ニュルンベルク観光のおすすめスポットやホテルまとめ!天気の特徴も!

ニュルンベルクはドイツで2番目に大きい都市で、街中が芸術作品のようにすばらしい街です。中世のドイツの建物が並ぶニュルンベルクは歩いているだけでも雰囲気を楽しむことができます。ここでは、見どころや夏の天気、冬の天気、おすすめのホテルをご紹介します。

ニュルンベルク観光のおすすめスポットやホテルまとめ!天気の特徴も!のイメージ

目次

  1. 1中世のドイツが残った街「ニュルンベルク」
  2. 2ニュルンベルクの見どころ1:「カイザーブルク城(ニュルンベルク城)」
  3. 3ニュルンベルクの見どころ2:「聖ローレンツ教会」
  4. 4ニュルンベルクの見どころ3:「おもちゃ博物館」
  5. 5ニュルンベルクの見どころ4:「職人広場」
  6. 6ニュルンベルクの見どころ5:「交通博物館」
  7. 7ニュルンベルクの見どころ6:「デューラーハウス」
  8. 8ニュルンベルクの見どころ7:「ナチス帝国党大会会場跡」
  9. 9ニュルンベルクの見どころ8:「ニュルンベルク裁判記念館」
  10. 10ニュルンベルクの見どころ9:「ケーニッヒ通り」
  11. 11ニュルンベルクの見どころ10:「ゲルマン国立博物館」
  12. 12ニュルンベルクの見どころ11:「中央広場(マルクト広場)」
  13. 13ニュルンベルクのクリスマスマーケットの見どころ
  14. 14ニュルンベルクのクリスマスマーケットで買いたいもの
  15. 15ニュルンベルクの夏の天気
  16. 16ニュルンベルクの冬の天気
  17. 17ニュルンベルク観光おすすめホテル1:「ホテル マリエンバート」
  18. 18ニュルンベルク観光おすすめホテル2:「モーベンピック ホテル ニュルンベルク エアポート」
  19. 19ニュルンベルク観光おすすめホテル3:「ゾラート ホテル ザックス ニュルンベルク」
  20. 20中世ドイツが楽しめる街「ニュルンベルク」

中世のドイツが残った街「ニュルンベルク」

ニュルンベルクは、ドイツの南にあるバイエルン州の北に位置する街です。街には、赤い屋根の中世の建物や教会、建物が数多く残されており観光客に大変人気のある場所となっています。中でも、12月に開かれるクリスマスマーケットはヨーロッパ屈指の美しいマーケットです。ここでは、ニュルンベルクの観光見どころや天気、ホテルを紹介します。

ニュルンベルクの見どころ1:「カイザーブルク城(ニュルンベルク城)」

まずご紹介したいのは「カイザーブルク城」です。ニュルンベルク城と呼ばれることもあります。11世紀に建てられたこの城は、ローマ皇帝の住む城になったり国会になったりと、ニュルンベルクの歴史の中でも重要な役割を果たしてきました。

ニュルンベルクの周囲の家々と同じく、赤いレンガで造られたカイザーブルク城は一体となった街のシンボル的存在です。お城と言ってもそれほど大きくはなくこじんまりとした非常に可愛らしい建物です。ニュルンベルク観光には欠かせないおすすめの場所です。

まずご紹介したいカイザーブルク城の見どころは、50mもの深さのある「井戸」です。中は暗くてそのままでは見えませんが、ガイドさんがろうそくで照らしてくれることでどれくらい深いのかということを実感することができます。

また、ニュルンベルクの街を一望できる「ジンヴェル塔」にも是非登ってみてください。赤い屋根と木組みの家々で出来たニュルンベルクの美しく可愛らしい街並みを上から存分に楽しむことができる場所となっています。

ニュルンベルクの見どころ2:「聖ローレンツ教会」

次にご紹介するのは繊細な彫刻で彩られ高々とそびえ建つ「聖ローレンツ教会」です。聖ローレンツ教会は13世紀から15世紀にかけて建てられた教会です。

内部は繊細な彫刻で覆われておりあまりの美しさと荘厳さにうっとりしてしまうほどです。教会内には、聖ローレンツ教会一番の見どころである、彫刻家ファイト・シュトスが作った「受胎告知のレリーフ」がぶら下がっています。聖母マリアに天使ガブリエルが身ごもったことを知らせるシーンが繊細に描かれています。

また、内部にあるステンドグラスも非常に細かく作られており、教会内に入ってくる光を美しく彩っています。そして教会の奥には19mもの高さのある「聖体安置塔」が飾られています。こちらも非常に細かい彫刻で作られており見ごたえがあります。

このように数多くの芸術作品が展示され荘厳な雰囲気が漂うニュルンベルクを代表する教会聖ローレンツ教会ですが、実は第二次世界大戦で大変な被害を受け、教会の多くの部分が世界大戦後に修復された形となっています。

聖ローレンツ教会内には、被害を受けた教会の一部やその歴史を展示しているコーナーがあるので是非ともじっくりと見てみてください。ちなみに、教会内部に飾られている芸術作品は戦時中他の場所に移動させられていたため今でも昔と同じ姿を見る事ができます。是非ともニュルンベルク観光の際には足を運んでみてください。

ニュルンベルクの見どころ3:「おもちゃ博物館」

ニュルンベルクは、14~15世紀頃からおもちゃ作りが活発になった都市です。その後は精密機械の生産も盛んに行われるようになりました。ブリキや木を使って職人技で作られたおもちゃの数々はニュルンベルクにある「おもちゃ博物館」で展示されており観光で見学することが可能です。

ニュルンベルクがおもちゃで有名なのには2つの理由があります。一つは、土地柄から様々なカテゴリーにおいて「貿易」が盛んであったことです。

これによってドイツのニュルンベルクのおもちゃはヨーロッパ中に知れ渡るようになりました。もう一つは、南ドイツの豊かな森から新鮮で良質な木材を調達できたことです。

ニュルンベルクのおもちゃ博物館では、ミニチュアハウスやミニチュアの食器、家具類、木星の人形や立体紙芝居、ブリキ人形など当時ヨーロッパで流行っていたおもちゃの数々を見る事ができます。

今でもおもちゃ文化を大切にしているニュルンベルクでは、毎年2月に「ニュルンベルク国際玩具見本市」が開かれ、その日はニュルンベルクに世界中のおもちゃがそろいます。この市場は1950年の第二次大戦後に始まり、現在まで続く文化的な催しです。是非ともこの時期に訪れた場合は立ち寄ってみましょう。

ニュルンベルクの見どころ4:「職人広場」

職人広場は、ニュルンベルクの旧市街の入口に位置する広場で、周囲には手作りの小物を販売するお店が揃っています。昔ながらのドイツニュルンベルクの職人技は今でもこの場所で生き続けているということを観光の中で実感することができるでしょう。

ニュルンベルクの職人広場には、木組みの家々や小さなショップが立ち並びます。中世の職人技だけではなく、中世らしいドイツの街並み観光できる場所となっています。

歩いて廻るだけでも、十分に雰囲気を楽しめるこの職人広場にはレストランやカフェもたくさんあるので、天気の良い日は是非テラス席で職人広場の中世にタイムスリップしたような雰囲気を存分に味わいたいものです。

また、ニュルンベルクの観光でお土産を買いたい人は、職人技で作られたガラス製品やブリキ製品がおすすめです。この街に昔から伝わる伝統ある技術で作られた品物は、他のどの場所でも手に入らない一級品となっています。

ニュルンベルクの見どころ5:「交通博物館」

ニュルンベルクの交通博物館は1899年に「バイエルン王立鉄道博物館」として始まったもので、ドイツの鉄道会社によって運営されている博物館です。ドイツの中では最も歴史のある古い博物館になっています。

博物館内には、鉄道の歴史を物語るものとしてルートヴィヒ2世のために使われていた特別な列車やヨーロッパに現存する中でも一番古い車両や鉄道の模型などが展示されています。

また、博物館には図書館が付属しており4万冊以上の鉄道に関する書籍や写真などの資料が保存されています。

ニュルンベルクの見どころ6:「デューラーハウス」

アルブレヒト・デューラーは、ニュルンベルク出身の有名なドイツ人画家、版画家、数学者です。彼の有名な自画像は中学や高校の美術の時間に見たことがあると言う人も多いのではないでしょうか。

デューラーの父親もまた有名な金細工職人であり、彼は幼い頃から父親に芸術を教わっていました。また、イタリアにも赴き、風景画や宗教画の製作に従事したと言われています。

ドイツのルネサンス時期の偉大な芸術家であったデューラーは、16世紀初頭にこの故郷であるニュルンベルクに家を購入し、以後死去するまでここに住んだと言われています。家は、彼の住居でありながら芸術活動を行うアトリエでもありました。

デューラーの家では、無料で音声ガイドを借りることができ、日本語も用意されているのでデューラーの家を解説付きでしっかりと見ることができます。音声ガイドはデューラーの妻であったアグネスが解説するという形式で、妻の視点から彼を知ることができます。

デューラーの家では、彼の生涯や作品、アトリエを見学できる他、デューラーが生きたルネサンス時期のニュルンベルクの一般的な生活様式をも知ることが可能です。

ニュルンベルクの見どころ7:「ナチス帝国党大会会場跡」

ニュルンベルクは第二次世界大戦時の「ナチス党」に関係して重要な歴史を持っています。一つは、ドイツニュルンベルクで、ナチス党の第一回党大会が行われたことです。第二次世界大戦の前である1933年に行われました。

ナチス帝国党大会会場跡では、ナチス党を支持する人々に向かってナチス党が演説を行った場所を見学できます。非常に広い場所で、当時のナチスがどれだけ力を持ち国民に支持されていたかということを感じることができるでしょう。

ナチス帝国党大会会場跡では、英語またはドイツ語による音声ガイドの解説があり映像を中心に当時のナチス党の歴史を知ることができます。

また、ニュルンベルクはナチス党がかの有名なドイツ人保護を理由にしたユダヤ人迫害の法律が出された場所でもあります。

ニュルンベルクの中世の美しい街並みを楽しむと共に、この地と共にあった負の歴史にも是非目を向けてみてはいかがでしょうか。

ニュルンベルクの見どころ8:「ニュルンベルク裁判記念館」

ニュルンベルク裁判とは、第二次世界大戦におけるナチス党の重要高官の戦争犯罪者の刑を争った裁判です。改築されているので実際に裁判が行われた法廷とは多少異なるものの、映像が多数残されているので、当時の裁判の様子を見る事ができます。

記念館の横にある建物では、今でも実際に裁判が行われている「ニュルンベルク高等裁判所」となっています。内部では、ナチス党の幹部らが裁判に掛けられた法廷の他にも戦争犯罪についてや東京裁判についての資料もたくさんのこされています。

ニュルンベルク裁判は世界で最初に、国家間の紛争が裁判にかけられた事例です。つまり、ここニュルンベルクで世界で最初に国際裁判が行われました。

館内はオーディオガイドとともに見学することが可能なので、是非ドイツのニュルンベルクを訪れた際は「ナチス帝国党大会会場跡」と併せてこのニュルンベルク裁判記念館へも足を運んでみることをおすすめします。

ニュルンベルクの見どころ9:「ケーニッヒ通り」

ニュルンベルクのメインストリートとも言えるのがこの「ケーニッヒ通り」です。天気の良い日のニュルンベルクでは、ケーニッヒ通りでゆっくりと可愛い家々やショップ、カフェを楽しんで歩くのがおすすめです。

ケーニッヒ通りは、ニュルンベルクのシンボルともなっているカイザーブルク城(ニュルンベルク城)へも繋がっており、聖ローレンツ教会へも近いので、ニュルンベルク観光をするさいは必ずと言ってよいほど歩くことになる通りです。

また、クリスマスの時期になるとニュルンベルクの中央広場だけではなくこの通りにもクリスマスの露店がたくさん並びます。夜になるとクリスマスイルミネーションがとても綺麗な通りでもあるので、それほどお天気が寒くない日はうっとりするような幻想的な世界を楽しみましょう。

ケーニッヒ通りは、南側がレストランやカフェなど、北側がデパートやショップが並びます。また、ドラッグストアなど生活必需品を売るお店も並ぶので、旅行で急に必要になったものを買うこともできます。

ニュルンベルクの見どころ10:「ゲルマン国立博物館」

ニュルンベルクのゲルマン国立博物館は19世紀にできた博物館で、その展示内容はドイツ語圏に属する地域の芸術文化に関するものが中心です。紀元前石器時代のものから現代のものまで最初から最後までを展示している博物館なので、ヨーロッパのドイツ語圏のゼロからの始まりを知ることができる博物館です。

博物館内はとても広く展示物も多いので、一日で全てを見て廻るのはこんなんになります。なので、ニュルンベルクのゲルマン国立博物館を訪れる予定の方は、展示テーマを予習しておいて、しっかりと見ておきたいテーマを予め決めておくのがよいでしょう。

ゲルマン国立博物館で特におすすめしたい展示物は、ニュルンベルクが中心となったおもちゃの展示と、職人技が作り出した伝統工芸品の数々、さらにゲルマンの民族衣装などです。

ゲルマン国立博物館では、ドイツの現在の歴史から起源前までの歴史の全てを知ることができるので、ヨーロッパ文化や美術の歴史に興味がある方は是非とも訪れていただきたい博物館となっています。

ニュルンベルクの見どころ11:「中央広場(マルクト広場)」

ニュルンベルクの中心的存在であるマルクト広場では、天気の良い日にはたくさんの人で賑わい周辺のレストランやカフェも活気に溢れています。

特に、中央広場が一番活気付くのは12月のクリスマスシーズンと言えます。クリスマスマーケットと言えばドイツが有名ですが、その中でもニュルンベルクのクリスマスマーケットは群を抜いて人気があるマーケットです。

ニュルンベルクのクリスマスマーケットの見どころ

ニュルンベルクのクリスマスマーケットは中央広場で行われ、ヨーロッパの中でも特に美しいと好評です。オレンジや黄色のクリスマスらしくデコレーションされた広場は、キリスト教徒でなくても感動してしまうほどの美しさです。ここではニュルンベルクのクリスマスマーケットの見どころをご紹介します。

フラウエン教会とクリスマスツリー

ニュルンベルクのクリスマスマーケットといえば中央広場(マルクト広場)で開かれるクリスマスマーケットが有名ですが、この中央広場にはフラウエン教会があり、この教会の前には毎年クリスマスライトでデコレーションされた大きなクリスマスツリーが2本並びます。

クリスマスツリーは、色とりどりというよりも街の中世の雰囲気とぴったりのオレンジのライトで飾られており、ここにもドイツニュルンベルク独特のセンスが表れています。繊細な彫刻がなされた荘厳な教会とクリスマスツリーの前で是非記念撮影してみてください。

美しの泉

ニュルンベルクのクリスマスマーケットでは、デコレーションされた金色の大きなタワーがシンボルとなっています。1936年に作られたタワーで「美しの泉」という名前がついています。

高さは19mあり存在感のある美しの泉には40体の彫刻像があり、その繊細な美しさには思わずうっとりとしてしまいます。

世界3大クリスマスマーケットの一つであるニュルンベルクのクリスマスマーケットは、ゆっくり歩いて雰囲気に浸っているだけでもとても楽しい場所です。クリスマスの寒い時期なので、寒さ対策をしっかりして是非ともニュルンベルクの美しいクリスマスマーケットを楽しんでみてください。

ニュルンベルクのクリスマスマーケットで買いたいもの

ニュルンベルクのクリスマスマーケットには様々な種類の露店が並びます。どれもこれも素敵で目移りしてしまいますが、ここでは特におすすめの人気があるお土産品やグルメをご紹介します。ニュルンベルクのクリスマスマーケット観光に来たさいは是非とも試してみてください。

色とりどりのクッキー

ニュルンベルクのクリスマスマーケットの中でも一際存在感のあるお店がこの色とりどりのアイシングクッキーです。日本ではあまり見かけないような形や色のカラフルなクッキーがたくさん並んだ光景は思わず写真に収めたくなってしまうような可愛さです。

ニュルンベルクのクリスマスマーケットに訪れたら是非とも一枚買って食べてみてください。また、クリスマスらしい形のものは、日本のお友達へのお土産にも喜ばれるはずです。

手作りのクリスマスオーナメント

木やブリキでできた手作りのクリスマスオーナメントの露店もたくさん出ています。一つ一つ可愛らしく色づけされており手作り感の溢れるオーナメントは、クリスマスツリーを普段お家で出さない人でも、一つ買って部屋に飾っておきたくなるような可愛さです。

小さく軽いため知人へのお土産にも最適ですが、壊れやすくなっているので持ち帰る際は十分注意しましょう。

ジューシーなソーセージ

ドイツと言えばビールとソーセージが人気ですが、ニュルンベルクのクリスマスマーケットでも寒い時期はホカホカジューシーなソーセージが人気です。パンに挟むタイプのものから、50cmほど長さのあるソーセージまでたくさんのバリエーションが用意されています。是非、本場ドイツの美味しいソーセージを味わってみましょう。

ホットワイン

ホットワインもまたクリスマスマーケットでは定番のグルメになっています。温かいアルコールは、寒い冬の中でも身体を中からじんわり暖めてくれます。ホットタイプのワインはアルコールが鼻につくので、苦手な人はホットチョコレートを飲んでみてください。毎年デザインが変わるマグカップは綺麗に洗ってお土産として持って帰ることも出来ます。

ニュルンベルクの夏の天気

日本の天気と比べるとそれほど暑くはないですが、ニュルンベルクの夏の天気は日中35度を超える暑い日もあります。カーディガンをカバンに忍ばせ、日中は半そでで過ごすのが快適と言えるでしょう。降水量は6月や7月が一年を通して一番多くなりますが60mlほどと少ないです(東京の夏は150mほどl)。世界的に見ても雨の天気は少ないです。

ニュルンベルクの冬の天気

冬は1月が最も寒く、最高気温が5度を下回る天気の日が多いです。冬の降水量は多くないので天気が雪や雨になる心配は少ないと言えます。クリスマスマーケットのために訪れる方が多いのがこの冬の時期ですが、日本よりは寒い天気が続くのでしっかり寒さ対策をしてから街中に出るようにしましょう。

ニュルンベルク観光おすすめホテル1:「ホテル マリエンバート」

ニュルンベルクのおすすめホテルとしてまずご紹介したいのがこちらの「ホテル マリエンバート」です。このホテルは、一番の特徴はニュルンベルク駅から徒歩1分圏内という立地のよさです。夜遅くにニュルンベルク駅に着いた場合でも安心ですし、ニュルンベルク駅から朝早く別の都市に出発するというときにも利用したいホテルです。

住所 Eilgutstraße 5, 90443 Nürnberg
電話番号 +49 911 203147

ニュルンベルク観光おすすめホテル2:「モーベンピック ホテル ニュルンベルク エアポート」

次にご紹介したいホテルはこちらの「モーベンピック ホテル ニュルンベルク エアポート」です。ホテルの一番の特徴は、ニュルンベルク空港に非常に近いということです。なので、ニュルンベルク空港の深夜便や早朝便を利用するという方にはおすすめしたいホテルです。

住所 Airport Nürnberg, Mövenpick Hotel, Flughafenstraße 100, 90411 Nürnberg
電話番号 +49 911 35010

ニュルンベルク観光おすすめホテル3:「ゾラート ホテル ザックス ニュルンベルク」

最後におすすめしたいホテルはこちら「ゾラート ホテル ザックス ニュルンベルク」です。このホテルは、ニュルンベルクのクリスマスマーケットが行われる中央広場に位置しているので、クリスマスマーケットを夜遅くまで楽しみたいと言う方には特におすすめしたいホテルとなっています。

住所 Hauptmarkt 17, 90403 Nürnberg
電話番号 +49 911 242700

中世ドイツが楽しめる街「ニュルンベルク」

見どころたっぷりの南ドイツの街「ニュルンベルク」はいかがでしたでしょうか。歴史的見どころやや芸術が多数終結している街であるニュルンベルクは、ドイツの中でも特に観光におすすめしたい街の一つとなっています。訪れる前に事前に芸術や歴史を予習しておけばさらに楽しい観光になるはずです。

関連記事

Original
この記事のライター
kkkkks.

新着一覧

最近公開されたまとめ