行田名物ゼリーフライの正体とは?由来や食べれるお店を徹底リサーチ!

埼玉県行田(ぎょうだ)市は、2017年冬の人気ドラマ「陸王」の聖地で、観光名所として人気がある場所です。そんな行田の名物と言えば、ゼリーフライです。ゼリーを揚げたものなのでしょうか?どんなグルメなのでしょうか?行田名物ゼリーフライの正体をリサーチしました。

行田名物ゼリーフライの正体とは?由来や食べれるお店を徹底リサーチ!のイメージ

目次

  1. 1行田にはゼリーフライなるものがある!
  2. 2行田のゼリーフライとは?
  3. 3行田のゼリーフライはなぜできた?
  4. 4行田のゼリーフライの名前の由来
  5. 5行田市ってどんなところ?
  6. 6行田のゼリーフライはゆるきゃらにも
  7. 7行田でゼリーフライを食べることができる店1「えんまん堤」
  8. 8行田でゼリーフライを食べることができる店2「かどや豆腐店」
  9. 9行田でゼリーフライを食べることができる店3「蕎麦忠次郎蔵」
  10. 10行田でゼリーフライを食べることができる店4「珈琲苑」
  11. 11行田でゼリーフライを食べることができる店5「肉のヒラノ」
  12. 12行田でゼリーフライを食べることができる店6「ときわ肉店」
  13. 13行田でゼリーフライを食べることができる店7「かねつき堂」
  14. 14行田でゼリーフライを食べることができる店8「駒形屋」
  15. 15行田でゼリーフライを食べよう!

行田にはゼリーフライなるものがある!

12751626 1554892774821723 1242501472 n
yasunori0210

埼玉県の北の方に位置する行田(ぎょうだ)市。ここは、1949年に誕生した市です。行田には、有名グルメ「ゼリーフライ」なるものがあります。行田で生まれた人たちは、このゼリーフライを食べて育ったと言うほど、行田では有名です。そんなゼリーフライの正体をリサーチしましたので、ご紹介します。

行田のゼリーフライとは?

ゼリーフライ、名前だけ聞くと、色々な味のゼリーに小麦粉を付けて、卵をくぐらせ、パン粉を付けて揚げる。そんな奇妙なデザートなのかと思いきや、ゼリーは使われておらず、全く別のものです。使われているのは、茹でたジャガイモ、茹でた人参、炒めた玉ねぎ、おからです。その全てを混ぜて、片栗粉を付けて焼いた食べものです。

23417018 745444705656513 6973863893164621824 n
shibachico

簡単に言えば、おからコロッケです。でもコロッケは、パン粉を付けて揚げるので、これは、衣の付いていない焼きおからコロッケと言うべきでしょうか。人によっては、野菜揚げまんじゅうとも言うようです。焼いた後、最後にソースにくぐらせるので、ソースの香りが食欲をそそり、もちもち感が病みつきになるほど美味しいゼリーフライです。

21910809 464513187281961 2157403240042332160 n
mizuki_ijust

このゼリーフライが、行田に登場した詳細は分かっていませんが、明治後期には、ゼリーフライが確認されていて、戦後から登場していることは分かっています。このゼリーフライ、1つ100円から150円と単価が安く、子どもたちでも気軽に買うことができるので人気で、行田で育った子供は、ゼリーフライを食べて育ったという人も多いようです。

26151491 521697701520471 9193792579907354624 n
yakkoyaya

ゼリーフライは、行田では、色々なお店で販売されています。ほとんどが同じ材料ですが、大きさ、味付け、揚げ、揚げ具合、揚げずに焼き、ソースの味、具のしっとり感と、お店それぞれの特徴が違います。どんなタイプのゼリーフライも大好きという人もいれば、好みを分ける人もいます。ぜひ、食べ比べはおすすめです。

たまに埼玉県民はゼリーフライを食べて育ったと言われたりしますが、「行田市付近の市民は」と言った方が正解です。埼玉県民でも知らない人が多く、ゼリーフライなんて聞いたことも見たこともないという人もいます。かなり狭い範囲、行田限定の有名なグルメですので、ぜひ行田に訪れた時は、ゼリーフライを味わうのはおすすめです。

Thumb埼玉の名物&グルメを選りすぐり!人気料理やお土産を観光前にチェック!
埼玉県では古くからある伝統的な名物やグルメの他に、毎年「B級ご当地グルメ王決定戦」が開かれて...

行田のゼリーフライはなぜできた?

19227200 1733277936963442 3177362388345159680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mi_na0608_0219

埼玉県行田市で有名になったゼリーフライの由来は、中国の野菜まんじゅうです。今は閉店されていますが、行田市持田で営業していた「一福茶屋」の主人が、戦争で中国へ従軍した時に、現地で食べた野菜まんじゅうの作り方を学び、日本でその野菜まんじゅうをもとに、行田風にアレンジし、販売したことが由来と言われています。

行田のゼリーフライの名前の由来

ゼリーをフライしたものではない「ゼリーフライ」、名前の由来は、諸説あります。有力な由来は、この揚げもの、「銭布来(ぜにふらい)」と呼ばれていて、その呼び方がなまって「ゼリーフライ」となったという由来です。まずは、このゼリーという名前の由来ですが、銭の形であることから由来していると言われています。

12930742 1738349303113969 1741027931 n
kay_h124

次は、フライですが、パン粉を付けて揚げてもないのに、なぜフライなのでしょうか。これも、由来は定かではありませんが、中国から持ち帰った野菜まんじゅうの名前を考えた時、行田周辺の名産の布から由来、布来(ふらい)と名づけたという説があります。布来と書き、ふらいと呼ばれ、カタカナのフライになったと考えられています。

13414384 254957728214009 1062334549 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
enchobi

このゼリーフライ、略すことはできません。この行田には、「フライ」という、行田グルメも存在します。フライは、一見チヂミのようなグルメです。このフライの名前の由来は、はっきりしています。古沢商店の初代店長が、1925年(大正14年)に足袋工場で働く女性に出したおやつ、フライパンで焼いたものが、名前の由来です。

11419005 864126450348167 1910783976 n
rukahiii

フライパンで焼いたものを略し、フライ焼き、そして、今のフライへと省略されています。そして、今では、行田フライと商標登録されています。足袋工場の発展と共に広まっていったことから、布が来ると書いて「布来」、また旅工業に富をもたらしたことから「富来」と当て字が使われることもあったようです。

行田市ってどんなところ?

10299808 1913446615575830 440632996 n
senba1008

この「銭布来」が由来のゼリーフライは、行田観光の時に興味津々で食べる人が多くいます。埼玉県行田市は、日本では珍しい、飛び地が存在し、歴史が深いエリアです。行田市は、万葉集には、「さきたまの津」、風土期には、「武蔵国埼玉郡」とあり、埼玉県という地名の発祥の地とも言われています。

21827165 2073623262859816 933656895795757056 n
delft.ajirusa

室町時代には、忍城が築かれ、今でも残っていて、映画「のぼうの城」で舞台となり、観光スポットとして人気があります。この忍城の近くにもゼリーフライのお店があります。また、江戸時代中期より、足袋の生産が始まり、2017年冬ドラマ「陸王」でも扱われたように、今でも足袋は有名です。

22069758 358669754574589 4896964781384138752 n
yokotantanmen398

また2007年から毎年、行田の水田には、田んぼアートが出現します。田んぼアートとは、田植えの時に米の種類を調整し、稲が段々と成長して、穂が実る、その過程でアートが出来上がるアートです。7月始めあたりから徐々に姿を現し、10月に見頃を迎え、大勢の人が田んぼアートを見に訪れ、噂のゼリーフライを食べて帰る人が多くいます。

Thumb埼玉県の観光スポット大特集!おすすめの穴場から定番スポットまで完全網羅!
東京のベットタウンでもあり、美しい自然が数多くある埼玉県。今回は、埼玉県の観光スポット大特集...

行田のゼリーフライはゆるきゃらにも

25010347 506985106361375 4033847118492860416 n
chibi.4262

埼玉県行田市には、ゆるキャラがいます。「こぜにちゃん」と「ふらべぇ」です。埼玉県行田市商工観光課所属で、「ゼリーフライ」と「フライ」のゆるキャラとして、全国ブランド化を目指して頑張っています。行田のイベントに登場しますし、ゼリーフライやフライの露店も出ます。ゆるキャラに出会った時は、ハグしてあげて下さい。

行田でゼリーフライを食べることができる店1「えんまん堤」

行田にある「石田堤史跡公園」から北へ、徒歩約5分の場所にある「えんまん堤」でも、ゼリーフライを食べることができます。最寄り駅は、高崎線「吹上駅」で、車で東へ約10分の場所にあります。ここは、公共交通機関ではアクセスしにくいため、車で石田堤(いしだつつみ)を観光に来た人たちに人気があるお店です。

ここは、定食屋です。アットホームな店内に、B級グルメに加え、日替わり定食などがメニューに並んでいます。えんまん堤のゼリーフライは、揚げてあります。カリカリに揚げてあるので、カリッモチッとした食感が絶妙です。ゼリーフライを食べて、外がカリカリしていた方がいいなと思っている人におすすめです。

住所:埼玉県行田市堤根898-2
電話番号:048-556-5507

行田でゼリーフライを食べることができる店2「かどや豆腐店」

秩父鉄道の行田市駅から東へ、徒歩約5分の場所にある「かどや豆腐店」は、ゼリーフライを食べることができるお店として有名です。ここは、豆腐屋です。ゼリーフライは、おからを使っているので、新鮮なゼリーコロッケを食べることができます。味はあっさりですが、揚げてあるのでこってりしているゼリーフライです。

11809847 764792530298204 1544600532 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
michiooooo

かどや豆腐店は、行田在来の青大豆を使っている豆腐でも有名で、青大豆のおからが入っている可能性も大きいゼリーフライです。かどや豆腐は、味のバリエーションも豊富で、どっしりとしたゼリーフライが食べたい人には、おすすめです。さすが豆腐屋、朝6時から開いています。日曜日は定休日なのでご注意下さい。

住所:埼玉県行田市宮本6-6
電話番号:048-556-3908

行田でゼリーフライを食べることができる店3「蕎麦忠次郎蔵」

20759674 125210651441878 9201561832148434944 n
gyoda_city_tourism_association

秩父鉄道行田市駅から南西へ、徒歩約5分の場所にある「蕎麦忠次郎蔵」でも、ゼリーフライを食べることができます。行田は、城下町。そして、足袋の町でもあり、足袋の蔵がありますが、役目が終えている蔵がほとんどです。この「蕎麦忠次郎蔵」は、その中の一つの足袋の蔵、忠次郎蔵をリノベーションし、蕎麦屋として生まれ変わりました。

国の有形文化財として登録されているこの蔵を保全するために蕎麦屋を始めた忠次郎蔵。蕎麦が美味しいと人気で、蕎麦と共にゼリーフライを注文することができます。ここのゼリーフライは油で揚げてあります。ゼリーフライを食べ比べしている人から、ここのゼリーフライは美味しいと名前が挙がる蕎麦屋で、おすすめです。

住所:埼玉県行田市忍1丁目4-6
電話番号:048-556-9988

行田でゼリーフライを食べることができる店4「珈琲苑」

行田市駅から北へ、徒歩約10分の場所にある「珈琲苑」は、ゼリーフライを食べることができるお店として、昔から有名で、昭和のにおいを感じる、アットホームなカフェで、ゼリーフライを食べることができますし、お持ち帰りも可能で、水城公園へ行く途中に気軽に食べることができ、おすすめです。

住所:埼玉県行田市忍2丁目4-7
電話番号:048-554-9856

行田でゼリーフライを食べることができる店5「肉のヒラノ」

18512688 1881601362113764 861584389631377408 n
hiss1991koba

水城公園の北の出入口から東へ、徒歩約5分の場所にある「肉のヒラノ」は、ゼリーフライを食べることができるお店として、昔から有名です。正式には「平野精肉店」です。精肉店としてお肉そしてお総菜も作ってくれるので、地元の人達に人気のお店です。そのお総菜の中に、ゼリーフライがあります。

10817857 317226998485907 767993663 n
monoprixgourmet

肉のヒラノは、店内に揚げたものは無く、注文が入ってあげてくれるので、揚げたてを食べることができます。おからのモサッとした感じが少し強めのゼリーフライで、しっかりと上げてあります。甘めのソースにサッとくぐらせてあり、安くて美味しいゼリーフライで、お腹を見たしたい人におすすめです。

住所:埼玉県行田市佐間1丁目9-10
電話番号:048-556-0448

行田でゼリーフライを食べることができる店6「ときわ肉店」

14310806 1783855748520660 225069831 n
hmrmt

水城公園西出入口から西へ、徒歩約2分の場所にある「ときわ肉店」で、ゼリーフライを食べることができます。以前はお肉屋だったお店ですが、今は、イートインスペースもあるフライ屋となっています。ときわ肉店のゼリーフライは、揚げてあるのに、柔らかくて、ちょっと間違うとホロっと崩れてしまいますので、ご注意ください。

ときわ肉店では、変わった味のゼリーフライを食べることができます。醤油、かぼちゃ、チョコバナナです。普通はソースにくぐらせますが、コロッケを食べる時、ソース派、ケチャップ派、醤油派と分かれるでしょう。コロッケで醤油味はなかなか無いので、コロッケは醤油派という人たちには、ときわ肉店のゼリーフライがおすすめです。

住所:埼玉県行田市城南4-10
電話番号:048-556-3987

行田でゼリーフライを食べることができる店7「かねつき堂」

24838589 211976686012198 267481363374931968 n
cappuccino4623

忍城から北へ、徒歩約2分の場所にある「かねつき堂」は、ゼリーフライを食べることができるお店として、昔から有名です。忍城から移築された本物のお堂があります。鐘自体は、忍城にある「行田市郷土博物館」にあります。このお店についてすぐ目に付くのが、ゼリーフライ。ゼリーフライなるものを知らない人もここで知ることになります。

店内も田舎の食堂の雰囲気を醸し出し、良い雰囲気です。メニューには、ゼリーフライ1人前2個となっています。ゼリーフライを知っていて、慣れている人は、2個ペロリと食べてしまいます。もしゼリーフライは初めてで、2個も食べられないかもと思う時は、相談してみて下さい。状況によって、可能な時があります。

16583970 1283802278379126 3424524098233958400 n
aya_suzu43

かねつき堂のゼリーコロッケは、クリーミーでもちっとしていて美味しいと人気で、おすすめです。ゼリーが入っていないと言いながら、隠しでゼリーを入れているのでは?と思う程クリーミーです。お店の人に聞いてもゼリーは一切入っていません。普通のおから自体はボソッとして、食べにくいですが、このゼリーフライは食べやすく、おすすめです。

住所:埼玉県行田市本丸13-13
電話番号:048-556-7811

行田でゼリーフライを食べることができる店8「駒形屋」

25038650 1542389739141463 8552894948658118656 n
ykhn_a

忍城東出入口から南へ、徒歩約5分、また水城公園北の出入口から西へ、徒歩約3分の場所にある「駒形屋(こまがたや)」は、ゼリーフライを食べることができるお店として、昔から有名です。以前は、水城公園東に店舗がありましたが、今は移転されて、忍城と水城公園、両方からアクセスしやすい場所にあります。

23101779 1937082589945400 9060056283381497856 n
chan_moriiii

前は、水城公園近くに40年以上続いていた駒形屋。観光に来た人たちや、地元の子ども達が自転車で寄って、遊び途中でおやつとして買っていたお店が、この駒形屋という人が多くいます。公園でも食べやすいように、割りばしに刺さっているのがポイントで、移転した今でも割りばしに刺さっていて、手軽に食べることができます。

駒形屋のゼリーフライは、揚げてあります。揚げてありますが、意外にあっさりで、カリカリではなく柔らかい食感です。そして、小ぶりなので、あっという間に完食してしまいます。昔の建物での営業はされていませんが、新しい店舗で、昔と変わらない味や食感を守り、営業しています。昔懐かしいゼリーフライを味わいたい人におすすめです。

住所:埼玉県行田市本丸22-47
電話番号:049-244-4711

行田でゼリーフライを食べよう!

22280857 2027466404150345 223052164375773184 n
g.g6128t19

埼玉県の中でも、行田という狭いエリアで有名なゼリーフライ。ヘルシーで栄養満点、美味しくて安い、B級グルメです。ここでは紹介できなかったゼリーフライを食べることができるお店もあります。手軽に食べることができるので、食べ比べもおすすめです。行田へ訪れた際は、ぜひゼリーフライを食べましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
しい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ