渡良瀬遊水地&谷中湖の見どころ!周辺の観光スポットや駐車場も紹介!

栃木・群馬・埼玉・茨城にまたがる「渡良瀬遊水地」は、自然があふれる広大な敷地内にハートの形をした谷中湖などたくさんの見どころがそろっています。渡良瀬遊水地と谷中湖の見どころや、あわせて楽しめる周辺の観光スポットをご紹介していきます。

渡良瀬遊水地&谷中湖の見どころ!周辺の観光スポットや駐車場も紹介!のイメージ

目次

  1. 1渡良瀬遊水地&谷中湖と周辺の見どころをご紹介!
  2. 2渡良瀬遊水地の見どころ
  3. 3渡良瀬遊水地と谷中湖へのアクセス
  4. 4渡良瀬遊水地と谷中湖の駐車場
  5. 5渡良瀬遊水地と谷中湖の利用時間
  6. 6渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ1:湖ゾーン
  7. 7渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ2:谷中村史跡保全ゾーン
  8. 8渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ3:子供広場ゾーン
  9. 9渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ4:浸水多目的ゾーン
  10. 10渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ5:スポーツゾーン
  11. 11渡良瀬遊水地周辺の観光スポット1:渡良瀬遊水地湿地資料館
  12. 12渡良瀬遊水地周辺の観光スポット2:野木ホフマン館
  13. 13渡良瀬遊水地周辺の観光スポット3:道の駅きたかわべ
  14. 14渡良瀬遊水地周辺の観光スポット4:三県境
  15. 15渡良瀬遊水地&谷中湖と周辺に遊びに行こう!

渡良瀬遊水地&谷中湖と周辺の見どころをご紹介!

栃木県の南端に位置する「渡良瀬遊水地」は、広大な敷地で自然と親しむ事ができる人気のスポットです。中でも、ハートの形をした「谷中湖」にはさまざまな施設がそろっていて、子供から大人まで楽しむ事ができます。渡良瀬遊水地と谷中湖の見どころと、周辺の観光スポットをご紹介します。

渡良瀬遊水地の見どころ

41938425 146250512992935 9012803426157557953 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
tetsuo0109

面積が約33キロ平方メートル、周囲の延長は約30kmの広大な敷地を持つ「渡良瀬遊水地」は栃木県の南端にあり、栃木・群馬・埼玉・茨城の4つの県にまたがる場所に位置しています。さまざまな動植物が生息する自然があふれる場所となっていて、緑豊かな自然を満喫する事ができます。

17265952 152336728621449 8080275781038637056 n
shou1008

渡良瀬遊水地では、広大なヨシ原が見どころのひとつとなっています。季節ごとにさまざまな表情を見せ、中でも毎年3月下旬におこなわれる、枯れたヨシなどを焼いて害虫を駆除する「ヨシ焼き」は圧巻です。渡良瀬川の川沿いや桜が咲き誇る桜づつみでの散策もおすすめです。自然を満喫しながらゆったりと過ごしましょう。

また、渡良瀬遊水地にあるハートの形をした「谷中湖」も見どころのひとつとなっています。谷中湖については別の項目で詳しくご紹介していきます。

渡良瀬遊水地と谷中湖へのアクセス

渡良瀬遊水地に電車でアクセスする場合の最寄り駅は、東武日光線の場合は「新古河駅、柳生駅、板倉東洋大前駅、藤岡駅」で、JR宇都宮線の場合は「古河駅」となります。

渡良瀬遊水地のほぼ中心に位置する、谷中湖の子供広場ゾーンまで徒歩でアクセスした場合の所要時間は、板倉東洋大駅前からは40分ほど、柳生駅からは50分ほど、藤岡駅から1時間ほど、古河駅からは1時間15分ほどとなっています。

渡良瀬遊水地に車でアクセスする場合の最寄りのインターチェンジは、東北自動車道の「佐野藤岡インターチェンジ」、または「館林インターチェンジ」となります。それぞれのインターチェンジからの所要時間は20分ほどです。駐車場が点在しているので、事前に場所を確認してから訪問しましょう。

渡良瀬遊水地と谷中湖の駐車場

渡良瀬遊水地は桜づつみ周辺に駐車場が数ヶ所ありますが、ハート型をした谷中湖が見どころのひとつとなっている事もあり、谷中湖の周辺に多くの駐車場がそろっています。車で訪問する際には事前に駐車場の場所を確認しておきましょう。

イベントが開催される場合には臨時駐車場が開設される事もありますが、混雑が予想される場合には公共交通機関での訪問もおすすめです。

谷中湖の駐車場

35998996 2097406330530083 4160815298179497984 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
nao_kudoh

谷中湖へ車でアクセスする場合は、ハート型の谷中湖の左上方面にある「北エントランス」か、左下方面にある「中央エントランス」から入場するかたちとなります。

谷中湖へ北エントランスから入場した場合の駐車場は、親水多目的ゾーン付近や子供広場ゾーン付近などに数ヶ所あり、合計の収容台数は960台ほどとなっています。子供広場ゾーンの駐車場には大型車も停める事ができ、収容台数は8台分です。中央エントランスには大型車の駐車場がないので、大型車の場合は北エントランスから入場しましょう。

36086499 192886858015783 220641515196645376 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
papiko_bernard

北エントランスにある駐車場は、利用時間と利用できない日が設定されています。利用時間を過ぎるとゲートが閉まって通過できなくなるのでお気を付けください。次の項目の「谷中湖の利用時間、利用できない日」で詳しくご紹介していますので、車で北エントランスへアクセスする際には事前に確認してください。

31666597 947276865453414 7468560777528475648 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ukiyoshi0222

中央エントランスの駐車場の収容台数は300台ほどで、大型車は停められません。中央エントランスの駐車場はゲートの前にあるので時間の制限がなく年中利用が可能です。ただし、谷中湖の利用時間以外と利用できない日にはゲートが閉まっていて徒歩でも中に入る事ができないのでお気を付けください。

渡良瀬遊水地と谷中湖の利用時間

42673892 1374308109372525 2035431959343539504 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
keen0639

渡良瀬遊水地は利用時間の設定はありませんが、大雨洪水注意報以上が発令された時や洪水期間中には利用禁止となります。

谷中湖は利用時間の設定があり、利用時間以外の時間帯にはゲートが閉まっているのでお気を付けください。谷中湖の利用時間は3月1日から10月31日までは午前9時30分から午後5時まで、11月1日から11月30日までは午前9時から午後4時30分まで、12月1日から翌年の2月末日までは午前9時30分から午後4時までとなっています。

谷中湖が利用できない日

42766272 145400489743684 3584400862835620068 n
kakukatsu4184

谷中湖には利用できない日が設定されています。谷中湖が利用できない日は、毎週月曜日と12月29日から翌年の1月3日までとなっています。月曜日が祝日の場合は翌日が、祝日が続く場合はその翌日が利用できなくなります。また、洪水の前後も谷中湖が利用できない場合があるので、訪問する際にはお気を付けください。

渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ1:湖ゾーン

42916301 309376553196118 4136433501413254281 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
ryoheiarai

渡良瀬遊水地にある谷中湖は、面積が約4.5キロ平方メートル、周囲の延長は約9.2km、総貯水容量は2640万立方メートルのハート型をした貯水池で、さまざまな水辺のスポーツを楽しむ事ができます。

ハート型の谷中湖の左上部分の「北ブロック」では釣りは禁止されていますが、ウィンドサーフィンやカヌー、ボートなどが楽しめます。ただしモーターボートやジェットスキーなどは利用できないのでお気を付けください。

42122237 1903704719720471 5404449582854752964 n
n178kumi

ハート型の谷中湖の右上部分の「谷中ブロック」ではエサ釣りが、ハート型の谷中湖の右下部分の「南ブロック」ではルアー・毛針釣りを楽しむ事ができます。釣りをする場合には「遊漁券」(1日500円)が必要となるので、下都賀漁港で購入するか、監視員が見回りに来た際に購入してください。

谷中湖で釣れる魚種は季節により変動しますが、ヘラブナ、ワカサギ、ギンブナ、ハヤ、コイ、ナマズなどとなっています。1月から3月にかけては谷中湖の水位が低下して釣り場出来ない場合があるのでお気を付けください。谷中湖には野鳥なども多く生息しているので、切れた釣り糸や針などのゴミは放置せずに必ず持ち帰りましょう。

渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ2:谷中村史跡保全ゾーン

谷中村史跡保全ゾーンは谷中湖のハートの窪みの辺りに位置し、かつて実在していた村の跡地です。足尾銅山に関する悲しい歴史のある村で、1906年に廃村となってしまいましたが、役場跡や雷電神社跡、延命院跡などがあります。建物は残っていませんが、当時の様子を思い浮かべながら散策してみてください。

渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ3:子供広場ゾーン

42849967 2167103346866292 3610961700748469075 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
aktreturn

子供広場ゾーンは谷中湖のハートの窪みの辺りに位置していて、近くに駐車場もあるので小さい子供を連れている人にもおすすめです。その名の通り広場があり、子供たちが自由に走り回ったりして楽しむ事ができます。テントを張ってゆったりと過ごしたり、お弁当を持参してピクニック気分を楽しむのもおすすめです。

子供広場ゾーンの指定された場所ではバーベキューを楽しむ事もできます。利用する際には子供広場ゾーンにある「谷中湖子供広場レンタサイクルセンター」で受付(無料)をして、場所を確認してください。機材や食材は持参となり、直火は禁止です。ゴミは持ち帰りとなるので、マナーを守って利用しましょう。

42682520 312954236101544 6367935814683103933 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
taku_adventure

子供広場ゾーンにある「谷中湖子供広場レンタサイクルセンター」で自転車を借りて、谷中湖をながめながらサイクリングを楽しむのもおすすめです。

利用料金は、大人は4時間まで400円・1日600円、子供は4時間まで200円・1日300円です。休業日は月曜日と年末年始、1月から2月までとなっています。3月と12月は土曜・日曜・祝日のみの営業となっているのでお気を付けください。

21827365 116167889076850 122841033942761472 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
sean__sing

レンタサイクルの返却は、自転車を借りた「谷中湖子供広場レンタサイクルセンター」以外にも、3ヶ所に返却可能の施設があります。

道の駅きたかわべにある「北川辺スポーツ遊学館レンタサイクルセンター」、わたらせ自然館にある「板倉町レンタサイクルセンター」、湿地資料館がある「栃木市藤岡遊水地会館レンタサイクルセンター」に返却する事ができます。ただし、施設ごとに休業日が異なるのでお気を付けください。

渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ4:浸水多目的ゾーン

26863173 140118586798295 6400859197965074432 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
y.s.ttfj

ハート型の谷中湖の左上部分に位置する親水多目的ゾーンには、ヨシ原浄化施設と、谷中湖が見渡せる木製の展望台があります。ここではイベントが開催されている場合もあるので、訪問前に確認してみてください。

また、もう少し迫力のある展望台からの景色を楽しみたい人には、子供広場ゾーンの近くにある「ウォッチングタワー」がおすすめです。ウォッチングタワーは高さ15.7mの無料の展望台で、渡良瀬遊水地や谷中湖を一望する事ができます。天気の良いに日は遠に男体山や筑波山などもながめる事ができます。

渡良瀬遊水地「谷中湖」の見どころ5:スポーツゾーン

ハート型の谷中湖の左側に広がるスポーツゾーンには、「渡良瀬運動公園、渡良瀬町民運動場、渡良瀬総合グラウンド」があり、野球やサッカー、テニスなどを楽しむ事ができます。また、渡良瀬遊水地には「古河ゴルフリンクス」と「渡良瀬カントリークラブ」の2ヶ所のゴルフ場もあります。利用する場合は事前に施設に問い合わせをして詳細を確認してください。

Thumb栃木・渡良瀬遊水地で自然を満喫!野鳥観察や釣り・サイクリングもおすすめ!
栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県の4県をまたぐ大きな遊水地「渡良瀬遊水地」は、野鳥観察や、釣り...

渡良瀬遊水地周辺の観光スポット1:渡良瀬遊水地湿地資料館

40017841 1937696772962168 6093954316145348687 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
nanaokids

「渡良瀬遊水地湿地資料館」は、渡良瀬遊水地の遍歴や渡良瀬遊水地の自然などをパネル展示で学ぶ事ができる施設です。渡良瀬遊水地に生息する野鳥や昆虫、植物などの図鑑の販売もおこなっています。東武日光線「藤岡駅」から近い場所にあるので、駅からアクセスする場合はここに立ち寄ってから渡良瀬遊水地へ向かうのもおすすめです。

42918852 2215496002066370 4260536587997503877 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ynckmh1963

子供にもおすすめの施設ですが、開館しているのは平日の午前9時から午後5時までとなっているのでお気を付けください。入館料金は無料です。休館日は土曜・日曜・祝日と、12月29日から翌年の1月3日までとなっています。

谷中湖の子供広場ゾーンにある「体験活動センターわたらせ」でも渡良瀬遊水地に関する展示や体験学習などをおこなっています。こちらは土曜・日曜・祝日も開館しているので、子供と一緒に楽しめます。

住所 栃木県栃木市藤岡町藤岡1778
電話番号 0282-62-5558

渡良瀬遊水地周辺の観光スポット2:野木ホフマン館

30930245 110366026497061 282201710946942976 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
hamadaya1161

「野木ホフマン館」は、JR宇都宮線の古河駅や野木駅から近い場所にあります。近代化産業遺産の「野木町煉瓦窯」に隣接する施設で、正式名称は「野木町交流センター」です。渡良瀬遊水地や野木町煉瓦窯についての展示スペースやオリジナルグッズなどを範囲している売店などがあり、無料で入館する事ができます。

栃木県産の食材を使ったメニューがそろうレストランもあるので、休憩にもおすすめです。野木ホフマン館の開館時間は午前9時から午後10時までで、休館日は毎週月曜日と、12月29日から翌年の1月3日までとなっています。

13248980 473273369536165 135829470 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
rei_nana_myu

また、隣接する「野木町煉瓦窯」は、窯の中を見学する事ができます。料金は高校生以上100円で、野木ホフマン館が開館している日の午前9時から午後5時まで入館が可能です。煉瓦窯は自由に見学できますが、1日7回開催されているボランティアガイドなどによる解説付きの見学ツアーもおすすめです。気になる方は開始時間を確認してみてください。

住所 栃木県下都賀郡野木町大字野木3324-10
電話番号 0280-33-6667

渡良瀬遊水地周辺の観光スポット3:道の駅きたかわべ

18253215 312434242522905 3141534690284929024 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
chako9123

「道の駅きたかわべ」は、谷中湖の中央エントランスや東武日光線「柳生駅」から近い場所にある道の駅です。駐車場の収容台数は普通車33台、大型車22台となっています。谷中湖の子供広場ゾーンなどにある3ヶ所の施設に返却が可能のレンタサイクルを利用できる「北川辺スポーツ遊学館」もあります。

12797869 241622232837207 495474628 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
muuuuuuuuutoic

そのほかにも、地元産の農産物などの直売所や、地元の食材を使った料理が楽しめるレストランなどもあります。道の駅きたかわべのトイレや駐車場は24時間利用できますが、直売所やレストラン、北川辺スポーツ遊学館はそれぞれ営業時間と休館日が異なるのでお気を付けください。

住所 埼玉県加須市小野袋1737
電話番号 0280-62-5555

渡良瀬遊水地周辺の観光スポット4:三県境

37139138 216512749048605 5280092472825872384 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
tamparadio

「三県境」は、群馬県の板倉町・栃木県の栃木市・埼玉県の加須市の3つの県にまたがる県境の観光スポットです。平地にある三県境は珍しく、「歩いて行ける三県境」として人気のスポットとなっています。三県境は自由に見学する事ができますが、周囲には住宅や田畑もあるので、マナーを守って見学をしましょう。

42186027 1417812565016380 3651008989451255808 n
suneodinho

三県境には駐車場もありますが停められる台数が少ないため、休日など混雑が予想される日に訪問する場合にはお気を付けください。「道の駅きたかわべ」からは徒歩5分ほど、東武日光線「柳生駅」からは徒歩10分ほどとなっているので、徒歩で散策を楽しみながらの訪問もおすすめです。

渡良瀬遊水地&谷中湖と周辺に遊びに行こう!

見どころがそろった渡良瀬遊水地や谷中湖、周辺の観光スポットについてご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?渡良瀬遊水地や谷中湖では広大な自然を満喫しながら、散策やサイクリング、釣りやスポーツなどさまざまな楽しみ方ができます。周辺施設もあわせて訪問して、渡良瀬遊水地の雄大な自然を満喫してください。

関連記事

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ