ミュンヘン空港徹底ガイド!免税店・周辺ホテル・市内へのアクセス方法など!

この記事では、ミュンヘン空港内を徹底解説しています。ミュンヘン空港には、有名ブランドの免税店があり、お土産を買いやすいです。また、レストランなどの食事施設、周辺にはホテルがあったりと、大変便利です。今回は、そんなミュンヘン空港の魅力を紹介します。

ミュンヘン空港徹底ガイド!免税店・周辺ホテル・市内へのアクセス方法など!のイメージ

目次

  1. 1「ミュンヘン空港」の特徴を徹底解説!
  2. 2「ミュンヘン空港」ってどんな空港?
  3. 3「ミュンヘン空港」で買えるおすすめのお土産!
  4. 4「ミュンヘン空港」のおすすめお土産1:ドイツビール
  5. 5「ミュンヘン空港」のおすすめお土産2:チョコレート
  6. 6「ミュンヘン空港」のおすすめお土産3:ドイツコーヒー
  7. 7「ミュンヘン空港」の免税店事情!
  8. 8「ミュンヘン空港」周辺のおすすめホテル!
  9. 9「ミュンヘン空港」周辺のホテル1:ヒルトン ミュンヘン エアポート
  10. 10「ミュンヘン空港」周辺のホテル2:ノボテル ミュンヘン エアポート
  11. 11「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法!
  12. 12「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法1:エアポートバス
  13. 13「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法2:Sバーン
  14. 14「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法3:タクシー
  15. 15ドイツ旅行に行くなら「ミュンヘン空港」がおすすめ!

「ミュンヘン空港」の特徴を徹底解説!

この記事では、ドイツの「ミュンヘン空港」の特徴をまとめています。ミュンヘン空港は、ドイツで2番目のハブ空港であり、多くの人が利用しています。今回は、そんなミュンヘン空港で買えるおすすめお土産、免税店、周辺のホテル、市内へのアクセス方法などをわかりやすく解説します。ドイツ旅行に行かれる方は、読んでおくのがおすすめです。

「ミュンヘン空港」ってどんな空港?

それでは早速ですが、ドイツにある「ミュンヘン空港」はどんな空港なのか、解説していきます。ミュンヘン空港は、空港名にもあるとおり、ミュンヘンにある空港です。

ミュンヘンは、ドイツ南部にあるバイエルン州の最大の都市です。また、バイエルン州の州都でもあるため、ドイツの南部中心の旅行をする際には、ミュンヘン空港を利用するのがおすすめと言えます。

冒頭でもお話ししたとおり、ミュンヘン空港は、ドイツで2番目のハブ空港とされています。1番目は、ドイツのフランクフルト・アム・マインにある「フランクフルト空港」です。フランクフルト空港は、ドイツ最大規模の国際空港です。

ドイツで1番のハブ空港はフランクフルト空港ですが、人気に関して言えば、ミュンヘン空港も負けていません。というのも、ミュンヘン空港は、過去に「欧州一の空港」に選ばれたことがあるんです。それくらい、ミュンヘン空港は、全体のレベルが高いです。

ちなみに、ミュンヘン空港へは、日本からの直行便が出ています。東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5ヶ所の空港から、ミュンヘン空港に直行できますので、ドイツ南部が中心の旅行を堪能しやすいです。

「ミュンヘン空港」で買えるおすすめのお土産!

こちらの項目では、ドイツの「ミュンヘン空港」で買えるおすすめのお土産を紹介します。ドイツの大聖堂やお城を見て回って、ドイツ旅行を思いっきり満喫した。が、お土産を買い忘れてしまった。そのような状況のときに、空港のお土産コーナーは便利です。

ミュンヘン空港は、ドイツの2番目に人気のハブ空港なだけあって、免税店など、お土産が買えるショップが充実しています。ドイツならではの商品や、世界中に輸出している有名ブランドなどが、ミュンヘン空港で購入でき、お土産えらびに困りません。

この記事で紹介する、ミュンヘン空港のおすすめのお土産は、全部で3つです。「ドイツビール」「リッタースポーツのチョコレート」「ドイツコーヒー」の3つです。どれも日本では手に入りにくい商品で、おすすめです。

「ミュンヘン空港」のおすすめお土産1:ドイツビール

ドイツにあるミュンヘン空港の1つ目のおすすめお土産は、「ドイツビール」です。ビールの本場といえばドイツです。せっかくドイツに旅行で訪れたのでしたら、本場のビールの味を堪能してみることをおすすめします。

そんな本場のビールの味は、ドイツ旅行のお土産としても大変喜ばれます。家族に向けたお土産、特にお酒好きな方へのお土産として、外れることはないでしょう。

ドイツは、ビールの歴史が非常に古く、5000種類以上のビールが存在するとまで言われています。5000種類ものビールなんて、日本では考えられません。

5000種類もビールがあると、お酒好きにとっては夢のような国に思えます。しかし、免税店などでお土産を買うとなると、どの銘柄のビールを買えばいいか悩んでしまいます。

ミュンヘン空港でドイツビール選びに悩んだ方は、ドイツビールの中でも特におすすめの「レーベンブロイ」というビールを購入すれば失敗しません。

レーベンブロイは、ドイツビールとして600年以上の歴史があります。レーベンブロイ社の伝統的な醸造法なつくられたドイツビールは、日本のビールとは違った味わいです。

「ミュンヘン空港」のおすすめお土産2:チョコレート

ドイツにあるミュンヘン空港の2つ目のおすすめお土産は、「リッタースポーツのチョコレート」です。リッタースポーツは、ドイツ国民がよく口にしているチョコレートブランドです。このチョコレートには、ドイツの味が詰まっているわけです。

リッタースポーツのチョコレートの良いところは、2つあります。1つ目は、日本ではなかなか見かけず、甘いもの好きな方へのお土産にぴったりということです。

甘いもの好きな方からしたら、お土産としてチョコレートをもらって、嬉しくないわけがありません。しかも、日本ではなかなか見ないドイツのチョコレートです。甘いもの好きな方や、子どもへのお土産には、リッタースポーツのチョコレートがおすすめです。

リッタースポーツのチョコレートをお土産に選ぶ、2つ目の良いところは「安価でまとめ買いができる」ということです。リッタースポーツのチョコレートは、現地のスーパーなどで気軽に手に入りますし、容量が多めのタイプを安価で買えますのでおすすめです。

「ミュンヘン空港」のおすすめお土産3:ドイツコーヒー

ドイツにあるミュンヘン空港の3つ目のおすすめお土産は、「ドイツコーヒー」です。ドイツはビールの本場として知られていますが、ビールと同様に、コーヒーの消費量も多いんです。

ドイツコーヒーの良いところは、「コーヒーが苦手な方でも飲みやすい」ことにあります。どういうことかと言いますと、ドイツコーヒーの特徴として、酸味が少ないというところがあります。コーヒー独特の酸味が苦手で、飲めないという方はいるでしょう。

そのような方でも、ドイツコーヒーなら飲める可能性があります。ドイツコーヒーは、ミュンヘン空港内のスーパーなどで気軽に買えますし、コーヒー好きな方へのお土産としてはもちろんのこと、あまりコーヒーに馴染みがないという方へのお土産にもアリです。

「ミュンヘン空港」の免税店事情!

空港の免税店でショッピングをするのが好き、という方がいます。そのような方からすれば、ミュンヘン空港に免税店はあるのか、もしあるなら、どのようなお店が揃っているのか、気になるはずですので、その疑問を本項目で解決していきます。

結論から言いますと、ミュンヘン空港には大型の免税店が充実しています。ミュンヘン空港の免税店では、有名ブランドの化粧品を買うことができますし、ドイツならではのアルコール類を買うことだってできます。

ミュンヘン空港には、豊富な数の免税店が揃っていますので、ひょっとしたら、飛行機を待っている時間だけでは、ショッピングの時間が足りなくなるかもしれません。

「ミュンヘン空港」周辺のおすすめホテル!

こちらでは、ドイツの「ミュンヘン空港」周辺にあるおすすめのホテルを紹介しています。ミュンヘン空港に到着して、まずは近くのホテルに行き、荷物を置きたいと考える方もいるでしょう。

そんな方に向けて、こちらでは、ミュンヘン空港からすぐにアクセスできるホテルを紹介します。紹介するホテルは、全部で2軒。「ヒルトン・ミュンヘン・エアポート」と「ノボテル・ミュンヘン・エアポート」です。1つずつ解説していきます。

「ミュンヘン空港」周辺のホテル1:ヒルトン ミュンヘン エアポート

1つ目のミュンヘン空港周辺のおすすめホテルは、「ヒルトン・ミュンヘン・エアポート」です。ヒルトン・ミュンヘン・エアポートは、ミュンヘン空港の最も近くにあるホテルです。ホテル選びで悩んだら、とりあえずこのホテルにすると良いでしょう。

ヒルトン・ミュンヘン・エアポートは、ターミナル1と2の間にあり、簡単にアクセスできます。ホテル内では、食事を満喫できるだけでなく、プールやフィットネスも体験でき、ここならではの体験が可能です。

「ミュンヘン空港」周辺のホテル2:ノボテル ミュンヘン エアポート

2つ目のミュンヘン空港周辺のおすすめホテルは、「ノボテル・ミュンヘン・エアポート」です。ノボテル・ミュンヘン・エアポートは、ミュンヘン空港からシャトルバスが出ており、わずか10分ほどでホテルに到着できます。

ノボテル・ミュンヘン・エアポートは、ビュッフェ形式の朝食が評判です。ドイツの風景を眺めながら食べる朝食は、別世界にいるような気分に浸れます。

「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法!

こちらでは、ドイツ南部の「ミュンヘン空港」から、ミュンヘン市内へのアクセス方法について解説します。日本からミュンヘン空港への直行便を利用する方の中には、ミュンヘン市内を中心に観光したいと考えている方もいるはず。

こちらの項目は、そのような方の役に大いに立つでしょう。それでは早速、ミュンヘン空港から市内へのアクセス方法について解説していきます。

先に言っておきますと、ミュンヘン空港は、ミュンヘン市内から約28.5キロほど離れた場所にあります。28.5キロほど、北東の場所に位置しているんです。

そのため、ミュンヘン空港に到着して、歩いてミュンヘン市内へ行くのは、はっきり言っておすすめしません。時間ももったいないですし、手っ取り早くミュンヘン市内にアクセスするなら、次の3つのアクセス方法のいずれかを利用したほうが良いです。

結論から言いますと、ミュンヘン空港からミュンヘン市内へのアクセス方法は、大きく分けて3パターンあります。「エアポートバス」を利用する方法、「Sバーン」を利用する方法、「タクシー」を利用する方法です。まずは、エアポートバスの解説からどうぞ。

「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法1:エアポートバス

1つ目のドイツ・ミュンヘン空港から市内にアクセスする方法は、「エアポートバス」に乗って行くという方法です。エアポートバスとは、簡単に説明しますと「シャトルバス」のことです。当然、乗るのに料金は発生しますので、この項目で把握しましょう。

ミュンヘン空港から市内に向かって走るエアポートバスは、「ルフトハンザ・エアポートバス」と言います。ルフトハンザとは航空会社の名前ですが、ルフトハンザを利用していなくとも、このエアポートバスには乗れますので、ご安心ください。

ルフトハンザ・エアポートバスは、ミュンヘン空港とミュンヘンの中央駅を往復しています。そのため、このエアポートバスに乗れば、ミュンヘン市内に気軽にアクセスできます。

ルフトハンザ・エアポートバスが運行している時間ですが、朝の6時25分から、夜遅くの22時25分までと判明しました。深夜まで運行していませんが、計16時間も運行しているのであれば、利用しやすいです。20分間隔でバスが走っているのも嬉しいです。

なお、ルフトハンザ・エアポートバスに乗る方法ですが、チケットを購入する必要があります。チケットは、到着ロビーのサービスカウンターで購入できますので、ミュンヘン市内にアクセスしたい方は、チケットを購入すると良いでしょう。

「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法2:Sバーン

2つ目のドイツ・ミュンヘン空港から市内にアクセスする方法は、「Sバーン」に乗って行くという方法です。Sバーンとは「鉄道」のことを指します。

初めに言っておきますと、Sバーンでミュンヘン市内にアクセスする方法は、エアポートバスでのアクセスと同じくらいおすすめです。所要時間や乗車賃は、どちらもほとんど変わらなく、簡単にミュンヘン市内にアクセスできます。

では、具体的なSバーンでのアクセス方法についてお話しします。Sバーンに乗って、ミュンヘン市内に行かれる方は、セントラルエリア地下の空港駅に向かいましょう。

ミュンヘン空港からは、2つの路線が通っており、2通りのルートでミュンヘン市内にアクセスできます。ミュンヘン中央駅行きのルートと、一旦マリエン広場を経由してから、中央駅に向かうルートの2通りです。

どちらの路線も約10~20分間隔で走っているため、乗り遅れても心配ありません。なお、ミュンヘン中央駅行きのルートの所要時間は「約45分」ほどで、マリエン広場を経由するルートの所要時間は「約40分前後」となっております。

気になるSバーンの乗車チケットの購入方法ですが、駅の券売機でカンタンに購入できます。なお、乗車賃は「10.8ユーロ」ほどで、こちらはエアポートバスの乗車賃とほとんど変わりません。エアポートバスの乗車賃は「10.5ユーロ」です。

「ミュンヘン空港」から市内へのアクセス方法3:タクシー

3つ目のドイツ・ミュンヘン空港から市内にアクセスする方法は、「タクシー」に乗って行くという方法です。タクシーでのアクセスだと、エアポートバスやSバーンとは違い、自分たちだけしか乗っていませんので、気疲れしないというメリットがあります。

しかし、それだけに、タクシーにはデメリットが存在します。タクシーのデメリットとは、エアポートバスやSバーンに比べて、料金が割高なことです。

タクシーの料金はメーター制ですが、ミュンヘン市内中心地まで行くとなると、大体「70ユーロ」ほどの料金となります。これは、エアポートバスの10.5ユーロや、Sバーンの10.8ユーロの料金より、ぜんぜん高いです。

そのため、料金は高くつきますけど、気軽にミュンヘン市内に行きたい方はタクシーを、なるべく出費をおさえてミュンヘン市内に行きたい方は、エアポートバスやSバーンでアクセスすることをおすすめします。

なお、ミュンヘン空港からタクシーに乗る方法ですが、到着フロアの出口にタクシーが停まっています。また、タクシーでの移動時間は、ほかの2つのアクセス方法とあまり変わらず「約45分」ほどで、たどり着けます。

ドイツ旅行に行くなら「ミュンヘン空港」がおすすめ!

「ミュンヘン空港」の特徴、おわかりいただけたでしょうか。ミュンヘン空港では、有名ブランドの免税店でお土産が買えますし、周辺のホテルや、市内へのアクセスもしやすいです。さすが、ドイツ第2のハブ空港と言われるだけのことはあります。ドイツ旅行でミュンヘン空港に行かれる方は、ぜひ本記事の情報を参考にしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ