ケルンの天気・気温の特徴まとめ!旅行のベストシーズンや服装の選び方は

ドイツのケルンは、気候や天気が大変良く、観光にはとても向いている人気の街です。今回は、ケルンの天気や気温の特徴を1年をとおしてまとめましたので、持って行く服装を選ぶ参考にしてください。また、ケルンの年間のベストシーズンもご紹介いたします。

ケルンの天気・気温の特徴まとめ!旅行のベストシーズンや服装の選び方はのイメージ

目次

  1. 1ベストシーズンに適切な服装で楽しいケルン旅行を!
  2. 2ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行1:どんな場所?
  3. 3ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行2:やっぱりビール
  4. 4ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行3:月別最高気温は?
  5. 5ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行4:月別最低気温は?
  6. 6ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行5:月別降水量は?
  7. 7ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行6:1月2月の冬の気候の特徴
  8. 8ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行7:1月2月の冬の服装は?
  9. 9ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行8:3月4月5月の春の気候の特徴
  10. 10ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行8:3月4月5月の春の服装は?
  11. 11ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行9:6月7月8月9月の夏の気候の特徴
  12. 12ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行10:6月7月8月9月の夏の服装は?
  13. 13ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行11:10月11月12月の冬の気候の特徴
  14. 14ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行12:10月11月12月の冬の服装は?
  15. 15ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行13:夏のベストシーズン
  16. 16ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行14:ベストシーズンは人それぞれ
  17. 17ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行15:おすすめ観光スポットと服装
  18. 18ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行16:服装について知っておきたいこと
  19. 19ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行17:現地購入する服装
  20. 20ケルンの気候の特徴を知ってベストシーズンに旅行をしよう!

ベストシーズンに適切な服装で楽しいケルン旅行を!

ドイツのケルンは、大変気候の良い、観光に向いた人気の街です。そこで今回は、ケルンへ観光旅行へ行く際に知っておきたい、気候や天気、気温などを、服装の観点を含めてご紹介いたします。ケルンのベストシーズンもありますので、ぜひその頃を狙って行くのもおすすめです。素敵な旅の参考にしてください。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行1:どんな場所?

日本人には、なかなか馴染みのないドイツの「ケルン」という街。ケルンとは、ドイツ北部にあるライン川の河畔に位置する大変大きな街なのです。ケルンは、ドイツのなかでもなんと4番目に大きな大都市なのです。

ケルンと言えば、なんといっても「大聖堂」が有名で、「ケルン大聖堂」は、世界遺産にも登録されているほどです。街にそびえる大聖堂は、観光客の目を一段と引く圧巻のたたずまいを誇ります。

ケルンの気候は、年間を通じて大変穏やかという特徴があります。夏は涼しく、冬はドイツの他の地域と比較すると温かいエリアと言えます。

ケルンの街にはライン川がはしっており、その両側にケルンの素晴らしい街がつくられています。大聖堂があまりにも有名過ぎるのですが、実はケルンには、さまざまな有名な観光スポットも存在します。

歴史的に有名な建築物や博物館、美術館、さらには美味しいレストランやパブもたくさんあります。ケルン大聖堂などのある旧市街地は観光におすすめで、ショッピングの他、素晴らしいグルメにも出会えます。どこを観光したら良いか迷った場合は、ぜひ、旧市街地から堪能してみるのも良いのではないでしょうか。

Thumbドイツと日本の時差&フライト時間は?サマータイムなど旅行時の注意点まとめ!
ドイツと言えば、ビールやワイン、そして様々な観光地などが有名な、世界中から多くの観光客が訪れ...

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行2:やっぱりビール

ドイツのケルンと言えば、ケルンの地ビール「ケルシュ(Kölsch)」が有名です。ビール好きの方であれば、知っているのではないでしょうか。

ケルシュは、苦味が抑えられており、スッキリとした後味が特徴で人気です。ケルンのあちこちにビール醸造所があり、それぞれ独特のケルシュを堪能できるのも魅力のひとつです。

ビール醸造所には、レストランが併設されたところもあり、美味しいケルシュを楽しみながら、ドイツ料理にも舌鼓を打てます。こだわりたっぷりあるケルシュは、日本ではなかなか味わえない独特のビールの楽しさを感じられます。

ゆっくりとケルンの街を観光できるのであれば、ぜひビールやドイツ料理などの、グルメの部分も体験してみることをおすすめします。

ビールの成分の90%は水ですが、ドイツの水にはカルシウムやマグネシウムを豊富に含む硬水が主で、それがビールにベストなのです。厳しい独自の規格があるビールに使用する水は、ビールの品質に大きく影響します。ケルンを含むドイツは、まさにビール製造に最高な地なのです。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行3:月別最高気温は?

年間をとおして温暖な気候を持つケルンですが、その天気も比較的安定的という特徴があります。ケルンへ旅行する際には、持って行く服装の懸念もありますし、それぞれのシーズンや月の気候や天気、気温などを把握しておくと便利です。

まず、ケルンの気候や天気を知るうえで重要となるのが、月別の最高平均気温です。みなさんのケルン旅行へ行く月の気候や天気を把握してから、細かい計画を立てることをおすすめします。

ケルンの1月および2月の平均最高気温は、6.3度、6.1度です。それが3月になると、11.4度まで上がります。旅行するには、穏やかな気候や天気が予想できます。4月の平均最高気温は16.1度で、5月は19.5度です。6月、7月、8月は、それぞれ順に22.6度、25.9度、26.1度です。

9月と10月は、18.6度そして13.8度で、少しずつ平均最高気温は下がってきます。11月と12月になると、それぞれ、平均最高気温は12.5度と11.8度になります。

5月から8月は、比較的涼しく過ごしやすいのがケルンの気候や天気の特徴です。このころは、東京のそれとだいたい同じくらいの気温となっています。ケルンの冬場は、ドイツの北部エリアとは違って、穏やかな気候や天気ですが、昼間と夜間の寒暖差は大きいです。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行4:月別最低気温は?

続いて、ケルンの気候や天気を知るうえでポイントとなるのは、月別の平均最低気温です。最高気温が分かると、そのシーズンの薄手の服装が用意でき、最低気温を把握しておくと、上に羽織る服装などの準備が可能となります。

ケルンの1月、2月そして3月のそれぞれの月別最低気温は、0.3度、-0.8度そして1.3度です。2月にマイナスになる以外は、0度よりも多少上の気温です。穏やかなケルンとは言え、このころに旅行する方は、十分な服装の準備を心がけましょう。

また、4月と5月には、2.2度から7度まで上がります。そして、6月、7月となると、それぞれ9.4度、13.9度と上がっていき、8月はさほど変化のない13.7度です。ただ、このころの寒暖差は否めないため、日中用の服装と、夜間の服装など両方持ち合わせていると便利です。

9月および10月の最低平均気温は、8.6度と6度です。11月と12月には、6.2度そして5.7度となります。9月から12月も、日夜の寒暖差を考慮して、どんな時間帯に屋外に出ても良いように、服装の準備を怠らないようにこころがけましょう。冬は温暖とは言え、きちんとした防寒対策は必須です。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行5:月別降水量は?

ケルンには、日本のような梅雨(雨季)の時期は年間をとおしてありません。温暖な気候や天気で過ごしやすいとは言え、それでも雨は降ります。ここでは、月別の平均降水量を見ていきましょう。ケルン旅行の際には、年のため、折りたたみ傘やレインコートなどの雨具を持って行くと思わぬ雨の日に役に立つでしょう。

ケルンの1月、2月そして3月の平均降水量は、それぞれ80mm、53mm、40mmです。冬場のケルンは、雪も降ります。しかし、嬉しいことに降った雪は、かなり早く溶けてしまいます。雪が苦手な方には、すぐに溶けてくれると観光がしやすくなります。しかし、寒さはあるので、服装には気を付けましょう。

4月と5月は、それぞれ41mmと27mmです。6月、7月そして8月の平均降水量は、59mm、55mmそして108mmとなり、8月は多くなります。9月と10月になると、112mmと34mmです。この9月は、年間の降水量のなかでも一番多いです。最後にケルンの11月および12月は、88mmと61mmです。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行6:1月2月の冬の気候の特徴

1月と2月のケルンの冬は、年間を通じて最も寒い季節となります。そして、雪が降る日もあるほどです。雪や寒さが極度に苦手というのであれば、このシーズンのケルン旅行は控えると良いです。

雪は、降ってもそこまで積もらずすぐに溶けるという特徴があります。街ゆく人々は、厚手のロングコートや温かいダウンジャケット、ニット帽やマフラー、手袋などで防寒をしています。

そのため、屋内では暖房がよく効いている場所が多く、一度建物内などに入れば温かく快適に過ごすことができます。屋外は寒いので、いきなり温かい室内に入って体調を崩すなどならないように注意しましょう。しかし、屋外で温かい格好をしていれば、そこまで問題にはなりません。

さらに、ケルンのこの時期は、大変乾燥しているので、乾燥に弱い方は、ハンドクリームやリップクリームなど保湿するものを持ち歩くと良いです。

寒いケルンのこのシーズンには、街行く人々は、屋台の温かいソーセージやドイツのビールなどを買うこともあるようです。屋外で観光中に寒くなったら、体を温かくする食べ物を食べながら歩くことをおすすめします。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行7:1月2月の冬の服装は?

ケルンの1月と2月あたりの冬の時期は、年間で最も寒さを感じますので、防寒対策の服装は重要です。街を歩いていて、石畳の上にくると、寒さも一段と感じるようになります。温かい靴下や、ムートンブーツのようなもこもこタイプの靴はおすすめです。

ムートンブーツだと歩きにくいとか苦手という方は、靴下を重ね履きしたり、高機能の靴下を履いたりと自分自身で調節しましょう。

また、おすすめな服装として、高機能な肌着を着るのも良いです。日本では、さまざまなメーカーから高性能な肌着が出ているので、ケルンへ行く前に購入しておくと便利です。

冬場は荷物が多くなりがちですが、薄めの高機能肌着はかさばりにくく持ち歩くのにも軽いため、ぜひ日数分持って行きましょう。

また、ケルンの屋外は寒いのですが、室内は暖房が効いているためそのままの服装で入ってしまうとかなり暑くなってしまいます。重ね着は重要なポイントですが、脱ぎ着のしやすい服装をおすすめします。羽毛など毛素材の羽織りなどだと、屋外で温かく室内ではすぐに脱ぐことが可能です。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行8:3月4月5月の春の気候の特徴

ケルンでは3月、4月、5月となると春の季節となります。しかし、3月は、まだまだ冬の余韻もあるのか、寒い日が続きます。そのため、3月にケルン観光をする際は、防寒対策を忘れないようにしましょう。

春とは言え、日中と夜間の気温の寒暖差は大きいので、冬場のケルンの服装と同様に、防寒できる服装の用意を忘れずにしましょう。

4月に突入すると、だんだん温かくなってくるため、ジャケットやコートを持参しても、中に着る服はあまり厚手にならないようにすると良いです。

また、5月中旬になると、ケルンでは天気の良い日が続くようになります。温かくなっても、それでも春の気候は寒くもなるため、羽織れるものや薄手のジャケットまたはコートの用意は必要となります。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行8:3月4月5月の春の服装は?

ケルンの3月、4月、5月は、天候がなかなか読めないときもあり、持って行く服装が難しいときもあります。例えば、ケルンの4月は、数日前まで半そででも観光できたのに、いきなり冬みたいな天候になったなんて言う日もあるほどです。

特に4月は、天気がよく変わるので、1日観光を屋外でする場合は、ぜひ寒暖差に対応できる服を持ち歩きましょう。しかし、5月になると、天候が安定してくるため、持って行く服装はさほど難しくないかと思います。

ただし、5月でも朝は冬のように寒くなるときもあるため、防寒着を忘れずにしましょう。そして日中になると、汗ばみながらの観光も予想できるので、半そでの持参が必要となってきます。よって、朝晩のことを考慮するなら、さっと羽織ることのできる服装も必要です。

晴れたり雨が降ったりもすることがあるので、便利なのはウィンドブレーカーなどです。ナイロン素材だと、軽いうえ、持ち運びにも便利です。雨風を防ぐこともできるのも嬉しいポイントです。

また、雨を考慮して、リュックや鞄にしのばせておける折り畳み傘やレインコートは用意しておきましょう。衣類も雨具も、ケルン観光の際には、軽くて小さめのものがおすすめです。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行9:6月7月8月9月の夏の気候の特徴

6月、7月、8月、9月は、ケルンの夏の季節に当たります。一般的には、この時期を観光のベストシーズンと呼んでいます。辺りには、きれいな花が咲き誇り、自然の香りがいっぱいの季節です。

6月のケルンは、ちょうど東京の初春のような肌寒さを感じることもあるでしょう。ただ、日中の観光をしている最中には、ジャケットなどはさほど必要ないようです。また、6月とは言え、日本のような梅雨(雨季)の時期はないのも嬉しいポイントです。

7月から8月になると、湿度は低くなるため、観光中も蒸し暑さがなくカラっとした天気が続きます。湿度が高い日本に比べると、快適に観光ができます。

ただし、その頃は、日中と夜間の温度差が激しいため、夜に外出する際は、何か羽織れる服を持ち歩くと良いです。この夏真っ盛りの時期は、夜の9時から10時ころまで明るいので、観光はしやすいですし、治安的にも安心です。

9月も過ごしやすいですが、一気に冷え込む日が来るのもこの時期です。突然冬のような寒さが訪れることもあるため、防寒になる服装の準備は必要です。朝晩の冷え込みがあることも忘れないようにしましょう。おすすめは、観光の際には、リュックや鞄に何か羽織れる服を忍ばせておくことです。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行10:6月7月8月9月の夏の服装は?

6、7、8、9月のケルンは湿度も高くなく、日も長いため、大変観光にはおすすめのベストシーズンです。そんな夏のケルンでは、日中になると気温が高くなり、湿度は低いものの、暑さはかなり感じるようになります。過ごしやすい時期ではありますが、日本人にとっては注意したい点もいくつかあります。

夏場のケルンでは、日差しが強いのが特徴のため、日中の観光時には日焼け止めをきちんとぬっておくことをおすすめします。皮膚の弱い人だと、炎天下で無防備でいると、皮膚がヒリヒリしてきてしまいます。

日焼け止めのほか、ツバのある帽子やUVカットの薄手の衣類など各自で用意しましょう。日本の気候に慣れている日本人には、少々強すぎるケルンの日差しです。

また、ケルンの夏の特徴として、日中は暑いものの、夜になると冷え込むことも多いということです。肌寒さを感じると、せっかくの観光も台無しです。

夏であっても、一枚羽織れる服を持参しておくと便利です。おすすめとしては、カーディガンなどです。軽いですし、鞄やリュックに入れてもかさばる心配がありません。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行11:10月11月12月の冬の気候の特徴

暖かさが安定しているケルンではありますが、やはり10月以降の秋冬がやってくると、徐々に冷え込みが厳しくなります。観光中には、ジャケットなど肌寒くなったらすぐに羽織れる服を持ち歩くようにしましょう。

11月および12月にケルン観光をする方は、かなり寒くなっているため、冬服の準備をして訪れることをおすすめします。この時期に雨が降ると、地面の水が凍る心配もあるため、足元の冷えにも気を付けましょう。

夏場は日が長いケルンですが、12月中旬にもなると、午後4時ころには暗くなり始めます。そういった気候の特徴も覚えておきましょう。

また、冬のケルンは、屋外は寒く、室内は暖房で温かいため、その気温差が激しいこともしっかり把握しておきたいポイントです。そのため、外に観光に出かける際には、ニット帽をかぶったり、マフラーをしたり、手袋などもあると温かいです。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行12:10月11月12月の冬の服装は?

10月の初めくらいまでは、朝は肌寒いことが多いけれど、日中の観光中は気温も上がってきます。そのため、ジャケットなどの上着は必要ですが、暑くなって脱いだときを考えて、コンパクトで軽めのものをおすすめします。

ハーフ丈の上着だと、軽いですし、持ち歩きにもさほどかさばらないため、このころの観光にはおすすめです。

11月や12月になってくると、かなり寒くなるため、観光をする際は、コートのほか、ニット帽やマフラー、手袋など防寒の小物をそろえておくと温かいです。

10月までは、ウールのコートなどで十分ですが、11月以降は、ダウンジャケットなどだと快適な温かさを保つことができます。また、ヒートテックなど機能性のある肌着や服を一緒に着ると完璧です。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行13:夏のベストシーズン

ケルンの夏に当たる6月、7月、8月、9月は、ケルン旅行のベストシーズンと一般的に言われています。その頃のケルンは、ベストシーズンと言われるだけあって、街にはきれいな花が咲き、観光しながら周囲の自然を堪能できます。

よって、快適な気候のなかで、清々しくケルン観光を堪能したいのであれば、この6月から9月に訪れるのがおすすめです。

また、夏がベストシーズンと言われる理由には、日照時間が長いことです。日照時間が長いと、観光も十分に楽しめますし、ケルンのみならずドイツ各地では、多くのイベント事に参加できます。

ケルン観光をする際に、日照時間が長いことに越したことはありません。治安的にも安全に感じますし、時間を十分にとって、あちこち見たいところを堪能できます。何と言っても、夏は、過ごしやすいことも手伝って、開放的になれます。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行14:ベストシーズンは人それぞれ

一般的にケルンのベストシーズンは、夏と言われてはいますが、それは気候的に快適という意味合いが多いです。確かに、快適に観光できるに越したことはありませんが、ベストシーズンは人それぞれという見方もできます。

皆さんが、どんな気候や気温が好きなのか、どんなイベントを見たいのか、さまざまな条件によってベストシーズンは変わってきます。

例えば、ケルンでは、2月になるとドイツ三大カーニバルのひとつである「ケルン・カーニバル」が開催されることでも有名です。このカーニバルを目的に訪れたいというのであれば、2月はケルン旅行のベストシーズンです。国内外から100万人が集まるカーニバルでもあるため、一見する価値は十分にあります。

また、ケルンの秋は紅葉の美しい季節でもあります。ケルン西部のライン川沿いは、美味しいドイツワインの有名な産地でもあります。そのため、ワイン好きや紅葉好きな方には、この時期はベストシーズンと呼べるでしょう。紅葉の頃にライン川でクルーズに参加して、ワインを堪能するのも魅力的です。

Thumbドイツのおすすめワインを厳選!有名な産地や銘柄をチェックしてお土産に!
ドイツは世界最大級のビールの産地としても有名となっています。そんな中、ドイツはビールに続いて...

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行15:おすすめ観光スポットと服装

ケルン旅行では、季節や天候によって観光スポットでもさまざまな注意点やおすすめポイントがあります。適切な服装で、快適に観光をすることをおすすめします。

ここでは、「ケルン大聖堂」と、「ルートヴィヒ美術館」、「ケルン・カーニバル」に絞ってお伝えします。せっかくの素敵なスポットですので、服装で損をしないようにしましょう。

古い歴史のある「ケルン大聖堂」は、ドイツ国内でも大変人気高い観光スポットです。せっかくケルンへ行くのですから、ぜひ行ってみることをおすすめします。

冬場にライン川沿いから大聖堂を見る場合は、大変寒いため、防寒対策をしっかりしましょう。ライン川沿いからの大聖堂は、一見の価値があります。

「ルートヴィヒ美術館」は、ケルン大聖堂のすぐそばに位置します。ここでは、20世紀以降に造られたの現代美術品がたくさん展示されています。

たくさんの作品をゆっくりと落ち着いてみることができるので、少々観光につかれたときなどはおすすめです。時間を気にせず、素敵な美術作品に酔いしれましょう。また、どんな天候でも満喫できるスポットであるため、天気が悪い日にもおすすめです。

「ケルン・カーニバル」は、毎年2月に開催される仮装の祭典です。大変大きなイベントのため、ぜひその楽しい雰囲気を肌で感じてみてください。

初日の「女性のカーニバル(Weiberfastnacht)」では、女性は何をしても許される日のため、男性の象徴である「ネクタイ」を切っても良いとされています。そのため、初日にネクタイをしていると、切られてしまうかもしれません。

また、コスチュームを着るパレードでもあるため、もし余裕があるならば、一緒に仮装して参加してみるのも楽しいかもしれません。仮装用の仮面や帽子などは、街中あちこちで購入可能です。コスチュームを着て観光すれば、地元の人々の一員になれること間違いないです。一緒に現地の盛大なパレードを楽しんでみてください。

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行16:服装について知っておきたいこと

ケルンなどドイツ旅行では、高級レストランで食事をする機会もあるかと思います。高級レストランでは、ドレスコードが存在するため、予定のある方は、正装を用意しておくことをおすすめします。

高級レストランで食事をする際、簡単に言ってしまえば、男性はスーツに革靴、女性はドレスという服装が一般的です。 

また、オペラやクラシックなどのコンサートを計画している方は、正装やマナーも重要ポイントとなってくるため、事前にネットなどでしっかりと把握しておくと現地で恥ずかしい思いをしなくて済みます。

もちろん、一般的なカジュアルなレストランやお店では、デニムやスニーカーなど普通の服装で問題ありません。また、若い世代が多く集まるコンサートやイベントなどでもカジュアルスタイルで問題ない場合がほとんどです。

Thumbドイツの人気料理&食べ物ランキング!現地で有名なグルメやスイーツを厳選!
ドイツの食べ物と言えばソーセージを思い浮かべる人が多いと思いますが、他にも美味しい料理がたく...

ケルンの天気や気温を把握して楽しい旅行17:現地購入する服装

ケルン旅行では、観光するシーズンによって、気候や天気、気温の特徴があるため、それに適した服装が必要です。これまでご紹介した服装は、あくまでも一般的な考えですので、暑さや寒さは個人個人感じ方も違います。

また、その年によって、ケルンの気候や天気、気温もさまざまです。そのため、万が一持参した服装がその時の現地の気候などに合わない場合は、現地で衣類を購入する手もあります。

ドイツでは、大きな町では日本人にも馴染みやすい「H&M」や「ZARA」などのお店もありますし、できるだけコストを抑えたいのであれば、リーズナブルな「C&A」などもあります。その他も、日本人のよく知っているブランドもあるので、心配はいりません。

せっかくの楽しくなるはずのケルン旅行ですので、あまり服装に心配しすぎるよりかは、足りなければ現地購入もできるという考えで訪れると良いでしょう。

ケルンの気候の特徴を知ってベストシーズンに旅行をしよう!

ドイツのケルンは、観光旅行をするには、大変魅力的な街です。旅行前に、しっかりと、訪れるシーズンの気候や天気、気温をしっかりと把握しておきましょう。そして、適切な服装を持っていけるように心がけましょう。ぜひ、みなさんの思うベストシーズンを狙って、楽しい旅をしてきてください。

関連記事

Original
この記事のライター
SoTiPe

新着一覧

最近公開されたまとめ