種子島でサーフィンするなら?人気のポイントやおすすめシーズンまで調査!

種子島は鉄砲が伝来した島として有名ですが、実はサーフィンができるポイントが多くあり、サーファーに人気の島でもあります。今回は、そんな種子島のアクセス方法やサーフィンベストシーズンを含め、サーフィンおすすめポイントをご紹介します。

種子島でサーフィンするなら?人気のポイントやおすすめシーズンまで調査!のイメージ

目次

  1. 1種子島はサーフィンの楽園!
  2. 2種子島へのアクセス方法
  3. 3種子島でサーフィンをするベストシーズンは?
  4. 4種子島サーフィン初心者おすすめポイント1:浦田海水浴場
  5. 5種子島サーフィン初心者おすすめポイント2:宇宙科学技術館(展示館)
  6. 6種子島サーフィンおすすめポイント1:よきの海水浴場 地蔵下
  7. 7種子島サーフィンおすすめポイント2:鉄浜海岸
  8. 8種子島サーフィンおすすめポイント3:竹屋野海岸
  9. 9種子島サーフィンおすすめポイント4:ハングリー
  10. 10種子島サーフィンおすすめホテル1:種子島いわさきホテル
  11. 11種子島サーフィンおすすめホテル2:島宿HOPE
  12. 12種子島で最高のサーフィンを楽しもう!

種子島はサーフィンの楽園!

種子島は九州の鹿児島県に位置する大隅諸島の1つです。鹿児島県の中では奄美大島、屋久島についで3番目に大きな島で、人口にいたっては奄美大島に次ぎ2番目です。

鉄砲が伝来した島としても有名な種子島の歴史は古く遺跡などの観光名所だけでなくやJAXA宇宙センターもありますが、やはり島の最大の魅力は海の美しさでしょう。

そんな美しい海で楽しめるマリンスポーツも沢山ありますが、実はサーフィンが楽しめるポイントが多い島としても有名でサーファーから愛されている島でもあります。

今回は種子島にあるおすすめサーフィンポイントを、人気のポイントから、初心者向け、上級者向けまでご紹介します。また種子島へのアクセス方法やベストシーズンもご紹介しますので是非参考にしてみてください。

Thumb種子島の観光スポットまとめ!おすすめのモデルコースや穴場まで紹介!
種子島は鹿児島県に属する島で、大隅諸島を構成する島の一つです。種子島は鉄砲伝来の島として有名...

種子島へのアクセス方法

種子島に向かう方法は大きくわけて2つ、飛行機、船です。飛行機で向かうならば鹿児島空港、船で向かうのであれば鹿児島港とそれぞれ出発場所は異なります。ベストな交通手段は旅行目的によって変わります。

またサーフィンをメインに種子島に向かうのであれば、どのポイントに行くかによって、船が良い場合と飛行機が良い場合があります。また季節によってベストポイントも変わってきますので、計画をしっかり立てて行かれることをお勧めします。

飛行機なら鹿児島空港から30分で到着!

特に鹿児島県外から向かうのであればやはり飛行機が一番簡単で、なおかつ早いアクセス方法でしょう。鹿児島空港から離島便が出ており、1日4便程往復しています。県外から鹿児島空港に向かう場合は飛行機であればそのまま空港で乗り継ぎすれば良い為大変効率的です。

所要時間は大体30分ほどです。東京など遠方から向かう場合は特に飛行機の利用がおすすめです。ただしサーフボードを持参したい場合はあらかじめ航空会社に確認をとるようにしましょう。ロングボードなどは特に既定の長さがありますので注意が必要です。

フェリーや船でゆっくり旅路を楽しもう!

時間的余裕がありゆっくり旅したい場合や、自分の車で種子島に向かいたいのであればフェリーを利用すると良いでしょう。値段はフェリーが最安です。

もし車を持ち込む必要がなければ、高速船を利用することも可能です。高速船はフェリーより早い分、少し金額も高くなるなど、フェリーと高速船では利用するポイントやメリット、デメリットも異なりますので、別々にご紹介していきます。

Thumb種子島行きフェリーの乗り場や料金を調査!高速船とどちらがお得?
鉄砲の伝来で有名である種子島ってどこにあるかご存知ですか。種子島は鹿児島県に属する島の1つで...

安く早く種子島に向かうなら高速船がおすすめ!

車を持ち込みしないのであれば、高速船トッピーやロケットを利用すると安く種子島に向かうことができます。お値段は時期にもよりますが、大体鹿児島港から往復で13000円程度から利用できます。

サーフボードも持ち込み可能ですが、別途料金が必要です。所要時間は1時間30分程かかり、飛行機に比べると3倍もの時間がかかります。

フェリーなら車ごと種子島に行ける!

車ごと種子島に持って行くのであればフェリー「はびすかす」の利用が可能です。車も一緒にもっていく場合は、車の大きさによりますが、小さい車でドライバー1名と2等旅客運賃込み、往復23000円程度の為大変リーズナブルです。また車なしであれば1万以下で往復できますので最安の値段と言えます。

但し、フェリーは1日に2本しかないため、往復ともにフェリーを利用するのであれば、種子島での宿泊は必要になるでしょう。また所要時間も片道3時間30分と大変長い為、ゆっくりと日程を組める方向けの交通手段でしょう。

種子島でサーフィンをするベストシーズンは?

太平洋側と東シナ海側が存在する種子島は寒すぎることも暑すぎることもなく1年中サーフィンを楽しむことができます。初心者から上級者まで楽しめるおすすめシーズンはやはり夏7月を過ぎたあたりからでしょう。

8月を過ぎ、台風のシーズンになると大きな波を作りだすため、上級者は最高の波を楽しめるシーズンとなります。寒さが気にならなければ11月から4月も良い波が続くベストシーズンでおすすめです。

種子島サーフィン初心者おすすめポイント1:浦田海水浴場

まずはサーフィン初心者向けの人気ポイントを2箇所ご紹介します。1つ目は「浦田海水浴場」です。種子島の北の先にある浦田海水浴場は海が大変きれいで白浜がある海水浴場です。波も落ち着いているため初心者の練習には最適です。サーフィン以外にも観光客の穴場スポットになっています。

種子島サーフィン初心者おすすめポイント2:宇宙科学技術館(展示館)

知らない人も多いかと思いますが、種子島にはJAXA宇宙センターがあります。この宇宙センターの施設の1つに「宇宙科学技術館」(旧宇宙開発展示館)がありますが、この建物の目の前の海は初心者におすすめのサーフィンポイントになっています。

すぐ隣にあるホテル「種子島いわさきホテル」前の海は上級者にも人気のサーフィンポイントです。ホテルからの宿泊者はもちろん多くのサーファーがこのホテル前の海を目指して来るため、ホテル前で波に乗れなかったサーファーが宇宙科学技術館まで足を運ぶ事もあります。

種子島サーフィンおすすめポイント1:よきの海水浴場 地蔵下

続いてはメジャーなサーフポイントをご紹介します。1つ目は種子島の海水浴場の1つ「よきの海水浴場」です。この海水浴所は夕日が美しいと観光客にも人気の海水浴場で、サーフィンも楽しむことができます。

しかし人が多いこともありますので、サーフィンをするのであれば、隣接する「地蔵下」がおすすめのポイントです。海へ降りる階段が少し分かりずらく、トイレのすぐ先にあります。

種子島サーフィンおすすめポイント2:鉄浜海岸

続いては、「鉄浜海岸」(かねはまかいがん)をご紹介します。鉄浜海岸は太平洋側に面しているため、大きい波が期待できる上級者向けサーフィンポイントです。この海岸は砂があるのは波打ち際のみで、すこし岸辺を離れると大きな岩石が沈んていることがありますのでサーフィンをする際には注意が必要です。

種子島サーフィンおすすめポイント3:竹屋野海岸

「竹屋野海岸」(たけやのかいがん)は人気のサーフィンポイントの1つです。竹屋野海岸も太平洋側にある為、高い波が出ることが多く、うねりもあり初心者から中級者まで様々なレベルサーファーに人気があります。

種子島の中央部に位置している竹屋野海岸は砂浜が中山海岸まで1km程続きます。また中山海岸に行き着く手前には上方海岸(うえほうかいがん)があり、こちらもサーフィンができるポイントです。

竹屋野海岸の周辺は車でもアクセスしやすい為1日中サーフィンを楽しめるでしょう。初心者の方は高波と岩に注意する必要があります。

種子島サーフィンおすすめポイント4:ハングリー

最後にご紹介するのは上級者向サーフィンポイント「ハングリー」です。その名の通りラインナップまで到着するのに10分程の時間を要するため上級者でないと大変厳しいコンディションです。

しかしそれだけの時間をかけてラインナップするだけのことはあり、種子島の島内では最大の波を楽しめるポイントです。また周辺にはロックと呼ばれるサーフィンポイントもあり、こちらも岸壁が鋭く上級者向けですが人気のポイントです。

種子島サーフィンおすすめホテル1:種子島いわさきホテル

はじめて種子島に宿泊してサーフィンを楽しむならば、やはり「種子島いわさきホテル」は一度は泊まっておきたいおすすめホテルです。サーフィンポイントでもご紹介しましたが、種子島いわさきホテルの目の前は人気サーフィンポイントになっています。

ホテルではサーフィンスクールに参加することができ、インストラクター付き、ボードレンタル料込みで6000円と大変リーズナブルです。サーフィン初心者には特におすすめです。

住所 鹿児島県熊毛郡南種子町茎永3367
電話番号 0997-26-6888

種子島サーフィンおすすめホテル2:島宿HOPE

アットホームなステイをもとめるならおすすめは「島宿HOPE」です。島宿HOPEは種子島空港から車で30分ほどの所にある島宿です。ゆったりできるデラックスルームからゲストハウスのような2段ベッドで格安に宿泊できる部屋まで様々な客層に合わせてしっかりと準備されている宿です。

もちろんサーフボードレンタルサービスやサーフィンなどのマリンスポーツを楽しめるプランも充実しています。また宿内の食事は宿泊しないお客様まで予約に来るほどの評判の食事を堪能できます。

住所 鹿児島県熊毛郡南種子町平山500-130
電話番号 0997-26-7235

種子島で最高のサーフィンを楽しもう!

いかがでしたか。種子島は島全域どこに行ってもサーフィンを楽しめるポイントがあることがお分かりになった事でしょう。シーズンによってもおすすめポイントが異なる為、行く時期によってサーフポイントを確認すると良いでしょう。ぜひ色々なポイントを試して自分にあったベストポイントを見つけてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Klimt.S

新着一覧

最近公開されたまとめ