小樽「かま栄」のパンロールが絶品と話題!工場直売店は限定メニューあり!

北海道札幌市から約1時間で行くことができる小樽には、お土産で有名な「かま栄」があります。工場直売店があり、そこで食べることができるB級グルメ「パンロール」が大人気です。小樽のかま栄のパンロールとは、どんなグルメなのか調査しました。

小樽「かま栄」のパンロールが絶品と話題!工場直売店は限定メニューあり!のイメージ

目次

  1. 1有名な小樽のかま栄にあるパンロールが人気
  2. 2小樽のかま栄とは?
  3. 3小樽のかま栄のパンロールとは?
  4. 4小樽のかま栄工場直売店はどこにある?
  5. 5小樽のかま栄の工場見学に行こう!
  6. 6小樽のかま栄直売店限定メニュー1「ウインナーロール」
  7. 7小樽のかま栄直売店限定メニュー2「パンドーム」
  8. 8小樽のかま栄カフェで食べよう!
  9. 9小樽のかま栄カフェ限定メニュー1「和ドック」
  10. 10小樽のかま栄カフェ限定メニュー2「お好みサンド」
  11. 11小樽以外のかま栄でもパンロールが買える?
  12. 12小樽のかま栄でお土産を買おう!
  13. 13小樽観光で絶品パンロールを食べよう!

有名な小樽のかま栄にあるパンロールが人気

25005880 377250119384480 1253618378661167104 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kobu3_bs

北海道観光で有名な小樽市。小樽観光のお土産と言えば、ガラス製品、オルゴール、チョコなどいろいろありますが、その中でも「かま栄」のかまぼこは人気です。支店がいくつかありますが、小樽に工場と工場直売店があり、小樽のB級グルメメニュー「パンロール」を味わえると大人気です。パンロールとはどんなものなのかご紹介します!

小樽のかま栄とは?

17333818 283067895460111 3288105573156913152 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
majika.1992

かま栄とは、1905年(明治38年)に創業した、北海道小樽市のかまぼこ店です。古くからあり、観光客にはもちろん、地元の人にも愛されているかまぼこ店です。本社は花園で、小樽を始め、北海道内にいくつか支店があります。パンロールを開発し、人気のB級グルメとなっていますが、パンロールを買うことができるお店は限定されています。

小樽のかま栄のパンロールとは?

パンロールの歴史

26065421 2005710179685330 1702606859556356096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
xxsyouxx

パンロールとは、魚のすり身をパンで包み揚げたものです。1962年(昭和37年)に発明されたかま栄オリジナル商品です。小樽のお土産として、かま栄のかまぼこはとても人気があります。しかし、かまぼこは独特な味の魚の練り製品。好き嫌いが分かれ、特に若い人は苦手な人も多く、かまぼこ離れしていく傾向にあります。

そんな中、かまぼこをスナック感覚で食べることができないかと、考えられて作られたメニューが、この小樽のかま栄の「パンロール」です。当時では考えられない製法で、型破りのB級グルメでした。そのパンロール、揚げたての食感は、かまぼことは全く違っていて、新食感です。蒲鉾が嫌いな人も食べることができる絶品B級グルメです。

パンロールはいつ食べる?

パンロールは、できたてほやほやを食べるのが一番おすすめです。揚げたては、パンがサクサク、中のすり身がモチモチで、絶品!これが、冷めてしまうと、サクサクというより、油っぽくなってしまって、残念なパンロールになってしまいますので、お土産で持って帰っても、美味しさ半減、それ以下です。

このパンロール、真空パックすることができない為、配送できる範囲の北海道でしか味わうことができません。類似品も多く出ていますが、かま栄のパンロールは絶品です。北海道に行かないと食べることができないB級グルメなので、ぜひ北海道へ行った際は、パンロールを食べに行くのはおすすめです。

パンロールが冷めてしまったら?

23422018 182067765704624 3636421154505228288 n
mari_intiraymi

お持ち帰りしたい、北海道のお土産に持って帰りたいという人も多いと思います。賞味期限を守れるなら、持ち帰ることも可能です。しかし、残念なことに、冷めたパンロールは美味しさが伝わらず、おすすめできません。かま栄が、パンロールファンも、どうにかして美味しさを再現しようと試行錯誤しています。

パンを上手に焼いてい暮れる機能が付いているバルミューダ、焼き目を付けずに中まで温めるモードや、表面をサックっと仕上げて中までしっかりと温めてくれるモードがあり、そのバルミューダで焼くと美味しさを取り戻せます。またレンジで少しチンして、焦げないようにトースターで低めに焼くという方法もあります。ぜひお試しください。

Thumb小樽の食べ歩き特集!人気のスイーツから海鮮まで食べ尽くそう!
観光をしながら食べ歩きを楽しめる北海道の人気都市「小樽」。小樽は運河の夜景が人気の場所になり...

小樽のかま栄工場直売店はどこにある?

25024992 158144048282086 7882819856515465216 n
qt_2000

北海道札幌から約1時間で到着する小樽の堺町に、かま栄のパンロールを食べることができる工場直売店があります。かま栄の工場と工場直売店は隣接していて、工場からできたてのかまぼこやパンロールを販売しています。場所は、小樽運河の南端から近く、色内1丁目の交差点から南へ徒歩5分の場所にあります。歩いていくことができます。

住所:北海道小樽市堺町3-7
電話番号:0134-25-5802

Thumb札幌から小樽間移動はバスとJRどちらがお得?所要時間や料金を徹底調査!
札幌から小樽へ行くには、JR北海道または、高速バスを利用することになります。札幌ー小樽間は、...

小樽のかま栄の工場見学に行こう!

11849089 1207149159299099 1237001508 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
niceviewtokoro

小樽の堺町にあるかま栄の工場では、工場見学がおすすめです。見学の時間帯は9時から12時半、昼休みが入り、13時半から15時ごろまでです。見学の終了時間は、その日の稼働状況により、変化するようです。一番稼働している時間帯は、10時から11時半で、おすすめの時間帯です。しっかりかまぼこが作られる工程を見学することができます。

14262681 184576988647566 5085758289447223296 n
fujibara

工場見学は、無料で、見学の予約などは必要ないので、時間さえ合えば、いつでも見学することができます。見学入口は、工場直売店向かって左側から自由に出入りする形となっていて、工場内をガラス越しに見学します。時間が合えば、パンロールの製造過程も見学することができますので、ぜひ工場見学はおすすめです。

小樽のかま栄直売店限定メニュー1「ウインナーロール」

小樽市堺町の工場直売店では、限定商品メニューがあります。まず一つ目は「ウインナーロール」です。このウインナーロールは、パンロールから成長した商品です。パンにすり身を塗り、チーズとウインナーを挟んでロールし、揚げたものです。パンロールにチーズとウインナーの味が加わったような感じです。工場直売店限定商品で、おすすめです。

小樽のかま栄直売店限定メニュー2「パンドーム」

22499772 249220708935692 4920673039512764416 n
chiho.k17

もう1つ、工場直売店限定商品メニューは、「パンドーム」です。魚のすり身の中にチーズが練り込まれていて、パンで包み揚げています。パンドームは、チーズが出てこないようにと工夫されているせいか、形がパンロールやウインナーロールとは違い、大きめの四角い形です。工場直売店商品で、美味しくておすすめです。

小樽のかま栄カフェで食べよう!

17076364 567804393424674 5417664587463917568 n
ma_ri986

小樽のかま栄の工場直売店内には、カフェが併設されているので、ホッと一息休憩ができます。パンロール、直売店限定ウインナーロールとパンドームを直売店で買って、カフェで食べることができます。カフェメニューとして、かまぼこもあり、揚げたてはおすすめす。もちろん、パンロールも、カフェで食べることができます。

小樽のかま栄カフェ限定メニュー1「和ドック」

14561821 1869712126573476 50903617384742912 n
chi.r_

かま栄カフェにも限定メニューがあります。それは「和ドック」。ウインナー入りのかまぼこを、アメリカンドックと同じ製法で、衣を付けて揚げています。これもまた絶品です。味はホットドックです。でも、ホットドックよりもモチっとしている部分があり、旨味があります。お得感もありますし、お腹を満たしてくれます。

小樽のかま栄カフェ限定メニュー2「お好みサンド」

もう一つ、かま栄カフェ限定商品「お好みサンド」があります。お好み揚げをバンズに挟んだバーガーです。かま栄で人気のかまぼこのお好み揚げ、お好み焼き風に具としょうがを加え、揚げたかまぼこです。一口食べるとお好み焼きのモチモチ版。ソースがあるならもうお好み焼きです。そのお好みバーガーとバンズの相性が良く絶品で、おすすめです。

小樽以外のかま栄でもパンロールが買える?

工場直売店でしか買えないと言われていたりしますが、パンロールは、小樽でも、いくつかの店舗があり花園本店、駅前第一ビル店、サンポート店でも購入できますし、小樽の以外でも、札幌内の三越や大丸などのデパートの地下、札幌駅エスタ大食品街、サンピアザ店、帯広藤丸店、新千歳空港店で購入することができます。

19122524 1801699940142255 6045149357970292736 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mmika_hana0417

パンロールから成長した、工場直売店限定販売されている「ウインナーロール」と「パンドーム」は、直売店限定なので、本店でも、他の支店では買うことができません。小樽を出て、後悔してもパンロールしか食べることができませんので、後悔しないように、直売店限定商品は、工場直売店で、食べておくことをおすすめします。

小樽のかま栄でお土産を買おう!

20902652 267683083728110 1098864191520899072 n
nonono3555

小樽のかま栄の工場直売店や併設カフェで、パンロールやウインナーロール、パンドーム、その他カフェ限定メニューなども食べて、せっかくなら、それをお土産に持って帰りたいところですが、その場所で食べるのが一番おいしいので、限定商品は、その場で食べ、その他のお土産も見てみましょう。

16110991 1386681584696677 3942190119804469248 n
sumie612

かま栄で、お土産を買うなら、サーモンクリーム焼きはおすすめです。サーモンの切り身にチーズが入ったすり身を挟み、蒸したものです。サーモンとかまぼこが美味しい逸品です。また揚げかまぼこでは、「みそ南蛮」は、おすすめです。味噌の風味に、ピリッと一味唐辛子のアクセントがきいて、絶品です。

17125471 265538693871053 7288308323034595328 n
acchan0625

定番中の定番、ひら天は、直売店ナンバーワンのかまぼこで、とても人気がある商品です。定番だからこそ、かま栄の美味しさが一番出ていると絶賛される商品です。そして、やはり、北海道と言えばカニ。カニ入りかまぼこも人気があります。かまぼこも絶品で、おすすめのかま栄です。

小樽観光で絶品パンロールを食べよう!

20066555 314787678966031 8338647153706532864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shoko0318

パンとかまぼこが絶妙にマッチしたB級グルメです。小樽を中心とした札幌のかま栄で食べることができます。買ってすぐに食べるのが一番です。またパンロールから成長したウインナーロールやパンドーム、かま栄カフェの和ドックやお好みサンドは直売店でしか食べることができませんので、ぜひ小樽観光の際は、工場直売店で食べましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
しい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ