別府で人気のとり天ランキング!発祥の店『東洋軒』や定食ランチを紹介!

とり天と聞いてそれが大分県の郷土料理と分かる方はそれほど多くないはずです。それでも、最近は、とり天が別府発祥の料理だとかなり知られてくるようになりました。別府にはとり天の名店があふれています。ランチ時にはとり天のランチが大人気です。そんな別府のとり天調査です。

別府で人気のとり天ランキング!発祥の店『東洋軒』や定食ランチを紹介!のイメージ

目次

  1. 1別府で人気のとり天は大分の県民食!
  2. 2とり天は別府が発祥地!
  3. 3別府のおすすめとり天ランキング20位:大規模「さくら本館レストラン」
  4. 4別府のおすすめとり天ランキング19位:冷麺店「天心軒」
  5. 5別府のおすすめとり天ランキング18位:海鮮料理店「浜菊」
  6. 6別府のおすすめとり天ランキング17位:カフェ「珈琲もんじろう」
  7. 7別府のおすすめとり天ランキング16:位人気海鮮店「海鮮いづつ」
  8. 8別府のおすすめとり天ランキング15位:手頃な価格「ろばた仁」
  9. 9別府のおすすめとり天ランキング14位:ほっかほっか大将やまなみ芳美店
  10. 10別府のおすすめとり天ランキング13位:老舗レストラン「リボン石垣店」
  11. 11別府のおすすめとり天ランキング12位:ちゃんぽんの名店「とらや」
  12. 12別府のおすすめとり天ランキング11位:東洋軒直系「一二三」
  13. 13別府のおすすめとり天ランキング10位:元漁師の店「みなみ丸合歓」
  14. 14別府のおすすめとり天ランキング9位:総菜屋「野田商店」
  15. 15別府のおすすめとり天ランキング8位:古民家風「味蔵」
  16. 16別府のおすすめとり天ランキング7位:別府駅前「まやかしや」
  17. 17別府のおすすめとり天ランキング6位:天丼の名店「とよ常」
  18. 18別府のおすすめとり天ランキング5位:お寿司屋のとり天「和音」
  19. 19別府のおすすめとり天ランキング4位:小さな名店「にしもと」
  20. 20別府のおすすめとり天ランキング3位:温泉のとり天「岡本屋売店」 
  21. 21別府のおすすめとり天ランキング2位:70年の歴史「グリルみつば」
  22. 22別府のおすすめとり天ランキング1位:とり天の親「レストラン東洋軒」
  23. 23大分市のとり天の名店
  24. 24別府と大分のとり天論争
  25. 25大分の地鶏は?
  26. 26別府のとり天は鶏肉が最高に美味しくなる食べ方!

別府で人気のとり天は大分の県民食!

大分県が発祥地といわれる「とり天」、大分県の県民食です。大分県は、常に鶏肉の消費量が、全国上位にくる県です。そんな大分で人気の鶏料理は唐揚げではありません。とり天です。もちろん、唐揚げも名物ですが、大分のとり天の美味しさは格別といわれています。そんな大分のおいしいとり天が食べられる、とり天発祥の地、別府の有名店の紹介です。

とり天は別府が発祥地!

とり天の発祥地は別府です。そんな別府名物、とり天が思う存分味わえる、おすすめのお店が別府には100軒以上もあります。大分の代表グルメともいわれるとり天には、高級料亭から街の食堂まで様々あり、ボリューム満点なのにリーズナブルな価格で食べられます。そんなとり天の名店もバラエティーに富んでいます。

しばしば、とり天は大分県のご当地B級グルメと紹介されますが、B級グルメの定義をどうするかにもよりますが、もはや「とり天」は、B級グルメではないようです。大分県を代表する一流グルメです。世界的に有名な別府温泉とともに、大分が誇る郷土料理の代表です。フライドチキンでない、日本のとり天です。

別府のおすすめとり天ランキング20位:大規模「さくら本館レストラン」

「さくら本館レストラン」さんが入る「インターヴィレッジさくら」は、別府インター近くのお土産屋さんやレストランが一緒になった商業施設です。そのレストランが「さくら本館レストラン」です。海外からの団体客もやってきます。「さくら本館レストラン」のとり天定食は、とり天らしいとり天で、とても美味しいという声があります。

住所 大分県別府市大字鶴見1915番地の1
電話番号 0977-23-3040

別府のおすすめとり天ランキング19位:冷麺店「天心軒」

「天心軒(てんしんけん)」さんは、定食やラーメンや冷麺が人気ですが、とり天も評判が高いお店です。「冷麺・ミニとり天セット」は、お店の人気メニュー2つがコラボしたセットメニューです。とり天は、味がしっかりしみ込んで、噛むほどにおいしいタイプのとり天です。衣はサクサクで、柔らかくジューシーな鶏肉に仕上がっています。

住所 大分県別府市鶴見7組3
電話番号 0977-23-7645

別府のおすすめとり天ランキング18位:海鮮料理店「浜菊」

浜菊(はまぎく)さんは、日本料理や丼ものや魚介・海鮮料理の専門店ですが、とり天も食べられます。ランチのとり天定食はリーズナブルな値段でいただけます。白いとり天で、塩をつけて食べたり、ポン酢でも美味しくいただけます。ランチメニューだと、ひな菊御膳で「とり天」が食べられます。

住所 大分県別府市上田の湯町16-36
電話番号 0977-27-3116

別府のおすすめとり天ランキング17位:カフェ「珈琲もんじろう」

「珈琲もんじろう」さんは、コーヒーやスイーツが食べられるカフェですが、とり天定食も食べられるお店です。とり天定食は人気メニューです。とり天は、あっさりとした味で、タレを付けて少しアクセントを効かしたとり天にすることもできます。定食の後に、ごまプリンやチーズケーキがだべられるお店です。

住所 大分県別府市上人西4-1
電話番号 0977-66-6485 

別府のおすすめとり天ランキング16:位人気海鮮店「海鮮いづつ」

「海鮮いづつ」さんは、別府駅から徒歩で約7分ほどの場所にあります。地元でもおすすめの人気店です。店名通り、海鮮料理が人気あります。その一方で、とり天も人気です。海鮮料理の定食を注文して、とり天を単品で頼むお客さんが多くいます。とり天はサクサクした食感で、最高に美味しいと評判です。高級店ですがランチメニューもあります。

住所 大分県別府市楠町5-5
電話番号 0977-22-2449

別府のおすすめとり天ランキング15位:手頃な価格「ろばた仁」

「ろばた仁」さんは 、別府のろばた焼きの名店です。関サバ、関アジなどの大分名物の魚が取り揃えられています。お値段もリーズナブルと評判です。大分名物のとり天の単品が480円です。有名なろばた焼きやさんの美味しいとり天が、リーズナブルな価格で食べられると人気になっています。

住所 大分県別府市北浜1丁目15-7
電話番号 0977-21-1768

別府のおすすめとり天ランキング14位:ほっかほっか大将やまなみ芳美店

なによりも、持ち帰り弁当屋さんにまで、人気のとり天のメニューがあることが、さすが別府です。「ほっかほっか大将やまなみ芳美店」さんのとり天は、子どものこぶし大のとり天が大量に入った、とり天弁当です。味も濃厚に仕上げられていて、ジューシー感があふれ出るとり天が入っています。 

住所 大分県別府市石垣西10丁目9-12
電話番号 0977-26-2702

別府のおすすめとり天ランキング13位:老舗レストラン「リボン石垣店」

「リボン石垣店」さんは、創業から60年続くレストランです。選んで、地元の野菜やお米を使っています。レストランですが、店の名物はとり天です。脂っこくないヘルシーなとり天に仕上がっています。衣が油っぽくなく、鶏肉が柔らかく、甘酢タレとよく合います。人気のとり天定食は1080円です。ランチ時は人気が高いお店です。

住所 大分県別府市石垣西2丁目1-35
電話番号 0977-22-1259

別府のおすすめとり天ランキング12位:ちゃんぽんの名店「とらや」

「とらや」さんは老舗の食堂です。ちゃんぽんもとり天丼もあります。とり天の定食は800円で、量が十分にあります。とり天は微かにニンニクの風味がして、唐揚げに近い感じもします。衣はカリカリで、とり肉はプリプリ、鶏肉はジューシーです。ラーメンも種類が豊富で、カレーや各種定食もあります。 

住所 大分県別府市千代町12-1 
電話番号 0977-21-6000

別府のおすすめとり天ランキング11位:東洋軒直系「一二三」

とり天発祥の店、東洋軒の流れを汲むお店です。ご夫婦が竹瓦温泉の裏手で営む中華や洋食の店です。メニューには鶏肉のてんぷらとされています。食べやすいサイズの鶏肉を、薄めの衣で包み、さっぱり味で仕上がっています。かなりアットホーム感があふれている食堂です。とり天900円、ご飯200円でランチになります。

住所 大分県別府市元町16-6
電話番号 0977-23-8560

別府のおすすめとり天ランキング10位:元漁師の店「みなみ丸合歓」

みなみ丸合歓(ねむ)さんは、カウンター10席程度と座敷席のお店です。店名のみなみ丸は元漁師だった大将の船の名前から採っています。今も新鮮な豊後水道の関アジ、関サバなどが店で食べられます。大分名物のとり天は、フワフワしてとても美味しいと評判になっています。

住所 大分県別府市北浜1-11-20
電話番号 0977-21-2328

別府のおすすめとり天ランキング9位:総菜屋「野田商店」

1960年代に、野田商店は別府駅の高架化と同時にオープンしています。代替わりしていますが、味は変わっていません。別府で有名なおすすめの総菜屋さんです。名物は巻きずしですが、とり天も劣らず人気です。茶色で大きい目サイズのとり天です。下味がしっかり付いていて、揚がりはサクサクしています。総菜屋さんだからこそ、みんなに愛される味のとり天です。

住所 大分県別府市中央町6-22べっぷ駅市場内
電話番号 0977-22-5520

別府のおすすめとり天ランキング8位:古民家風「味蔵」

正しくは、民芸茶屋味蔵(あじくら)さんのようです。とり天は各お店で個性がでますが、味蔵さんのとり天は、きめ細かくふわふわした衣で、サックリした食べごたえあるとり天です。ボリューム感も満点です。古民家風の店内は落ち着いてくつろげます。目玉は、平日限定のランチメニューで、とり天定食は690円です。

住所 大分県別府市石垣東6丁目7-39
電話番号 0977-21-0548

別府のおすすめとり天ランキング7位:別府駅前「まやかしや」

「まやかしや」さんは、別府駅東口から徒歩1分のところにあります。まやかしやさんのとり天は下味の付いた酢醤油なしのとり天です。サクサクとした衣と柔らかい鶏肉が見事にコラボしています。かぼすだけをかけて食べても美味しいとり天です。大きめサイズで、白っぽい厚めの衣が特徴です。お店もコンクリート打ちっぱなしでシャレた店構えです。

住所 大分県別府市駅前本町3-6
電話番号 0977-24-8715 

別府のおすすめとり天ランキング6位:天丼の名店「とよ常」

「とよ常(とよつね)」さんは、長い歴史があるお店で、「特上天丼」が有名です。元々、老舗旅館の流れを受け継ぐ名門懐石料理店です。天丼でも秘伝のタレが知られています。そんな人気料理店で、天ぷらの専門家が料理するとり天です。昼食時のランチでは1150円でとり天定食が食べられます。

住所 大分県別府市北浜2-13-11 別府温泉ホテル 雄飛1F
電話番号 0977-22-3274

別府のおすすめとり天ランキング5位:お寿司屋のとり天「和音」

「和音(わおん)」さんは、仲の良い親子が経営する老舗の和食店です。JR別府駅から車で7〜8分の国道10号沿いにあります。店主ご夫婦と息子さんが営むお店です。平日ランチなら1060円で、美味しいとり天定食が食べられます。和音さんは、お寿司屋さんです。和音さんのとり天は、白っぽい衣が特徴で、さっくりした美味しい味です。

和音さんはお寿司屋さんだけに、お寿司も食べられるとり天のお店です。店主の清水洋一氏がお寿司を握ります。ネタはすべて店主が市場で仕入れた新鮮なネタです。とり天は息子さんが調理しています。とり天に使うモモ肉は厳選されています。にぎり寿司ととり天が食べられるお店です。店名通り、とり天とお寿司が最高に調和する「和音」です。

住所 大分県別府市汐見町7-26
電話番号 0977-24-1453

Thumb別府は寿司屋の名店がいっぱい!高級店のお得ランチほか人気店を厳選紹介!
大分の別府エリアでおすすめの美味しいお寿司屋さんの情報について、詳しくご紹介位していきます。...

別府のおすすめとり天ランキング4位:小さな名店「にしもと」

「にしもと」さんは、昭和51年(1976年)から40年以上、ご夫婦で営むトンカツ屋さんです。トンカツの名店ですが、白っぽい、ふっくらした衣が厚めのとり天も美味しいと人気です。カウンター5席の小さなお店ですが、味の良さから近所に愛され出前も多いお店です。これこそ、大分にとり天が根付いてる証拠です。1000円でお釣りがくるランチも楽しめます。

住所 大分県別府市楠町6-3
電話番号 0977-25-3759

別府のおすすめとり天ランキング3位:温泉のとり天「岡本屋売店」 

とり天の名店「岡本屋売店」さんは、明礬(みょうばん)温泉街にある岡本屋旅館別棟にある売店です。「地獄蒸しプリン」の有名なお店です。同じように、家庭的な味のとり天が人気です。衣は少し黄色がかり、鶏肉は柔らかく旨味たっぷりです。からしと醤油でも、そのままでもおいしいとり天です。 

住所  大分県別府市明礬4
電話番号 0977-66-3228 

別府のおすすめとり天ランキング2位:70年の歴史「グリルみつば」

「グリルみつば」さんは、昭和28年(1953年)創業で、70年に迫る歴史を誇る名門グリル店です。そんな、名門洋食屋さんにもとり天があります。シンプルに下味を付けた鶏肉を、ふわっとした衣で包むとり天が、グリルみつば流です。決め手は、長年のお店の歴史が生み出した自家製タレ です。自家製の甘いタレが、三つ葉さんのとり天の人気の秘密です。

「三ツ葉グリル」、現在の「グリルみつば」さんは、昭和28年の開業時からメニューに、とり天が載っています。そこから、この店がとり天の元祖として紹介されることも多いらしいのですが「三ツ葉グリル」の創業者は、レストラン東洋軒の出身であり、東洋軒で修業して独立しています。その本人がとり天の起源は「レストラン東洋軒」といっているようです。

住所 大分県別府市北浜1丁目4-31
電話番号 0977-23-2887

別府のおすすめとり天ランキング1位:とり天の親「レストラン東洋軒」

レストラン東洋軒は、とり天発祥のお店といわれています。その伝えの通り、東洋軒のとり天の人気は高く、日本全国に知れ渡っています。そのとり天を誕生させたのも東洋軒です。その美味しさから、大分ではとり天が県民食とまでいわれ、時代を超えてソウルフードになっているそうです。

昭和初期に東洋軒の創業者、宮本四朗氏が中華料理を和風にアレンジして「鶏ノカマボコノ天麩羅」としてメニューにしたのが、「とり天」です。当時の硬い地鶏の肉を平らにそぎ切りにし、天麩羅の生地と、からませて揚げていくと、サクサクと柔らかい「鶏ノ天麩羅」になり、大人気にとなりました。

東洋軒の誕生は、大正15年(1926年)4月1日に、大分県初のレストランとして初代の宮本四朗氏が創業しました。東京帝国ホテルから天皇の料理番を務め、「別府観光の父、油谷熊八」の強い勧めで「亀の井ホテル」初代料理長になり、その後に「東洋軒」をオープしました。昭和の文豪、坂口安吾や菊池寛、丹羽文雄なども愛した「東洋軒」です。

東洋軒のとり天は、国産鶏のモモ肉を平らにそぎ切り、秘伝の特製しょう油とニンニク、ごま油で味付けし、新鮮な卵と小麦粉、片栗粉の衣を付けて、165℃~170℃の油で3~4分揚げます。タレ無しも大変美味しい味です。大分産の「カボス」や、酢醤油とからしのタレも絶品な味です。そんな東洋軒のとり天がランチで1100円、本家のとり天定食が1350円で食べられます。

住所 大分県別府市石垣東7-8-22
電話番号 0977-23-3333

大分市のとり天の名店

大分県で最も人口が多いのは大分市です。大分市は約478千人で、別府市の約122千人の約4倍です。そんな大都市の大分市にも、別府市に劣らないとり天の名店がたくさんあります。そんな、大分市のとり天の名店からぜひとも紹介したい個性的なお店を選りすぐりました。大分で美味しいとり天が振る舞われる名店ばかりです。

大分市の名店1:こつこつ庵 

「こつこつ庵」さんは、創業40年を誇る、大分の郷土料理の人気店です。大分名物の関アジ・関サバ・ふぐから、だんご汁など、大分の郷土料理が堪能できるお店です。約300種類の焼酎も揃っていて全国の焼酎ファンもよく知っている名店です。そんな名店のとり天は、サクサクふわふわの衣に鶏肉のジューシーさを閉じ込めた逸品です。

住所 大分県大分市府内町3丁目8-19
電話番号 097-537-8888

大分市の名店2:「驛亭」

「驛亭(えきてい)」さんは、JR大分駅の駅ビルにある「豊後にわさき市場」内にある、郷土料理のお店です。人気メニューの、とり天定食(830円~)は、とり天が6本入り、リーズナブルな価格になっています。人気の秘密は、仕入れから製法から調理まで、お店独自のこだわりが貫かれた自慢のとり天だからです。因みに、とり天9本入は950円です。

住所 大分県大分市要町1-40ミュプラザ大分1階
電話番号 097-513-7080

大分市の名店3:和食料理 花邨

花邨(なはむら)さんは、関さばをはじめ大分のおいしい料理が食べられる料理屋さんです。郷土料理の、あじ寿司、だんご汁に、とり天もあります。とり天は、1個1個が大きくてボリューム感満載です。衣はサックリ、鶏の旨味が衣で閉じ込められています。大分市内のとり天のトップクラスの名店という声も多く聞こえてきます。

住所 大分県大分市中央町4丁目2-5全労済ソレイユ
電話番号 097-538-5550

大分市の名店4:あんとれ

「あんとれ」さんは、マスコミでも取り上げられる、とり天の有名な洋食屋さんです。あんとれさんのとり天には、鶏のむね肉を使用しています。あっさりとした味わいのとり天です。大分駅から徒歩5分ほどの場所で立地の良いお店です。とり天定食が750円とリーズナブルです。

住所 大分県大分市中央町2丁目2-22
電話番号 097-536-4208

大分市の名店5:元祖とり天「キッチン丸山」

老舗洋食屋さんの「キッチン丸山」さんは、大分では、とり天発祥のお店の1つともいわれています。地元では、元祖とり天といわれ、大分市内で一番有名なとり天の名店です。とり天はカラッと揚がって、ジューシーです。県外からのお客さんも多く来店します。注意点は、営業時間がランチの時間帯でお昼のみの営業です。

住所 大分県大分市顕徳町1-6-15
電話番号 097-537-5538 

別府と大分のとり天論争

一般的には、とり天は、別府市で大正15年(1926年)に開業した「レストラン東洋軒」が、とり天発祥のお店といわれています。しかし、大分市や大分市観光協会の見解では、とり天は、昭和37年(1962年)に、大分市内の食堂で誕生したと紹介されています。大分市内の定食店「キッチン丸山」や「いこい」が「元祖」として紹介されることが多いようです。

大分市のとり天は、以前からあるとり天とは異なる製法で、独自開発のとり天だそうです。このように、とり天の起源については大分市観光課と別府市観光まちづくり室とで、論争があるようです。まあ、どちらも美味しいとり天ですし起源はどうであれ、これからももっと美味しいとり天の開発で競ってもらえれば、美味しいとり天が発展することになります。

Thumb別府グルメを堪能しよう!とり天や海鮮の人気店に子連れおすすめの店は?
大分県の別府エリアで美味しいグルメが食べられるというスポットの情報について、詳しくご紹介して...

大分の地鶏は?

大分県にも地鶏はいます。「おおいた冠地どり(オオイタカンムリジドリ)」です。国内で初めて烏骨鶏を交配した鶏で「家庭で味わうこだわりの地鶏、うまい・お求めやすい・柔らかいの三拍子揃った地鶏」がコンセプトです。ジューシーな肉で、適度に柔らかく、うま味があります。全国には出回っていませんが、今後飛躍しそうな鶏です。記憶しておきましょう。

別府のとり天は鶏肉が最高に美味しくなる食べ方!

以上のように、名店がひしめいて、とり天は別府を代表する郷土料理になっています。今や、とり天は別府だけでなく、大分を代表する名物料理です。ボリュームがあってもヘルシーなとり天は、ランチでも大人気です。別府に出かけて、本場のおいしいとり天巡りを楽しみましょう。あわせて、別府温泉も楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ