帯広「クランベリー本店」のスイートポテトが大人気!クッキーやケーキも絶品!

クランベリーは、北海道帯広市に本店を持つスイートポテトの名店です。材料からこだわり、保存方法までホームページに記載するほど、商品のおいしさを研究していることがわかります。スイートポテトを自分の好きな分だけ買うことができる帯広のクランベリーの魅力をお届けします。

帯広「クランベリー本店」のスイートポテトが大人気!クッキーやケーキも絶品!のイメージ

目次

  1. 1帯広クランベリーのスイートポテトは絶品!
  2. 2帯広クランベリー本店へのアクセス方法と営業時間
  3. 3帯広以外のクランベリーの店舗を紹介
  4. 4スイートポテトとスイーツの購入方法
  5. 5帯広クランベリーのスイートポテトがでかい
  6. 6帯広クランベリー人気NO1スイートポテト
  7. 7帯広のクランベリーでスイートポテトより歴史あるシァルル
  8. 8帯広クランベリーのガブリエルクッキー
  9. 9帯広クランベリーのスイートポテト級の芋スイーツ
  10. 10地方でもスイートポテトが買える!
  11. 11スイートポテトと自慢のスイーツを堪能しよう

帯広クランベリーのスイートポテトは絶品!

26073375 170882566856382 16699270933512192 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tk.kamadaaa

地域のイベントでも販売をしている帯広のクランベリーで販売されているスイートポテトをご存知ですか?1本1200円からと値段だけ見ると少し高めな値段設定ですが、そこには他店にはない秘密が隠されています。今回は、クランベリー本店の商品へのこだわりから、他とは違う料金設定、他のケーキやクッキーといったおすすめ商品まで一気に紹介します。

帯広クランベリー本店へのアクセス方法と営業時間

13714221 226701891063121 1604825427 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
shujimasuko

クランベリーの店舗は、帯広市内に本店を含め5店舗あり、本店は西二条南6丁目にあります。近くに帯広中央公園がありますので目印にするとわかりやすいです。決まった定休日は特にありませんが、年末年始や地域の物産展に出店している場合は、臨時休業の可能性があります。営業時間は、9時から20時までです。

22158940 1732414877068196 5503230338979069952 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yuuny_nico_n

車で来店される場合は、クランベリーの駐車場が店舗の西側にあるそうです。台数が限られているので、混んでいる特は近くのコインパーキングなどに停めましょう。公共交通機関で来店する場合は、最寄り駅でもあるJR帯広駅が便利です。JR帯広駅はJR北海道の根室線の駅です。駅からクランベリー本店は800メートルほどなので、徒歩10分程度かかります。

帯広以外のクランベリーの店舗を紹介

22157492 363948944039887 4179395245097615360 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sanaxyz

本店以外に公共交通機関でも来店しやすいおすすめの店舗は、エスタ帯広西館内にあるエスタ帯広店です。エスタ帯広というJR帯広駅の駅ビルにあるので、駅の駐車場を利用できます。帯広駅の駅ビル内なので、観光客にはわかりやすいです。観光客のおみやげにしやすい日持ちがする物を中心に置いているので、ソフトクリームは置いていません。

18252032 187894371732909 6209080953919242240 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
lavita495

車で来店される方は、駐車場がない店舗があるので注意しましょう。クランベリー東一条店は、店舗自体に駐車場がありません。コインパーキングのタイムズの駐車場が300メートル以内にいくつかあるので、事前に調べていくほうが良さそうです。白樺通り、弥生通りは店舗の駐車場があるので車の方も安心して店舗に来店してください。

スイートポテトとスイーツの購入方法

12353219 1661089484174582 1517158852 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hokkaidopics

クランベリー本店では、店頭販売、イートイン、インターネット販売、地方物産展への出店と4つの方法でスイートポテトを注文可能です。店頭販売では焼き立てをその場で買うことができます。イートインでは、500円以内でショーケース内のケーキが食べられるケーキセットや焼きたてを食べれるスイートポテトセットなど飲み物と一緒に楽しむことができます。

26865705 1777710799190451 3489776247871897600 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
elzer.sana

インターネット販売の場合は、スイートポテト、シァンルル、ガブリエルクッキーのみが販売されています。スイートポテトは1200円から1500円です。インターネットではスイートポテトの大きさを選ぶことができませんので、500グラム以上の物が1本届きます。地方物産展ではシァルルが販売されるときは記載されていますのでシァルル目的の人は気をつけましょう。

帯広クランベリーのスイートポテトがでかい

インターネット販売のスイートポテトの場合は、冷凍で届くので1ヶ月以内に食べたほうが美味しいです。また、解凍後食べきれない場合は、傷みやすいので最長2日で食べたほうがいいそうです。温かい物を食べたい場合も冷たいのを食べたい場合も袋のまま解凍するそうなので、1回に500グラム以上を食べることを覚悟して解凍することをおすすめします。

26297128 1944136295905924 7223313914384089088 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
salondechelcy

クランベリーのスイートポテトは、1本がとても大きくて1000円以上するので、高いと思っていませんか。1実は100グラムあたり216円なんです。また、500円以内で飲みものと一緒に店内で美味しく食べることも可能です。1200円だと500グラム以上あるので、1人で購入する場合は、店頭販売の物を適当な大きさに切って、冷凍しておくと便利です。

22500054 529266077412240 1319624698786480128 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
so2_kana_so2

クランベリーのスイートポテトが量り売りなのは、お芋の皮の大きさが異なり、均一のサイズで売れないほど個体差があるためだと考えられます。そのため、スイートポテトによっては、1000円以下で店頭に並んでいたこともあります。1本のグラムを量って売るのであって、1本を小さく切り分けてくれるというわけではないので、ご注意ください。

帯広クランベリー人気NO1スイートポテト

帯広のクランベリーといえばスイートポテトが外せません。さつまいもの皮の上に素朴な甘さのなめらかなスイートポテトが載っています。出来たてはホクホク、冷めたら甘さが増しなめらかな芋の風味が楽しめます。スイートポテトを自作するのは、大変なのでこのお店で堪能しましょう。器になっている皮は食べられないこともありますので注意しましょう。

14262883 1206415412756246 1398039376 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
koudaharumi

地方発送分は冷凍になっているのですが、食べる際は開封せずに500Wで8分から10分ほど電子レンジで温めれば良いそうです。袋の形状が電子レンジで温めやすくなっています。冷たいまま食べたい場合は、袋のまま冷蔵庫で5時間ほど入れておけば完成です。冷蔵したものを温める場合は、ラップを掛けて1分程度電子レンジでチンしましょう。

帯広のクランベリーでスイートポテトより歴史あるシァルル

珍しい名前のクッキーのようです。少し発音が難しいですが、十勝の古名だそうです。創業当時から変わらぬ味を守り続けているクッキーです。1箱180グラムのクッキーが入っており、味は3種類です。チーズ、チェリー、レーズンの3種類でチーズがおすすめです。SNSでシャンルルと記載している人がいるので、検索で出ないときはそちらでも調べてみてください。

帯広クランベリーのガブリエルクッキー

クランベリーには人気のクッキーがもう一つあります!それはガブリエルクッキーです。ガブリエルというと天使なイメージですが、ロサンゼルスオリンピックに出ていたガブリエルアンデルセン選手がクランベリーに来店した際に、教えてもらったスイスのクッキーだそうです。ごま、チョコチップとクッキーには珍しいレモン味があります。

帯広クランベリーのスイートポテト級の芋スイーツ

22580151 108642786514061 978080210689720320 n
mouuu000

スイートポテトが大きすぎて食べられそうにないという人には、タルトポテトがおすすめです。こちらはスイートポテトをアレンジしたポテトのタルトです。タルトの上におなじみのスイートポテトが乗っており、サクサクです。上にはジャムがのっています。スイーツめぐり券の対象なのでお持ちの方は、期限が3月までなのでお早めに交換しましょう。

12724715 684690088336923 1950311611 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
takeshi335

クランベリーには、パイやケーキもたくさんありますが、実はポテトパイがとても美味しくて噂になっています。ハンバーガーショップでもベーコンポテトパイがあったので、そちらのポテトパイを想像する人も多いかと思います。こちらはスイーツなので甘めの芋餡が入っておりスイートポテトとは違うサクサクのパイの中にある芋を堪能できます。

15535024 1901998370023811 1135353950199873536 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
primoordine

クランベリーは、スイートポテトとクッキーがダントツで人気になっていますが、季節ごとのケーキやクリスマスケーキなども人気でおすすめです。カットケーキもありますが、ホールケーキも置いています。残念ながら地方発送の対象ではないので、現地で食べましょう。特別な日のケーキは事前に予約しておくとスムーズに受け取ることができます。

読谷にはソフトクリームもある

13725483 1571167436520870 2006462074 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
buuuchi2625

クランベリーに行ったけどお金が無かった!という場合は、読谷ソフトがおすすめです。200円以内で買える超コスパがいいソフトクリームなんです。おすすめの注文としては、牛乳が美味しい十勝も近いので普通のソフトと読谷ソフトをダブルで味わえるミックスがおすすめです。エスタ帯広店にはないので他の4店舗で購入しましょう。

地方でもスイートポテトが買える!

クランベリーは店舗の他にも、藤丸デパートのデパ地下やとかち帯広空港の藤丸売店でも帯広のおみやげとして購入することが可能です。また、1月23日から札幌三越へ2月は倉敷天満屋と古今東西地域の物産展に赴いているようです。地域の物産展で北海道店が開催されている場合は、クランベリーが来ていないか覗いてみてはいかがでしょうか。

スイートポテトと自慢のスイーツを堪能しよう

13721108 1813871565509414 1709889002 n
1997o6o8

人気のスイートポテトを始め、ケーキもクッキーも美味しいクランベリーは、帯広の名物と言っても過言ではありません。現地では地域発送をしていないケーキを堪能し、家へのお土産をスイートポテトやクッキーにして余すことなく、クランベリーの素晴らしいスイーツを堪能することが可能です。ぜひ帯広に訪れてみてはいかがでしょうか。

Thumb帯広のスイーツ人気店BEST15!食後のデザートやお土産にもおすすめ!
帯広は広大な十勝平野で、農業や酪農が盛んで食の宝庫です。スイーツの材料となる小麦粉やバターな...
Thumb六花亭帯広本店には限定レアスイーツもあり?カフェも大人気!
北海道帯広観光の際のお土産には必ずと言っていいほど、六花亭の商品が入ります。北海道帯広生まれ...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
藤沢直

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ