本場イタリアの名物料理&食べ物ランキング!現地の有名な店舗やグルメを紹介!

イタリアは日本人がよく知る名物料理や有名な食べ物がたくさんあります。そして、有名な料理が実はイタリアの食べ物だったということもあるでしょう。そんなイタリアにある名物料理の数々をランキング方式でお料理の特徴を踏まえてご紹介して参りましょう。

本場イタリアの名物料理&食べ物ランキング!現地の有名な店舗やグルメを紹介!のイメージ

目次

  1. 1イタリアには名物料理がいっぱい!
  2. 2イタリアの名物料理&食べ物ランキング13位:ニョッキ
  3. 3イタリアの名物料理&食べ物ランキング12位: パンナコッタ
  4. 4イタリアの名物料理&食べ物ランキング11位:パニーニ
  5. 5イタリアの名物料理&食べ物ランキング10位:フィオレンティーナステーキ
  6. 6イタリアの名物料理&食べ物ランキング9位:ティラミス
  7. 7イタリアの名物料理&食べ物ランキング8位:ラザニア
  8. 8イタリアの名物料理&食べ物ランキング7位:リゾット
  9. 9イタリアの名物料理&食べ物ランキング6位:生ハムメロン
  10. 10イタリアの名物料理&食べ物ランキング5位:ブルスケッタ
  11. 11イタリアの名物料理&食べ物ランキング4位:アクアパッツァ
  12. 12イタリアの名物料理&食べ物ランキング3位:バーニャカウダ
  13. 13イタリアの名物料理&食べ物ランキング2位:ピザ
  14. 14イタリアの名物料理&食べ物ランキング1位:スパゲッティ
  15. 15イタリアの名物料理を食べに行こう!

イタリアには名物料理がいっぱい!

美味しいもので溢れるイタリア、日本人の口に合うものも多く、日本国内にもイタリア料理を堪能できるレストランが数多くあります。

そんなイタリア料理には実はイタリア発祥のお料理だということを知られていないものも多くあります。そんなイタリアの名物料理をその料理の特徴と共にランキングを使って順番にご紹介して参りたいと思います。

Thumbイタリアの有名都市ランキング!観光におすすめの場所や見どころまとめ!
魅力的な都市が多いイタリア。イタリア旅行を計画する時、行きたい都市を好きなように選ぶと、いく...

イタリアの名物料理&食べ物ランキング13位:ニョッキ

じゃがいもと小麦粉を合わせて団子状にしたイタリアの食べ物ニョッキ、イタリアのローマでは、このニョッキを木曜日に食べるという伝統的な仕来りがありました。今でもローマの街中のイタリアンレストランでは木曜日に提供するお店もあるそうです。

このようにローマでは曜日ごとに食べるものを分けていたそうです。特に木曜は休日に近い感覚であり、この木曜日にしっかり栄養のあるものを摂取する習慣があったそうでその翌日金曜は胃に優しいお魚を摂取していたそうです。

そんなもちもち食感がたまらないニョッキ、日本で言うところのすいとんのような食感のニョッキはクリームソースやトマトソースとパスタの一種であることからお店や家庭ごとに味付けは様々で大人から子供まで多くのイタリア人に愛される料理です。

そのニョッキの有名店がローマにある「ネロ・ビストロ」です。やはりこちらでは木曜限定でニョッキを頂くことができ、木曜は予約をしていったほうが良いほどこの絶品ニョッキを求めて多くの方々が訪れます。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング12位: パンナコッタ

「パンナコッタ」はイタリア発祥の洋菓子の一種でつるッとした口当たりとコクのあるクリーミーさが特徴のスイーツです。パンナコッタというとババロアやプリンと同じようで違いを聞かれてもよくわからないということも多いでしょう。

このパンナコッタの特徴は卵を使わないということです。このパンナコッタの「パンナ」は生クリーム、そして「コッタ」は煮るを意味していますので、その名の通り生クリームや牛乳などの乳製品に砂糖を混ぜて煮詰めてゼラチンで固めたものです。

パンナコッタにはベリー系のジャムや果肉を添えることが多いです。乳製品を使っているのみを使っていますが煮詰めているだけなのでヨーグルトのように発酵はせず酸味もないがコクのある甘みにもこのベリー系の甘酸っぱさがよく合います。

乳製品のみで作るパンナコッタはプリンやババロアに比べてカロリーが高めです。なので食べすぎには注意しましょう。ゼラチンで固めているのでつるつるしており、ついつい食べすぎてしまう魅惑のイタリアのデザートです。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング11位:パニーニ

焼き目が波状になっているイタリアの軽食「パニー二」はパンに具材を挟んだイタリア料理で、パニーノと書いてあることもあります。このパニーニとパニーノと違いは単純に単数形、複数形ということだけではなく焼き方等とにも違いがあります。

パニーニはパニーノの複数形を表します。そして、両目がホットサンドのように焼き目がついているのが特徴で、このパニーノは単数系で片面だけが焼かれているのが特徴です。さらにパニーノは焼き目がなくパンに具材を挟んだだけのものもパニーノと呼びます。

単数系、複数形と言われてもよくわからないという方もいらっしゃると思いますがただ単純に半分に切られたタイプか一本そのままかの違いでもあるそうです。味や具材が挟まれたサンドイッチということには変わりがありません。

そんなパニーニは美食の街フィレンツェのパニーニが美味しいと有名です。あちらこちらに美味しいパニーニ屋さんがありますのでフィレンツェに行かれる際は是非、美味しいパニーニを頂いてみてはいかがでしょうか。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング10位:フィオレンティーナステーキ

「フィオレンティーナステーキ」という言葉あまり耳にしたことがないという方もいらっしゃるでしょう。このフィオレンティーナステーキとはイタリアはフィレンツェ名物のTボーンステーキのことを表しています。

このフィオレンティーナステーキはフィレンツェでは有名な食べ物でフィレンツェの街中にあるレストランやトラットリアなどにはこのフィオレンティーナステーキと言うメニューが書かれていることが多いでしょう。

フィオレンティーナステーキを「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」と書いているところもあります。どちらも同じTボーンステーキのことを表しています。

この美味しいお肉を食べるならやはり美味しいお店に行かなくてはなりません。そんな肉好きさんにおすすめが「アッラ・ヴェッキア・ヴェットラ」こちらは日本人シェフたちの間でも美味しいと有名のお店で名店中の名店です。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング9位:ティラミス

イタリアの有名デザートといえば「ティラミス」でしょう。このティラミスは北イタリア生まれのデザートの一種で「Tirami su! 」というイタリア語から付けられた名前だそうで「私を元気にして!」という意味が込められているそうです。

美味しいティラミスを食べて明日からまた頑張ろうと思えるようにと作られたティラミスはエスプレッソのほろ苦さが染み込んだビスコッティにマスカルポーネチーズ入りのクリーミーなクリームが挟まっているのが特徴のデザートです。

ティラミスというと大人のスイーツというイメージですが、イタリアでは伝統的なスイーツであるため大人から子供まで幅広い層に人気のスイーツです。

そんなイタリアで愛されるスイーツ、ティラミスを本場イタリアで食べるなら外せない有名店がこのローマにある「POMPI」です。イタリア在住の日本人シェフも認める味はイタリア一ともいわれるティラミスですのでこの絶品ティラミスは外せない一品です。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング8位:ラザニア

イタリアはナポリ、そのナポリの有名なパスタといえば「ラザニア」です。このラザニアはラザニエ言われおり、特徴としましては先ほどの団子状のニョッキや定番の麺タイプのパスタと違い平たく伸ばした一枚のパスタを指しています。

ラザニアをオーブンで焼き上げた料理をラザーニャと呼び、お店によってはラザニアと書かれていたり、ラザーニャと書かれているものもあります。このラザーニャはミートソースとベシャメルソース、そしてパスタを交互に挟み、チーズをのせて焼き上げます。

日本でも馴染み深いこのラザニアは日本でもイタリアで修行をした日本人シェフたちによって美味しく頂けるお店が多くあります。しかし、イタリアへ行くならば本場の味を一度食べてみたいという方も多いでしょう。

そんなラザニアを食べるなら本場ナポリまで足を運びましょう。ナポリはラザニア以外にもナポリピザなど美味しいものに溢れた街ですので、発祥の地へ行って本場のラザニアを堪能して下さい。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング7位:リゾット

イタリアの唯一のお米料理として知られる「リゾット」、このリゾットは中東から伝わってきたお米文化を独自の方法で作り上げた伝統料理です。パスタ同様にトマトソースやクリームソースで煮詰めたリゾットはイタリア料理でも外せない一品です。

イタリアの旅行途中、だんだんとピザやパスタなど小麦に飽きてくることも少なからずあるでしょう。そんな時の救世主がこのリゾットです。日本人にとっては欠かせないお米を雑炊のように煮詰めた料理で長期のイタリア旅行中には必ず頂くであろう一品です。

このリゾットはお鍋にオリーブオイルやニンニク、バターなどで炒めた玉ねぎにお米を入れてそこから抱き上げ、魚介やソーセージなどお好みで具材を入れていき、具材の旨味をお米へと染み込ませたイタリアの料理です。

特徴はスペインのパエリア同様にお米の状態から具材の旨味で抱き上げることにより、その旨味成分を余すことなく一粒一粒に染み込ませていきます。仕上げにはイタリアらしくチーズをふんだんに使い日本人の口にもよく合う一品となっています。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング6位:生ハムメロン

嘘のような本当のような料理「生ハムメロン」、日本人がどこからか勘違いをして生み出された料理のようにも思いますが、イタリアやスペインなどの歴とした伝統料理の一つです。

イタリアもスペインもどちらも生ハムが有名な国で生ハムは保存食として扱われてきました。この生ハムの塩気とメロンの甘みが絶妙なバランスとなり、どちらの料理でも前菜などで振舞われる料理の一つです。

メロンの青臭さをカバーしてくれる生ハム、そして生ハムの強い塩気をメロンの甘みでカバーすることにより程よく風味が重なることで新しい旨味を引き出してくれます。

また、メロンに含まれるカリウムと生ハムの塩気に含まれるナトリウムはそれぞれ別の作用を持つことによりお互いが干渉し合い体内で良い働きをしてくれると身体にもよい食べ物と言われています。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング5位:ブルスケッタ

イタリアのフィンガーフード「ブルスケッタ」はイタリアのおつまみ的なお料理で様々な具材をフランスパンに乗せて食べる伝統的な料理の一つです。

様々な食材をのせて食べることにより、料理の幅が広いこのブルスケッタはバリエーションが豊富でイタリア料理をおしゃれに彩ってくれると人気の高い料理の一つです。

イタリアの有名な食べ物として知られる生ハムを乗せたり、またレバーパテやトマトのマリネなど用途に合わせて様々なものをのせて頂くことができ、またイタリアのワインなどにも相性のよいお料理です。

イタリアのレストランでも必ず置いてあるお料理で、美味しいワインに合わせてつまみながら前菜として楽しむのもおすすめなイタリアン料理の食べ方です。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング4位:アクアパッツァ

日本同様、海に囲まれているイタリアの魚貝類をふんだんに使った料理「アクアパッツァ」は、ブイヨンなどを使わずトマトと水や白ワインなどの水分で魚介の旨味を引き出すのが特徴の人気の高いイタリアのお料理です。

タイやスズキ、ヒラメなど白身魚をまるごと使うこのアクアパッツァは貝やタコ、イカなどの魚介類も使い、その旨味をパンにつけて食べるとさらに美味しさが増します。

スープパスタのようにパスタを入れて食べる食べ方や最後にリゾットにするなど用途は様々で豪快且つ贅沢なこの一品は日本人からも評判の高いイタリア料理となっています。

漁師飯とも言われているアクアパッツァを食べるならイタリアでも海岸方面へ行って食べることをおすすめします。新鮮な魚介類が手に入る海岸沿いではお値段もリーズナブルでとても美味しいアクアパッツァが頂けます。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング3位:バーニャカウダ

こちらも日本での知名度が高く、またイタリアのお料理の前菜として用いられる料理「バーニャカウダ」です。バーニャカウダの「バーニャ」はソース、「カウダ」は熱いという意味があり、熱々のアンチョビが効いたソースが特徴です。

このアンチョビやニンニクの効いたソースに生野菜をディップして頂くバーニャカウダはイタリアのワインにもぴったりの一品です。

ワインのアテとしても人気の高いバーニャカウダはスティック状に切られた生野菜をそのまま摂取できるので栄養価の高いイタリア料理です。

バーニャカウダソースはオリーブオイルにアンチョビやニンニクを効かせてコトコトと煮込んでいくとてもお手軽に作れるイタリア料理の一つなのでご自宅で再現してみるのもおすすめです。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング2位:ピザ

イタリアを代表するお料理の一つ「ピザ」は誰もが知っているイタリア料理です。平たく伸ばしたピザ生地の上にトマトやチーズ、魚介など様々な具材を乗せて窯で焼き上げます。

世界中で知られるこのピザはリトアニアから伝わったものをイタリア風にしたという一説もあるそうです。ピザはまたイタリア国内でも都市によって様々な特徴があり、生地の厚さや焼き方などピザの食べ歩き旅行などもおすすめです。

このイタリアを代表するピザ、イタリア国内でも発祥の地と言われているのがナポリです。やはりナポリピザを食べなくてはイタリアのピザは語れません。

そんなナポリの名店中の名店と言われるお店が「Sorbillo」です。このSorbilloは常に行列が絶えないお店でピザの種類も豊富、そしてなんといっても値段の安さと味が決めての有名店です。

イタリアの名物料理&食べ物ランキング1位:スパゲッティ

イタリア料理ランキングで1位に選ばせて頂いたのはやはりこちらもイタリアを代表する名物料理「スパゲッティ」です。本場イタリアのパスタは様々な形と用途があり、無限に楽しめるお料理です。

パスタの中には先ほどご紹介したニョッキ、ラザニアの他にもマカロニやペンネ、そしてこのスパゲッティです。麺状になっているスパゲッティはパスタの中のパスタとも言えるでしょう。

スパゲッティを使った料理は様々あり、ミートソース、カルボナーラ、ペスカトーレと味も見た目も様々でこれほどまでに幅広いお料理が楽しめる食べ物も他にはないのではないでしょうか。

日本でもこのスパゲッティを使って和風スパゲッティとして、たらこスパゲッティやキノコスパゲッティなど国によってもアレンジができます。世界中から愛されるスパゲッティはイタリアのナンバーワンのお料理と言えるのではないでしょうか。

イタリアの名物料理を食べに行こう!

いかがでしたか?ご存知あるイタリア料理以外にも意外なものがイタリア発祥のお料理だったなどもあったのではないでしょうか。

日本人に馴染み深いイタリア料理の特徴、そして本場イタリアの名店などもご一緒にご紹介させて頂きましたので、ご自宅でのお料理の際やご旅行でイタリアへ行かれる場合などこちらをご参考の上美味しいイタリア料理をご賞味下さい。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
saki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ