トラピスチヌ修道院の魅力に迫る!クッキーはお土産に大人気でおすすめ!

函館と言えば五稜郭タワーや夜景で有名ですが、現在も修道女が共同生活を送る「トラピスチヌ修道院」も有名です。「トラピスチヌ修道院」でしか手に入らない修道女の手作りクッキー等のお菓子は大人気でお土産にピッタリです。ここでは「トラピスチヌ修道院」の魅力に迫ります!

トラピスチヌ修道院の魅力に迫る!クッキーはお土産に大人気でおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1神聖なるトラピスチヌ修道院へ行ってみよう!
  2. 2函館のトラピスチヌ修道院の歴史
  3. 3函館のトラピスチヌ修道院の修道女の日課
  4. 4函館のトラピスチヌ修道院の大天使聖ミカエルの像
  5. 5函館のトラピスチヌ修道院の慈しみの聖母マリア
  6. 6函館のトラピスチヌ修道院の旅人の聖堂
  7. 7函館のトラピスチヌ修道院のルルドの聖母
  8. 8函館のトラピスチヌ修道院の聖テレジアの像
  9. 9函館のトラピスチヌ修道院のジャンヌ・ダルクの像
  10. 10函館のトラピスチヌ修道院の司祭館と聖堂
  11. 11函館のトラピスチヌ修道院の入会者の門
  12. 12函館のトラピスチヌ修道院の天使園
  13. 13函館のトラピスチヌ修道院の交通アクセス
  14. 14函館のトラピスチヌ修道院の基本情報
  15. 15神聖なるトラピスチヌ修道院の魅力を追求しよう!

神聖なるトラピスチヌ修道院へ行ってみよう!

21149372 341133126336567 1770528619131568128 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
code.mn

北海道の函館には、フランスより派遣された8人の修道女により創立された、日本初の女子観想修道院の「厳律シトー会天使の聖母トラピスチヌ修道院」があります。そして、現在も修道女の方々が自給自足の共同生活を送りながら毎日の日課である祈り・労働・聖なる読書をしています。そんな神聖なる「トラピスチヌ修道院」へ行ってみましょう!

函館のトラピスチヌ修道院の歴史

パリ外国宣教会のアンドレ・ベルリオーズ司教が1893年、函館70ヘクタールの土地を手に入れて旧孤児院を建てたことが「トラピスチヌ修道院」の始まりです。そして1898年、8人の修道女の方々がフランスから派遣されてきて、「トラピスチヌ修道院」は日本初の女子観想修道院として創立されたのでした。

函館山と函館の市街地の間に位置する「トラピスチヌ修道院」は市街地を見下ろす様に高台に建っています。当時木造だった「トラピスチヌ修道院」は1903年明治36年に1夜の嵐により崩壊してしまいました。その後、1913年迄に2階建てでレンガ造りの本館正面棟と聖堂が完成しましたが、1925年に起きた火災により両方共に焼失してしまいました。

21984942 701188536742256 8665494130572394496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hiroyuki2526

現在、見る事が出来る「トラピスチヌ修道院」は、ローマ教皇ピオ11世による義援金や他の修道院からの寄付金により1927年昭和2年に再築された物で、見学可能な前庭や売店、資料室等が建てられ現在に至ります。「トラピスチヌ修道院」の資料室では、院内での修道女の方々の共同生活の様子や「トラピスチヌ修道院」の歴史等が見学出来ます。

函館のトラピスチヌ修道院の修道女の日課

13188210 1730623730556243 1964630892 n
shinsaku2001

共同生活を送る「トラピスチヌ修道院」の修道女の日課は祈り・労働・聖なる読書で成り立っています。毎日3時半に起床し19時45分に就寝する迄に計7回祈りを捧げます。また修道女は生計を立てる為に「トラピスチヌ修道院」のお土産として人気のマダレナケーキやクッキーを作っています。前庭と売店・資料室は一般の人も入って見学出来ます。

「トラピスチヌ修道院」はイタリア、ローマのカトリック修道会の厳律シトー会に属する修道院で天使園とも呼ばれています。農作業で自給自足の共同生活を送る修道女は、1日3回の「お告げの鐘」の時にはどこにいても立ち止まり厳かな空気の中「お告げの祈り」を捧げ神と人々に奉仕します。「トラピスチヌ修道院」の見学は普段は外観のみです。

函館のトラピスチヌ修道院の大天使聖ミカエルの像

26066358 396482307465820 4743098952394473472 n
sorauminan

敷地内に入るとフランスから送られた「大天使聖ミカエル像」が出迎えます。1549年天文18年、日本に初めてキリスト教を伝えた聖フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸しました。薩摩藩主であった島津公から宣教の許可を得た9月29日が聖ミカエルの祝日だったので、フランシスコ・ザビエルは聖ミカエルを日本の保護者と定め宣教を始めました。

函館のトラピスチヌ修道院の慈しみの聖母マリア

25009704 225849267954309 1623263051069259776 n
shizuka_flower

レンガ造りの「トラピスチヌ修道院」の聖堂の方へ進むと純白の聖母マリアの像が優しく包み込むように両手を広げて立っています。この聖母マリアの像は、フランスのラ・トラップ修道院のマリー・ベルナルド神父が作った物で、全ての人を平等に優しく迎え入れる姿をしているので「慈しみの聖母マリア」と呼ばれ有名な観光スポットとなっています。

23164815 1940711476166974 3006399213673119744 n
jazz_inst

聖母マリアは、クリスマスの日に誕生したイエス・キリストの生みの親で、カトリック派ではイエス様よりもシンボルとして教会や修道院に使用されています。聖母マリアは、ナザレのヨセフの妻であり、ヨアキムとアンナの娘でした。同じキリスト教でもメソジスト派等はカトリック派と異なり、聖母マリアよりイエス様をシンボルとして使用します。

函館のトラピスチヌ修道院の旅人の聖堂

12角形の小さな建築物である「旅人の聖堂」は、巡礼する方が祈ったり瞑想したりして静かに過ごせるように、2000年の大聖年を記念して造られました。「旅人の聖堂」の中には祭壇やオルガン等もあり、小さなグループでミサを捧げる事も出来ます。「旅人の聖堂」の中の見学は出来ますが、写真撮影は禁止となっていますので注意して下さい。

函館のトラピスチヌ修道院のルルドの聖母

13703134 1751984945053102 998686450 n
e1j1__x421

「トラピスチヌ修道院」には南フランスの「ルルドの洞窟」がモデルである「ルルドの聖母」の2体の像があり、「トラピスチヌ修道院」の見所となっています。この「ルルドの洞窟」の由来は、1858年に14歳の田舎娘ベルナデッタ・スビルーの前に聖母マリアが18回に渡りルルド近隣のマッサビエルの岩窟に現れ、泉を掘る様にお告げを告げました。

14726370 1064667580312935 8064134224493412352 n
7777hidechii

そして、ベルナデッタの掘り当てた泉は、さまざまな病気を治癒したと言い伝えられています。この「ルルドの聖母」でひざまずき、聖母マリアを見上げているのがベルナデッタです。泉の水によりさまざまな病気を治療でき、心身の病を癒す事が出来るという言い伝えが広まり、多くの教会や修道院に「ルルドの聖母」が造られるようになりました。

函館のトラピスチヌ修道院の聖テレジアの像

21879319 350033482107066 3606899288774279168 n
mone_1214

フランスから1936年に贈られた「聖テレジアの像」は「幼きイエスの聖テレーズ」として知られます。フランス生れの彼女の本名は「テレーズ・マルタン」で、カルメル会修道院に15歳で入会した彼女の修道名は「幼きイエスと尊い面影のテレーズ」でした。彼女は「小聖テレーズ」「小さい花」「小さい聖人」とも呼ばれ現在も親しまれています。

22430456 134258730555986 4958082539668373504 n
muhutianzhuoye

24歳の若さにして結核に侵されこの世を去ったテレーズは、その生涯をひたすら神に捧げ、カルメル会修道女として徳を磨きました。見学出来る「聖テレジアの像」が胸に抱いている十字架には、テレーズが亡くなる前に残した最期の言葉の「私が天に昇りましたら、地上にバラの雨を降らせましょう」からきている美しい薔薇の花が飾られています。

函館のトラピスチヌ修道院のジャンヌ・ダルクの像

14624741 587368518133729 6896670862565441536 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tetsutabist

聖堂の壁の前に立つ旗と剣を持つ女性の像は、フランスから送られた「聖女ジャンヌ・ダルクの像」です。フランスの百年戦争でフランス軍と共に戦いオルレアンをイギリスから解放する等の功績を残した「ジャンヌ・ダルク」は、敵国の英国に捕らえられ聖職者でもないのに神の声を聞いたとは魔女だと、不当な宗教裁判にかけられ火刑にされました。

フランスが百年戦争で勝利した3年後、彼女が処刑されて25年後に再びシャルル7世により復権裁判が行われ名誉が回復されました。そして自分の命を神と人々の為に捧げた「ジャンヌ・ダルク」は聖女とされ「聖女ジャンヌ・ダルク」と呼ばれるようになりました。現在は、永遠のヒロインとなった彼女を修道女のシンボルとして見学する事が出来ます。

函館のトラピスチヌ修道院の司祭館と聖堂

22802796 140558926586337 9072941919708905472 n
burio0822

「トラピスチヌ修道院」の左側の建物は1913年の大正2年に建てられた「司祭館」です。男子のトラピスト修道院や司教の任命により修道女の信仰生活の指導の為、司祭方が派遣されます。「司祭館」の右手にある丸みを帯びた部分が、修道女が毎日ミサと7回の祈りを捧げる神聖な場所の「聖堂」です。この「聖堂」が修道院の中心部となっています。

ミサや祈りを初める時、仕事の終わりの時などの時間に、屋根の上にある「鐘楼」の大小2つの鐘が鳴らされます。「聖堂」に普段は一般の人は入れませんが、キリストの誕生を祝う祭式である「クリスマスミサ」の時には、一般市民や観光客も入る事ができてミサに参加する事ができます。この日は、修道女の方々が自分の家族に会える日でもあります。

函館のトラピスチヌ修道院の入会者の門

「トラピスチヌ修道院」の司祭館の右側にあるレンガの塀に「入会者の門」と呼ばれる小さな白い門があります。修道院に入会し修道女となり、神と人々への奉仕に一生を捧げる事を望む女性が入会を認められた後、一番最初にくぐる門となっています。修道院の証明玄関はこの奥にあります。壁と柵に囲まれた聖域には一般の人は入る事が出来ません。

函館のトラピスチヌ修道院の天使園

20986823 725672710977124 2447709094715326464 n
shirou_bmw

「慈しみの聖母マリア」の右手に資料館と売店が併設された建物が建っています。資料館には「トラピスチヌ修道院」の歴史や修道女の日常生活について、修道服の違い等の資料が展示されており自由に見学する事が出来ます。修道女が生計を立てる為に売店で販売しているお菓子類や手工芸品等は全て修道女の祈りと労働の実りで手作りとなっています。

22801933 172321010019433 4148554364845293568 n
odasato

「トラピスチヌ修道院」の売店には、修道女の手作りの大人気マダレナを始め、クッキーやバター飴等もお土産の人気商品として販売されています。人気の手作りクッキーは、バターのいい香りがするサクサク美味しいクッキーで、クッキーの材料は小麦粉にバター、砂糖のみとなっています。クッキーの料金は6個入り300円でお土産に最適です。

23164651 360660351022486 5474582292934426624 n
ribbon_haduki

人気のマダレナの料金は6個入りで850円です。修道女が心を込めて作る、絹の様にきめ細かいマダレナは、優しい味でお土産にピッタリです。クッキーの袋には「神様があなたを祝福し豊かな恵みで満たしてくださいますように」、レシートには「しあわせをおいのりいたします」と、有難いメッセージが入っいるのもお土産として大人気の理由です。

パッケージに修道院の外観の入った料金300円のホワイトチョコレートもお土産に最適です。110グラムで料金250円のバター飴も人気の手作り商品で売れ切れとなる時もあるようです。資料館と売店は勿論見学や入館が出来ますが、撮影禁止となっているので注意が必要です。ここでしか手に入らないお土産にピッタリのお菓子や手工芸品おすすめです。

函館のトラピスチヌ修道院の交通アクセス

20214423 145226712723386 2016991177064054784 n
rrikido

バスの場合は函館駅前のバスターミナル4番乗り場から乗車しバス停「トラピスチヌ前」で下車します。所要時間は約35分です。そこから徒歩にて約10分です。車の場合は函館空港からアクセスすると約5分、JR函館駅からアクセスすると約25分です。駐車場は料金300円のトラピスチヌ正面駐車場と、料金200円のはこだて市民の森駐車場があります。

20481834 1206782982760490 6584913012048527360 n
funfoodlover

はこだて市民の森駐車場から「トラピスチヌ修道院」の正面までは少し歩きますが、はこだて市民の森の売店には、コーヒー味がしっかりとする美味しい料金400円のプレミアムエスプレッソコーヒーソフトクリームと、料金350円の北海道ソフトクリームがあります。しかし「トラピスチヌ修道院」には、持ち込んで食べれないので気を付けて下さい。

「函館駅前」や「五稜郭タワー前」等を経由し、「トラピスチヌ修道院前」や「函館空港」まで通っている便利なシャトルバスも出ています。そしてシャトルバスを利用すると美味しい料金350円の北海道ソフトクリームの50円割引券が貰えます。シャトルバスのバス停は、「トラピスチヌ修道院」の正門のすぐ近くにあるのでとても便利です。

函館のトラピスチヌ修道院の基本情報

「トラピスチヌ修道院」の開館時間は4月21日から10月31日迄が8時から17時迄で、11月1日から4月20日迄が8時から16時半迄です。休館日は12月30日から1月2日迄と工事などの臨時閉門です。入館料金は無料で、ペットは入館出来ません。「トラピスチヌ修道院」への問い合わせは「トラピスチヌ修道院売店」迄で、電話番号は下記の通りです。

住所:北海道函館市上湯川町346
電話番号:0138-57-3331

神聖なるトラピスチヌ修道院の魅力を追求しよう!

23596204 511244232577123 8635992451187736576 n
kagari.watanabe

殆どの人が神道と仏教徒である日本人には、キリスト教の「トラピスチヌ修道院」は異国感漂う不思議な魅力を持つ場所に見えるかもしれません。自分の人生を神と人々の為に捧げる修道女の方々の様になかなか生きられる物ではありません。神聖なる厳かな空気の中で、キリスト教の「トラピスチヌ修道院」の魅力を追求しに行ってみませんか?

Thumb函館の観光スポット総集編!おすすめのモデルコースから穴場まで一挙紹介!
北海道で3番目に多い人口を誇る函館市のおすすめ観光スポットを集めました。年間を通して500万...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ