノーケリングは泳げなくても大丈夫なので是非チャレンジしてみてください。

専用ゴーグル、ライフジャケットがセットになったシュノーケルセットをレンタルすることができますので、シュノーケルを持ってこなくても楽しむことができます。スミロン島は透明度がとても高いので、シュノーケリングでも充分海中を楽しむことができます。日本では味わえないくらい透明度抜群の海でシュノーケリングを楽しんでみて下さい。

シュノーケルがメインのエリアがあり、こちらでは多くの人がシュノーケリングを楽しまれています。こちらのエリアでは特に海が綺麗で、砂浜の美しさは見とれてしまうほど素晴らしいです。島の左側と右側ではまた違った雰囲気なのでどちらも楽しんでみましょう。エメラルドグリーンの海と青の海のコントラストが感動の美しさです。

スミロン島でのアクティビティ3:デイユースプラン

15876166 1137900879664887 6499490154095312896 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
taku_makamaka

スミロン島ではホテルのデイユースプランで楽しむこともおすすめです。ホテルに宿泊しなくてもデイユースという日帰りでスミロン島を観光することができます。ツアーではなく自分で行くことになるので英語が苦手な方にはあまりおすすめできませんが送迎がついている点では自分で手配していくよりも安心です。

36759592 248698742524378 5679274004695744512 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mariko_5712

スミロン島に上陸することができるのでスミロン島を1日で満喫したいという方におすすめです。デイユースプランではダイビングもシュノーケリングも楽しむことができます。オスロブで有名なジンベイザメを見るところから車で5分のところにスミロンブルーウォーターホテルに行くための専用の港がありますのでそこから出発します。

36752937 479364435821477 334909463704109056 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mariko_5712

デイユースの料金は1日1500ペソでホテルの設備を使い放題できますので大変お得です。オスロブからスミロン島までの送迎も含まれていますので交渉しなくても安心してスミロン島まで行くことができます。ホテルのラウンジやシャワーやプールなどの設備も利用することができるので快適に過ごすことができます。

荷物がある方もホテルのロッカーを利用することができますので便利です。デイユースプランにはアクティビティの料金も含まれていますので、マリンスポーツを満喫することができます。他にもカヤックをしたり魚に餌をやったりのんびりとスミロン島の散歩して観光を楽しむことができるので、デイユースプランは大変満足できるプランです。

ランチビュッフェも含まれていますので食事の心配もいりません。ホテルに宿泊される予定の方は宿泊料金に全て含まれています。日本人の観光客はまだ少なく馴染みは少ないかもしれませんが、日本人観光客が少ない穴場スポットです。

スミロン島でのアクティビティ4:プール

スミロン島は海がとても綺麗で見どころとなっていますが、プールでリゾートを満喫するのもおすすめです。プールと海がまるで一体化されているような美しい外観がとても素敵でパンフレットを見ているような感じがします。プールはデイユースを利用しても使えますのでハンモックに揺られながらのんびりしましょう。

スミロン島でのアクティビティ5:トレッキング

42144777 288029931800280 3646614464461522275 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
_jvtravels

スミロン島はビーチはもちろん、トレッキングも観光客に人気があります。スミロン島には緑もたくさんあり、島内をトレッキングされる観光客がたくさんいます。スミロン島は1周しても24ヘクタールという小さい島なので、自然豊かな風景を見ながら島内を散策してみてはいかがでしょうか?

スミロン島でのアクティビティ6:ビーチ

セブ島はファミリー層にも人気の観光スポットなのですが、スミロン島もファミリー旅行におすすめの観光スポットです。スミロン島の海は、小さいお子様でも安心できる浅瀬のビーチなので、海水浴も楽しむことができます。波も穏やかなのでお子様にも安全なビーチです。泳ぐのが苦手な方にもおすすめできるビーチです。

スミロン島でマッサージを楽しもう!

スミロン島ではマッサージを受けることもできます。デイユースを利用した方でもホテルでマッサージを受けることができますので、日頃の疲れを癒されてみてはいかがでしょうか?綺麗な海を見ながらマッサージを受けるなんて最高のシチュエーションです。是非ホテルでマッサージを体験してみてください。

スミロン島でのランチ

36135972 351700658691840 307757681186177024 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
margauxyao

スミロン島の中心部のレストランでランチビュッフェを楽しむことができます。食べるところがないと思ってオスロブでランチを済ませてしまうともったいないので、スミロン島でのランチを楽しみましょう。種類はそんなに多くはありませんが、マリンスポーツを楽しんだ後はおいしいランチを楽しみましょう。

スミロン島のベストシーズン

40473991 1086394991514951 1691950800626460620 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
isla_juventud

スミロン島を観光するのに一番おすすめのシーズンはいつなのでしょうか?実はスミロン島は一年中いつでも楽しむことができる島です。平均気温が26℃と年間を通して温暖な気候で、一年中海に入ることができる島です。フィリピンには雨季と乾季があるのですが、スミロン島にはありませんので、いつでもベストシーズンです。

スミロン島はオスロブでジンベイザメを見るツアーとの組み合わせが多いのですが、オスロブのジンベイザメも一年中見ることができますので是非セットで訪れてみてはいかがでしょうか?

Thumbフィリピンの気温や天気の特徴まとめ!旅行のベストシーズンや服装は?
7107もの島々からなる常夏の国フィリピンは西洋とアジアの文化が混ざり合う魅力的な国で毎年、...

スミロン島のホテル

41555104 171954907028987 3572637854502892737 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
its.haeri

スミロン島にはホテルが1軒しかなく、スミロン島の敷地の半分を占めています。スミロンブルーウォーターホテルというリゾートホテルで、なんと部屋数は15室しかありません。デイユースプランもやっているホテルで人気の観光スポットになっています。こちらのホテルは1泊2万5千円からと物価が安いフィリピンにしては高い高級ホテルです。

40220550 275230656422459 1787356663472569880 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
___itchyfeet___

全室コテージ付きで、そこから見る景色はとても美しく最高な時間を過ごすことができます。ハンモックが備え付けてあり、至るところにソファもありますのでゆっくりと過ごすことができます。ホテルに宿泊していない方やデイユースプランに参加されていない方はホテルの敷地内には入ることができません。

30923468 238666596690770 3492704719783067648 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
morgann.watkins

ブルーウォーターホテルは静かな場所に建っていて、周辺は緑にも囲まれていて、青い海が広がり、最高級のリゾートを満喫することができるホテルです。ホテルの設備をフル活用して、ゆっくりと南国のリゾートを楽しみましょう。ホテルはテントのタイプだとだいたい1泊が2万円前後で普通の部屋タイプは3万円前後と高めの料金設定です。

スミロン島に行く際の持ち物

スミロン島に行く際の持ち物をご紹介しましょう。スミロン島に行く際には手荷物を預けるところがありませんので、なるべく荷物のないように行きましょう。バスタオルはブルーウォーターホテルを利用した人しか借りられませんのでバスタオルは持参されていくことをおすすめします。もちろん、ホテルに宿泊される方はいりません。

ホテル宿泊以外の方で持っていくと便利な物をご紹介しましょう。スミロン島の日差しは強いのでラッシュガードを持参しましょう。日焼け対策にもなり、クラゲなどにも安心です。オスロブでのジンベイザメとシュノーケリングをする際には日焼け止めを塗るのが禁止されています。現地調達も可能なので是非着用しましょう。

スミロン島の海はとても美しいので、水中カメラがあると便利です。可愛いお魚たちを是非写真に収めてみませんか?水も持参しましょう。喉がかわいたり、シュノーケルの後にも便利なので出発前に準備しておきましょう。日本ではありえませんが、トイレットペーパーがないトイレが多いので、トイレットペーパーを持参されることもおすすめします。

車や船に弱い方は酔い止めも持参しましょう。車での移動距離も長く、ボートにも乗車するので、心配な方はあらかじめ飲まれて行かれることをおすすめします。酔い止めは現地でも買えますが出来れば日本から持参される方が安心です。

デイユースプランの利用方法

32346784 1929744173743772 9078006334690951168 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mark.casabuena

ブルーウォーターホテルのデイユースプランを利用したい方のために利用方法をご紹介しましょう。まず、デイユースを利用したい場合には、事前予約をするか、当日ボート乗り場に直接行く方法があります。インターネットで事前予約が出来るのですが英語のサイトしかありませんので、英語が苦手な方は日本の旅行会社のツアーを利用しましょう。

32861616 173038433329338 4790015654717554688 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mark.casabuena

事前予約で他にも様々なアクティビティを予約することができますので、ダイビングやイルカウォッチングなど予約したい方は一緒に予約もできます。デイユースプランを利用される方は、セブ南バスターミナルからバスに乗ってsumilon blue water pierで降りましょう。オスロブよりも手前なので通り過ぎないように注意して下さい。

41951924 244774962904302 3188129722490463367 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
iamglaizaurriza

バスは港の前で降ろしてくれますので、そこからボートに乗ってスミロン島に行きましょう。デイユースプランには往復のボートの送迎も含まれていますので、英語で料金交渉をしなくても良いのが安心です。バスの時間は変わっている場合もあるので、時間を確認しましょう。

スミロン島に行くツアー

42977545 517521308726544 2484402833470987441 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
mukenta

一番安心でスミロン島に行きやすい方法はスミロン島のツアーで行く方法です。一番人気なのはオスロブでジンベイザメと泳いでその後にスミロン島を訪れるというツアーです。このツアーは一度に両方の人気スポットを回れますのでおすすめです。朝5時の出発なので少々ハードですが一日を有効に使えますので頑張って早起きしましょう!

ジンベイザメは朝しか海岸の近くに来ませんので、オスロブに11時までくらいには到着しないといけません。そうなると、セブ島市内からは朝5時出発でないとジンベイザメには会えませんので頑張って早起きをしてください。マクタン島に滞在されている方はさらに早く、4時半には出発になります。日本語を話せるガイドさんがホテルまでお迎えに来てくれます。

3時間半くらいバスに乗るとオスロブに到着します。これだけ長い時間バスに乗るので早朝出発でも仮眠をとることができます。オスロブに到着したらジンベイザメについて短いレクチャーを聞きます。日本語で書かれた紙もありますので安心です。9時半くらいから早速ジンベイザメに会いに行きます。

ジンベイザメが続々やってきて圧倒されてしまいます。日本では水族館でしかお目にかかれないのでゆっくりとジンベイザメを観察してみましょう。大体30分くらい遊泳します。10時くらいになるとシャワーを浴びて次の目的地であるスミロン島に向かいます。オスロブからスミロン島までは船で15分くらいで到着します。

スミロン島までのボートもとても気持ちが良く、絶景を見ながら移動することができますので、途中の景色をお楽しみ下さい。10時半くらいにスミロン島に到着しますのでゆっくりとリゾートを満喫してください。スミロン島ではビーチでのんびり過ごしたりシュノーケリングを楽しんだりすることができます。

12時くらいにスミロン島を出発し、オスロブに到着したらランチを食べます。ガイドさんが案内してくれるレストランではフィリピン料理を楽しめますのでご当地グルメを堪能してください。ランチが終わるとセブ島の市内に向かいます。また3時間半くらいバスで揺られますのでお昼寝したりガイドさんと会話を楽しんでみてください。

18時くらいにセブ島のホテルに到着します。早朝から長い一日ですが、とても充実した素敵な経験ができたことでしょう。

スミロン島に行くツアー料金

41861352 2126372384091974 7561426118594230487 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
al.geba

こんなに至れりつくせりのスミロン島に行くツアーですが、気になるのはツアー代金です。一番人気のツアーであるジンベイザメをスミロン島のルアー代金は一人19000円から22000円とかなりお高めです。フィリピンは物価が安いイメージですが、こちらのツアーは料金が高いと感じる方もいるかもしれません。

しかし、ジンベイザメとスミロン島を別々に訪れると3万円以上はしますので、セットになったツアーを利用すると割安になりお得です。時間も有効に使えて料金もお得なので一石二鳥です。ツアー代金に含まれているのは往復の送迎代と日本人のガイド代、オスロブ入場料、シュノーケル代、スミロン島までのボート代です。これだけ含まれているのでお得です。

スミロン島でリゾートを満喫しよう!

いかがでしたでしょうか?スミロン島は透明度抜群の海が広がり、一度訪れた人は虜になってしまう島です。オスロブのジンベイザメと泳いでスミロン島に行くツアーはおすすめのコースです。セブ島を訪れた際には是非スミロン島まで足を運んでみてリゾートを満喫しましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ