帯広のグルメ特集!豚丼やスイーツなどのおすすめ店をまとめて紹介!

北海道東部に位置する自然豊かでのどかな帯広は、北海道屈指のグルメタウンです。全国の北海道物産展でおなじみのお肉たっぷりの豚丼や六花亭のスイーツはどちらも帯広発祥の人気グルメ。帯広を訪れて楽しみたい、おすすめのご当地グルメと人気スイーツをご紹介します。

帯広のグルメ特集!豚丼やスイーツなどのおすすめ店をまとめて紹介!のイメージ

目次

  1. 1ご当地グルメが充実の帯広
  2. 2帯広グルメのおすすめ店1:ぱんちょう
  3. 3帯広グルメのおすすめ店2:豚丼のぶたはげ 本店
  4. 4帯広グルメのおすすめ店3:豚丼のとん田
  5. 5帯広グルメのおすすめ店4:ぶたいち 帯広本店
  6. 6帯広グルメのおすすめ店5:味処 新橋
  7. 7帯広グルメのおすすめ店6:カレーショップ インデアン まちなか店
  8. 8帯広グルメのおすすめ店7:トスカチーナ
  9. 9帯広グルメのおすすめ店8:トラットリア・イル・フラゴリーノ
  10. 10帯広グルメのおすすめ店9:バード・ウォッチ・カフェ
  11. 11帯広グルメのおすすめ店10:十勝トテッポ工房
  12. 12帯広グルメのおすすめ店11:クランベリー本店
  13. 13帯広グルメのおすすめ店12:柳月 大通本店
  14. 14帯広グルメのおすすめ店13:高橋まんじゅう屋
  15. 15帯広グルメのおすすめ店14:六花亭本店
  16. 16まだまだたくさんある帯広のグルメ

ご当地グルメが充実の帯広

25036086 1970945046452785 3646930514276777984 n
maiko00801

北海道の東部に属する帯広は、豊かな自然に恵まれた北海道らしさを感じさせてくれるのどかな街です。全国的に有名な観光スポットはあまりありませんが、グルメスポットが多く集まる場所として知られています。豚丼やカレーライス、スイーツ類など、おすすめのご当地グルメがいっぱいの帯広の人気店をまとめてご案内します。

帯広グルメのおすすめ店1:ぱんちょう

25011822 1179222945544655 3823004794520338432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yoouuus

帯広のご当地グルメと言えば一番最初に頭に浮かぶのが「豚丼」。甘辛いタレをつけて焼いた肉厚の豚肉をたっぷりと丼ご飯の上に敷き詰めます。帯広にはこのご当地グルメの人気店が多くあり、各店がそれぞれの秘伝のタレを使って自慢の味を競っています。帯広を訪れたらまず必ず味わいたいご当地グルメである豚丼の名店の中から5店をご紹介します。

22071142 888164524669622 2633079608332779520 n
yu_uno_

最初にご紹介するのは、帯広の豚丼発祥のお店と言われる「ぱんちょう」です。ぱんちょうとは、中国語で食事処、という意味とのこと。創業は昭和8年、当初は食堂でしたが、昭和30年頃に豚丼専門店になりました。現在は三代目店主が開業当時と同じ場所のJR帯広駅前で、秘伝のタレの味も炭火焼での焼き方も当時と変わらない伝統の味を守り続けています。

ぱんちょうの豚丼は4種類。ご飯の上に乗る豚肉の枚数で値段が変わります。一番豚肉の枚数が少ないのは「松」。その上に「竹」と「梅」があり、一番枚数が多いのは「華」です。一般的な表示と違い「梅」が上のランクにある理由は、初代店主の奥様の名前が梅さんだったからとのこと。帯広の豚丼屋の中で一番の人気店なので行列覚悟で挑んでください。

住所:北海道帯広市西1条南11丁目19番地
電話番号:0155-22-1974

帯広グルメのおすすめ店2:豚丼のぶたはげ 本店

22582451 537250353285872 1967547152775249920 n
ishikuro_akira

帯広の豚丼の元祖の1つとも呼ばれる昭和9年創業の名店「はげ天」の味を更に進化させたのが「豚丼のぶたはげ」です。はげ天は豚丼以外に十勝の食材を生かした郷土料理なども楽しめるお店ですが、豚丼のぶたはげは豚丼の専門店。はげ天のタレの味を大切にしながらも、現代人の舌により合わせた進化形の豚丼を、JR帯広駅すぐの商業施設で楽しめます。

安心・安全の材料を使って作られる豚丼のタレは、長い時間をかけて職人によって手作りされています。こだわりはタレだけではありません。豚丼に使用される豚肉は、道産豚の中から選ばれた特別な豚の、更にほんの一部の極上の部位です。その特別な豚肉を、こちらの本店ではなんと850℃の超高温で網焼きして提供しています。美味しいだけでなく、香ばしい香りもたまらない豚丼です。

住所:北海道帯広市西2条南12丁目9 JR帯広駅 エスタ帯広西館
電話番号:0155-24-9822

帯広グルメのおすすめ店3:豚丼のとん田

17439049 1467572583267706 5356805961736519680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
greedypig_1

昭和初期に創業した老舗店と比べると、2002年オープンの「豚丼のとん田」はまだまだ歴史が浅い豚丼店ですが、ミシュランガイド北海道にも掲載され、JR帯広駅から離れているにもかかわらず人気が高いお店です。駅から2キロ近く離れているので、観光で帯広を訪れた際にこちらのお店に行ってみたいという方は、レンタカーなどを利用するのがおすすめです。

店主は、もともとはお肉屋さん。帯広の豚丼には豚ロース肉が使われるのが一般的ですが、肉に精通している店主は豚バラ肉を使う豚丼を開発しました。脂身と肉の絶妙なバランスが美味しい「バラぶた丼」はお店の一番人気です。ロース・バラ両方楽しみたい方には「盛り合わせ」がおすすめ。また、脂のないヒレを使った「ヒレぶた丼」も人気です。

住所:北海道帯広市東10条南17-2
電話番号:0155-24-4358

帯広グルメのおすすめ店4:ぶたいち 帯広本店

26071854 341369299675275 4168620228713906176 n
takashi75fuga

帯広の本店以外に十勝地方にほか2店舗、関東にも2店舗を持ち、現在5店展開している豚丼店です。「ぶたいち」は食肉卸業者が経営する豚丼専門店で、2011年に本店がオープンしました。豚肉は札幌にある工場で一食分づつ特製ダレに漬け込み、真空パックにして各店舗に送られます。真空パックが開封されるのは炭火焼される直前なので、それまで空気に触れることなく新鮮さが保たれています。

ぶたいちのこだわりは、出来る限り北海道産の食材を使う、ということ。豚肉はもちろん、醤油や砂糖などの調味料、そしてお味噌汁に使われる昆布や漬け物の野菜も北海道産にこだわります。しっかりタレに漬け込まれた豚肉は柔らかくてジューシー。こちらのお店もロース肉の豚丼だけでなく、バラ肉やヒレ肉を使った豚丼も楽しめます。

住所:北海道帯広市西8条南11丁目
電話番号:0155-26-4129

帯広グルメのおすすめ店5:味処 新橋

23101036 336395173496325 6466922117169414144 n
kuroshin_007

食堂としての創業はなんと明治時代という、帯広の有名店です。豚丼の作り方が一般的な帯広の豚丼とは違うので、帯広のご当地名物の豚丼とこの新橋の豚丼を別物として考える人たちもいるそうです。豚丼は肉の枚数で値段が変わる5種類のメニューがあり、そのほかかつ丼や天丼、いくら丼などの、一般的な丼メニューも楽しめます。

新橋の豚丼の特徴はタレで焼いた豚肉の色がとても濃いこと。通称は「黒い豚丼」です。帯広の豚丼は炭火焼するお店が多いですが、こちらのお店ではフライパンでタレを絡めながら豚肉を焼きます。秘伝のタレはカラメルをヒントにした特製で、そのため色がカラメルソースのように黒くなっています。山のように積み上げられる豚肉は、見た目と違ってあっさり目で甘めの味です。

住所:北海道帯広市西2条南4-6-2
電話番号:0155-23-4779

帯広グルメのおすすめ店6:カレーショップ インデアン まちなか店

13671075 175850666159660 1795974468 n
halouvre

帯広のご当地グルメは豚丼だけではありません。「カレーショップ インデアン」は、帯広市民なら誰でも知っている地元の有名店。市内には10店舗ほどあり、観光や出張で帯広を訪れた際に是非味わっておきたい、帯広のご当地グルメの1つです。こちらの「まちなか店」はJR帯広駅から徒歩約5分ほどの距離。ユニークなロゴが目印の、遠目から見るとカフェの建物のようにも見えるお店です。

創業昭和43年の老舗カレー店のカレールーは3種類。スパイスを多く使っているけれども辛さは控えめなお店一番人気のビーフカレーの「インデアンルー」、ビーフの旨味に玉ねぎの甘さが加わった「ベーシックルー」、野菜のみの素朴な美味しさが人気の「野菜ルー」です。トッピングをプラスしたりルーの辛さを変えて楽しむのもおすすめです。

住所:北海道帯広市西2条南10-1-1
電話番号:0155-20-1818

帯広グルメのおすすめ店7:トスカチーナ

23164710 1852928125017654 7610123144417771520 n
hachiniinana

帯広の美味しいお店は豚丼やカレーなどのご当地グルメばかりではありません。最近ではおしゃれなレストランやカフェも増え、帯広のグルメタウン度をどんどん上げています。「トスカチーナ」は、帯広のご当地スイーツの名店「柳月」が運営するイタリアンカフェレストランです。リーズナブルな価格でピザやパスタなどのイタリア料理を楽しむことが出来ます。

20759820 1348425271941448 6641880367340978176 n
_star__k__2896_

おすすめは北海道産の新鮮な生クリームを使った「厚切りベーコンと温泉卵のカルボナーラ」。地元の十勝地方の食材を使った、オープン以来一番人気を誇るグルメ通も満足の一品です。またトスカチーナはスイーツメニューも人気。特にパフェは名物で、単品でも注文出来ますが、ほとんどのセットメニューにはミニパフェが付いています。

住所:北海道帯広市西18条南5丁目45-2
電話番号:0155-38-3966

帯広グルメのおすすめ店8:トラットリア・イル・フラゴリーノ

16230201 1859890357601590 1457842974074339328 n
tazakazu

  帯広でおすすめのイタリアンレストランをもう一店舗ご紹介します。「トラットリア・イル・フラゴリーノ」は、JR帯広駅から歩いて約2分ほどの場所にある人気のイタリアンです。そばには姉妹店の「オステリア・アルベスカ」というやはりイタリアンレストランがありますが、トラットリア(小さな食堂)という名の通り、フラゴリーノの方がより気軽に楽しめるお店となっています。

15403530 631266150414262 6505253171277856768 n
sora.pa03

温かみを感じられるアットホームな店内でワインと共に楽しみたいのは、イタリアの食卓に並べられているような家庭的なイタリア料理です。おすすめは地元十勝の新鮮野菜を使った「十勝野菜のバーニャカウダ」。特製のソースにつけていただきます。また、テイクアウト出来るパニーニやカプチーノは、軽めのランチや小腹が空いた時の軽食にぴったりです。

住所:北海道帯広市大通南12丁目5-2
電話番号:0155-99-1154

帯広グルメのおすすめ店9:バード・ウォッチ・カフェ

12063155 180541912281076 859743265 n
tf.tyo

帯広の街中にありながら、緑あふれる庭園の中で豊かな時間を過ごすことが出来る「北海道ホテル」。この帯広の人気ホテルの中にあるカフェレストランが「バード・ウォッチ・カフェ」です。大きな窓からは明るい日射しが差し込み、リゾート感たっぷりのホテルの庭を眺めながら料理長こだわりの料理の数々を楽しめます。

10958685 786434954745208 1664454851 n
93kumi93

バード・ウォッチ・カフェでは、料理には地元十勝地方の旬の食材が主に使われ、北海道らしさを感じられるさまざまな味を満喫出来ます。夜の時間帯はコース料理のみの提供ですが、ランチの時間帯には1000円台のパスタランチやプレートランチなどを楽しめます。食べてみたいのは「十勝ボロネーゼスパゲティ」。十勝産小麦協会が発案した、全ての食材が十勝産という名物グルメです。

住所:北海道帯広市西7条南19丁目1番地 
電話番号:0155-21-0001(ホテル代表番号)

帯広グルメのおすすめ店10:十勝トテッポ工房

酪農もさかんな十勝地方は上質な乳製品が手に入るところ。新鮮なミルクやバターを使って作られるスイーツ各種は、帯広のご当地グルメの1つでもあります。ここからは帯広で人気のスイーツのお店を5店ご紹介します。最初のお店は「十勝トテッポ工房」。JR帯広駅から前出の北海道ホテルに向かう途中にある、十勝で作られるナチュラルチーズを使ったスイーツが人気のお店です。

21909585 1793556494269559 5287833318153256960 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
matatabi_rider

お店の名物は、機関車のイラストのパッケージが可愛い小さなチーズケーキ。8個の箱入りは職場のお土産にもぴったりです。ケーキショップにはカフェが併設されていて、店内で買ったスイーツ類を食べることが出来ます。ナチュラルチーズやミルク、生クリームにバターなどをふんだんに使って作られた、北海道らしい豊かな美味しさのスイーツがいろいろ揃っています。

住所:北海道帯広市西6条南17丁目3-1
電話番号:0155-21-0101

帯広グルメのおすすめ店11:クランベリー本店

こちらの老舗洋菓子店も帯広を代表するスイーツ店の1つです。本店以外にも帯広市内に4店舗があり、JR帯広駅の商業施設のエスタ帯広内の店舗は旅行客にも便利です。本店は駅北口から徒歩10分弱の場所にあります。店内ではケーキや焼き菓子類、ソフトクリームなどが販売され、イートインスタイルのカフェでそのまま食べることが出来ます。

16583168 242517722873546 7301881944403345408 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
masimaro23

クランベリーの名物は巨大なスイートポテト。甘さ控えめのロングセラーです。1本1200円が価格の目安ですが、それぞれの大きさは微妙に違うので量り売りされています。日持ちが長くないのでお土産で購入する際には注意が必要です。そのほか、十勝の古名が付いたクッキー「シァンルル」や、マラソンランナーの名がついた「ガブリエルクッキー」も帯広で有名なご当地スイーツです。

住所:北海道帯広市西2条南6丁目
電話番号:0155-22-6656

帯広グルメのおすすめ店12:柳月 大通本店

25024244 166249710811338 7396862234166558720 n
kkz011

全国的に知られる銘菓を販売している有名店です。何十年という長い歴史を持つ有名なスイーツ「三方六」は、白樺の木肌をイメージした十勝産小麦粉使用100%のバームクーヘン。現在でも帯広を代表するスイーツの1つです。柳月の本店はJR帯広駅からもわかりやすい大通沿いにあり、また柳月の店舗はそのほか市内に7店あります。

柳月ではさまざまな生ケーキやお土産にもなるスイーツを販売していますが、中でも人気はオリジナルの三方六から派生した個性派の三方六です。オリジナルのサイズよりも小さくて食べやすい、ちょっとしたお土産にぴったりの「三方六の小割」は最近の人気商品。中でも「濃い白小割」は、練乳と生クリームを使った濃厚な風味が好評です。

住所:北海道帯広市大通南8丁目15
電話番号:0155-23-2101

帯広グルメのおすすめ店13:高橋まんじゅう屋

21827653 1787647674859262 2095797182631247872 n
chiroooorinn

旅行のお土産には出来ないので、帯広で味わって帰らなくてはならない、地元の方たちから愛されているご当地スイーツです。高橋まんじゅう屋の名物「たかまん」は、十勝産のあずきをたっぷり使った大判焼のこと。チーズ入りもあり、こちらも中身はたっぷり。熱々の出来たてを楽しめます。持ち帰りする方が多いようですが、イートインスペースもあるので旅行で訪れている時でも安心です。

住所:北海道帯広市東1条南5丁目19-4
電話番号:0155-23-1421

帯広グルメのおすすめ店14:六花亭本店

26185960 162748851160046 6945041596001812480 n
yoshihiroyamahata

六花亭は今や全国的に知られる帯広発祥のスイーツ店です。札幌本店もありますが創業の地は帯広で、本店のある場所で昭和8年から営業を続けています。本店のほか、帯広市内に10店舗以上もあり、帯広空港にもお店があります。スイーツの売店だけでなく喫茶室もある本店は、JR帯広駅から約500メートルほどという便利な場所にあります。

26294927 203159583565966 2753780769309589504 n
jewelmami

店内に並ぶ可愛いパッケージのスイーツは、十勝地方の乳製品を使って作られたものばかり。販売されているスイーツは生ケーキも含め、購入後に立食スタイルのイートインスペースで食べることが出来ます。お土産にするスイーツの味見にもおすすめです。時間があれば利用したいのが2階の喫茶室。甘いものだけでなく、ピザなどの軽食類も楽しめます。

住所:北海道帯広市西2条南9丁目6
電話番号:0155-24-6666

まだまだたくさんある帯広のグルメ

23596617 305584083266664 7182818974147543040 n
kaorin_0929

帯広のグルメのご紹介、いかがでしたか。帯広は北海道の中でも有名なグルメタウン。こちらでご紹介したお店は、帯広のおすすめグルメの中のほんの一部です。特にスイーツに関しては街自体が推していて、不定期で「おびひろスイーツめぐり券」というお得なチケットを販売しています。第20弾は2018年3月31日までなので、旅行予定のある方は是非試してみてください。

Thumb札幌から帯広までのバスとJRの料金を徹底比較!距離や時間はどれくらい?
札幌から帯広まで行くには車とバスとJRがありますが、それぞれどのくらいの時間と距離や料金が違...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
savannah

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ