覚王山にはおしゃれカフェが多数!隠れ家風やランチの人気店もご紹介!

名古屋の覚王山といえばおしゃれなカフェがたくさん集まる地区です。この記事では、お友達や会社のお昼休みに使える手軽なランチからデートで使えるおしゃれなカフェまで幅広くご紹介して行きます。県外の方も思わず名古屋の覚王山に行きたくなるようなカフェがたくさんあります。

覚王山にはおしゃれカフェが多数!隠れ家風やランチの人気店もご紹介!のイメージ

目次

  1. 1覚王山はカフェの聖地として有名!
  2. 2覚王山のおしゃれカフェ1:ザラメ ナゴヤ
  3. 3覚王山のおしゃれカフェ2:ドリトル
  4. 4覚王山のおしゃれカフェ3:ジクー
  5. 5覚王山のおしゃれカフェ4:Hale Lani Terrace
  6. 6覚王山のおしゃれカフェ5:カクオウザンラーダー
  7. 7覚王山のおしゃれカフェ6:小さな菓子店fika.
  8. 8覚王山のおしゃれカフェ7:papiton
  9. 9覚王山のおしゃれカフェ8:OVER TIME
  10. 10覚王山のおしゃれカフェ9:Chez Shibata
  11. 11覚王山のおしゃれカフェ10:HARUMAcafe
  12. 12覚王山のおしゃれカフェ11:ピエールプレシューズ覚王山
  13. 13覚王山のおしゃれカフェ12:甘露(アムリタ)
  14. 14覚王山のおしゃれカフェ13:コルネ専門店コルネコ
  15. 15覚王山のおしゃれカフェ14:ロンドンカップケーキ名古屋店
  16. 16覚王山のおしゃれカフェ15:数寄屋カフェ
  17. 17覚王山のおしゃれカフェ16:いち倫
  18. 18ぜひ一度覚王山でカフェを堪能しよう!

覚王山はカフェの聖地として有名!

覚王山は名古屋でも有数なおしゃれなカフェのあるカフェ激戦区で隠れ家カフェからおしゃれなカフェ、食べ物だけでなく写真映えする店内とどのお店にいこうか迷ってしまうような場所です。

この記事ではその中でも今話題のカフェ12選を選んで解説して行きます。モーニングからランチ、おやつと様々なジャンルがあるので用途に合わせてカフェを使い分けてみてください。

覚王山のおしゃれカフェ1:ザラメ ナゴヤ

こちらはドーナッツ屋さんとして有名なzarame nagoyaです。店内も可愛く写真映えすることからフォトスポットとしても人気があるようです。ドーナッツには名前の通りザラメが付いていて甘くて美味しいのが特徴です。ランチやカフェタイムだけではなくモーニングもやっているので朝から利用することのできるカフェです。

zarame nagoyaはドーナッツ屋さんとして有名ですが、実はハンバーガーも密かに人気がたかいです。大葉入りの月見つくねバーガーと、バジルソースディップのポテトと付け合せのナムルはお腹にガツンと来るバーガーもいいですが、こちらは優しめなので女の子たちの中で頼む人がおおいようです。

覚王山のおしゃれカフェ2:ドリトル

店内はとてもシンプルでソファ席もあり落ち着いた空間になっています。ドリトルの看板メニューは自家製コーンビーフです。なんと市販のものではなく、いちからていねいに手作りしているというこだわりが嬉しいです。

缶詰めコーンビーフとは全く違う、お肉本来のジューシーさに加え、スパイス&ハーブが効いた風味がくせになります。参考にしているレシピはオールドアメリカンという本場アメリカを感じさせてくれる味付けは他では食べられません。

人気のランチメニューはなんと四種類から選べるうれしいシステムです。また、デザートと組み合わせて注文するとセット価格でお得に食べられるのも嬉しいです。カレーやハンバーガー、サンドイッチなどからえらべます。また、カフェとしての利用も可能で季節のパフェが人気です。

覚王山のおしゃれカフェ3:ジクー

こちらは覚王山駅から徒歩3分と駅近でランチが人気のお店です。ジクーのランチはなんと11:00-17:00と遅い時間までやっているのが特徴です。ランチはサラダプレートからパスタ、ラザニアまで幅広い種類が用意されています。

しかも、その全てに野菜スープ、ドリンク、おまかせ3種のデザートつきなんです。3つの中から一つ選ぶ、ではなく三種類食べれるのは嬉しいです。量も多く満足度の高いランチと言えるでしょう。

また、ジクーは野菜にこだわりがあり健康志向の強い方にもオススメしたいカフェです。野菜の量が多く食べても食べてもなくならないくらいなので満腹感が得られます。ほかにも1日10食限定のプレミアムフレンチトーストも絶品なのでこちらもオススメです。

覚王山のおしゃれカフェ4:Hale Lani Terrace

ハレラニテラスのテーマは優しく穏やかな光が差し込むようなハワイの雰囲気を大切にした「心と体の癒しと健康」です。ハワイに住むオーナー自ら買い付け、ハワイから100%ハワイアンコーヒーやオーガニックのオリジナルブレンドハーブティーや紅茶を直輸入しています。

また、覚王山にある他のカフェとコラボして季節限定のパフェをだしたり、月替りで限定のハワイのコーヒーを出しているので、いつ行っても新しい商品が取り扱われており楽しいカフェです。

また、二階には知性や感性を養い人間的成長につながる学びの場としてスタジオがあり色々なイベントが開催されています。ランチついでにイベントに参加しても楽しそうです。

覚王山のおしゃれカフェ5:カクオウザンラーダー

ボリューム満点のハンバーガーランチが食べられるお店です。ランチはハンバーガーにオーブンポテト、ドリンク、スープが付いて、1,100円というランチ価格が嬉しいです。スープは炒めた玉ねぎが入ったコンソメっぽいスープです。ポテトはカリカリで、味がしっかりついてて、カリカリでほくほくで手が止まらなくなる美味しさです。

ハンバーガーはなんと嬉しい牛肉100%のパテなんです。食べごたえのあるちょうどいい硬さのパテで牛の味がしっかりと美味しいハンバーガーです。

ハンバーガーランチの他に、チキンオーバーライス、ブリトー、サンドイッチ、カレーもあるようです。本場アメリカではチキンオーバーライスは屋台フードの定番なので本場のフードが食べられるのは嬉しいです。

覚王山のおしゃれカフェ6:小さな菓子店fika.

人気のタルトは午前中にほぼ売切れ、3時にはショーケースには何もないという今話題の人気店で予約必須のお店なんです。みんなが買っているのはフルーツタルトで、フルーツタルトはほとんどが季節のフルーツを使った限定ものなんです。旬の味が楽しめ、季節ごとに入れ替わるのも魅力のひとつです。

タルト一つあたり500円以上とお値段は高めですが大きさも大きくフルーツもたっぷりなので食べ終わる頃にはお値段が安く感じます。他にもフィナンシェ、サブレ、クッキーなどの焼き菓子があるのですが、どれもこれまたおいしいんです。紅茶のクッキーや黒豆きなこのクッキーは名前を聞いただけで食べたくなります!

覚王山のおしゃれカフェ7:papiton

パピトンはシンプルな素材で手作りしたお菓子のお店です。お菓子ごとに厳選した、小麦粉・お砂糖・卵・バターや季節のフルーツを使い気持ちがほっと温かくなるような生菓子・焼き菓子があります。店内もお庭も緑に溢れていて暖かい雰囲気のお店です。

お菓子だけでなく、ドリンクも自家製の梅ジュースがあったりと手作りが嬉しいカフェです。一見普通のおうちに見える外観のため入りにくいかもしれませんが、お店の手書きの看板が出ているのでそれを目印にお店を見つけましょう。

覚王山のおしゃれカフェ8:OVER TIME

駅から徒歩5分ですが、駅の南側の静かな住宅街に入った、坂の途中にある喫茶店なので隠れ家的なカフェです。隠れ家カフェのOVER TIMEでは英国式のスコーンや紅茶を楽しむことができます。スコーンはなんと贅沢に自家製いちごジャムとクロテッドクリームがついており、外はサクッと中はフワッとしておりイギリスの本格的な味わいが楽しめます。

他にもシフォンケーキもふわふわで絶品なんです。スコーンに紅茶ならも美味しいですが、シフォンケーキにはコーヒーを合わせたいです。ポットカバーが被せられた状態でコーヒーも紅茶もポットで出てくるので本当にイギリスでアフターヌーンティーを楽しんでいるような気分になれます。

覚王山のおしゃれカフェ9:Chez Shibata

名古屋店に続いて二店舗目の覚王山のお店は、白を基調とするスタイリッシュな空間で、Chez Shibataオリジナルのフランス菓子をたのしめるカフェです。モンブランからミルフィーユなどの生菓子、マドレーヌなどの焼菓子、ショコラ、ホールケーキなど全般的に幅広く販売されているので誕生日やおもたせにも使えるお店です。

また、夏には期間限定でオリジナルのかき氷を出しており、自家製ソースやジュレがかき氷にかかっており、とても美味しそうな仕上がりです。オーナーシェフの柴田武さんは、スイーツの本場のパリで腕を磨いておりその味は確かです。

覚王山のおしゃれカフェ10:HARUMAcafe

店内はカジュアルで落ち着いた雰囲気で気軽に入れるお店です。陽丸カフェは新鮮な素材を使ったランチが話題のお店で、4種類のカレーランチ(~¥1,050)、7種類の陽丸食堂ランチ(¥860)、魚のランチ(¥860)とランチの種類が豊富です。

また、ランチには+¥200からドリンクやデザートのセットがつけられます。ランチはさらにメインが選べる形で、メインだけでも7種類もあるので迷ってしまいます。

一番人気は若鶏もも肉の南蛮 自家製タルタルソースです。お弁当ランチとして人気のメニューで、カリッと揚がった鶏肉に甘酸っぱい南蛮だれと濃厚なタルタルソースがかかっており、噛んだ瞬間口いっぱいに鶏モモ肉のジューシーさが広がります。

覚王山のおしゃれカフェ11:ピエールプレシューズ覚王山

フランスで腕を磨いたオーナーパティシエの寺島直哉氏がオープンさせたお店です。代表メニューはショートケーキ『ガトー・ジャポネ』でふわふわのスポンジに北海道産の生クリームをたっぷりのせています。たべた瞬間にクリームの旨味とふわっとした食感で多くのお客さんが絶賛しています。

それもそのはずで、絶対に作り置きをせず、オーダー後に用意するというこだわりから生まれているのです。

名古屋の覚王山店でのみ限定の『ガトー・ジャポネ・グルマン』は代表メニューのガトー・ジャポネの生クリームを使っており、その上にフルーツを増量し、なんと更に好みのアイスを選ぶことができるという最高に贅沢な一品です。他にも同じように生クリームを使った料理が何種類もあるので何度も足を運んでしまいます。

覚王山のおしゃれカフェ12:甘露(アムリタ)

カントリーミュージックがBGMにかかっている古本カフェです。雰囲気が素敵で、2階への階段下のソファ席があるのですが、他のお客さんが2階に上がる度に聴こえる足音がどこか懐かしい気分にさせてくれ、落ち着ける隠れ家カフェです。都会では聞けなくなったミシミシという階段を上る音が非日常に連れ出してくれます。

古本屋さんとカレー屋が一緒になったアムリタでは、カレーを食べながらお店の古本を読むのもOKとまるで実家のように自由で落ち着けるカフェです。オーナーはなんとチャイを淹れて30年、カレーを作って25年という熟練で、かなり本格的でおいしいカレーとチャイがいただけます。

覚王山のおしゃれカフェ13:コルネ専門店コルネコ

フランス産の風味の良いバターを使用したサクサクのデニッシュ生地にお好みのクリームが選べるコルネ専門店「cornerco(コルネルコ)はスイーツ系のコルネとお惣菜系のコルネがあります。

スイーツ系のコルネはカスタード・レモン・ベリー・かぶせ茶(緑茶)・紅茶・チョコレートがあり、お惣菜コルネチョリソー・カレーがあります。また、他に季節限定メニューもあります。

生地は、噛んでも崩れないちょうどいいしっかりとした感じなのに、口当たりの良い上質なサクサク感が味わえます。クリームも格別で濃厚な仕上げのこだわりのクリームです。カスタードやレモン、ベリーなどがあります。注文してからクリームを詰めるのでコルネがサクサクで時間がたってからでもサクサクです。

覚王山のおしゃれカフェ14:ロンドンカップケーキ名古屋店

名古屋の覚王山駅から徒歩5分のばしょにあるロンドンカップケーキは金沢本店と名古屋店のみの全国にたった2店舗しかないんです。伝統的なイギリスの紅茶とカップケーキの専門店で、本場イギリスに行ったかのようなおしゃれな気分になれます。

カップケーキの見た目もかわいい色使いで仕上げてあるので食べるのが勿体無いくらいです。インスタ映え間違いなしなのでぜひ写真をとってみてください。シーズンごとに季節限定のメニューが出ていて、ハロウィーンやクリスマス、年末年始には干支仕様のケーキも発売されるので見逃せません。

ロンドンカップケーキではケーキの他に美味しいドリンクがあります。一番のおすすめは本場イギリスから茶葉を仕入れている本場のミルクティーです。その香りの高さに名古屋で食べているということを忘れてしまいそうになります。

他には、ヨーロッパスタイルのコーヒーであるカフェティエコーヒーというこーひーがあります。有名チェーン店では飲めない味が飲めるのが魅力的です。その他にも紅茶やハーブティー、ソフトドリンクなどたくさんの種類が取り扱われています。店内はピンクを基調とした可愛い作りになっており、女性に大人気です。

覚王山のおしゃれカフェ15:数寄屋カフェ

名古屋の覚王山駅から徒歩15分ほど歩いたところにある歩く隠れ家カフェが、数寄屋カフェです。古川美術館の分館、爲三郎記念館の中にあるので少しわかりにくいかもしれません。爲三郎記念館は昭和9年創建の数寄屋建築という方法の建築で、四季折々の美しさを見せる日本庭園は見事です。

爲三郎記念館のなかにカフェがあるのでこのカフェを利用するには展覧会のチケットが必要となりますが、まさに隠れ家カフェの数寄屋カフェの雰囲気はとても趣があり、落ち着く空間として人気があります。

爲三郎記念館は展示会などのイベントも行われる建物で、離れにはお茶室もあります。もちろん庭園や邸内を見学することもできます。趣のあるお庭を眺めながら数寄屋カフェではお抹茶とお菓子のセットを好きな部屋の小机やテーブルで楽しむことができます。その落ち着く暖かい空間は時の流れがゆっくりに感じられる素敵なカフェです。

覚王山のおしゃれカフェ16:いち倫

名古屋の覚王山駅から徒歩10分ですが、駐車場もあるので車でも行ける隠れ家カフェです。昭和初期にモダンな別荘として建てられた古民家が現在は隠れ家カフェになっています。庭園ギャラリーというだけあり、約250坪の庭園が見どころで、散歩もできます。

古民家の隠れ家カフェといってもけして清潔感がないわけではなく、色とりどりの植物があり季節の変化が感じられ美しく、垢抜けた内装で、ゆっくりとした時間がたのしめます。

ランチは一種類で数量限定なので早めに訪れるのがおすすめです。ほかには隠れ家カフェならではの和のスイーツや飲み物の種類も豊富に取り揃えられています。賑やかな名古屋の街の中でも少し奥まったところにあるのが隠れ家のような雰囲気で、ゆっくりと時間が流れる空間が大人気のお店です。

また、席も椅子席と畳のお席があり、庭園を見渡せる縁側が一番人気なので早めに訪れることがおすすめです。

ぜひ一度覚王山でカフェを堪能しよう!

覚王山のカフェは隠れ家のようなカフェやレストランのようにランチメニューがあるカフェもあります。使いたい場面によって選べるのも嬉しいです。ぜひ覚王山にいって色々なカフェに行ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
みーる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ