レーゲンスブルクは観光客に人気の世界遺産の街!おすすめスポットは?

世界遺産に登録されているレーゲンスブルクというドイツの街をご存知ですか?カラフルな街並みと歴史のある建物が魅力のドイツを代表する観光名所の一つです。レーゲンスブルクの世界遺産の見どころは?おすすめスポットやホテルは?今回はレーゲンスブルクの魅力に迫ります!

レーゲンスブルクは観光客に人気の世界遺産の街!おすすめスポットは?のイメージ

目次

  1. 1美しい街・レーゲンスブルク
  2. 2レーゲンスブルクってどんな街?
  3. 3レーゲンスブルクの街並みは世界遺産
  4. 4レーゲンスブルクの見どころ1:シュタイナーネ橋
  5. 5レーゲンスブルクの見どころ2:レーゲンスブルク大聖堂
  6. 6レーゲンスブルクの見どころ3:塩の倉庫
  7. 7レーゲンスブルクの見どころ4:ポルタ・プラエトリア
  8. 8レーゲンスブルクの見どころ5:ヴァルハラ神殿
  9. 9レーゲンスブルクの見どころ6:フート・ケーニッヒ
  10. 10レーゲンスブルクで開かれるクリスマスマーケット
  11. 11レーゲンスブルクのクリスマスマーケットおすすめは?
  12. 12レーゲンスブルクのおすすめなお土産
  13. 13レーゲンスブルクのおすすめホテルは?
  14. 14おすすめホテル2:ホテル・カイザーホーフ
  15. 15レーゲンスブルクに行くときの服装は?
  16. 16ドイツの世界遺産の街・レーゲンスブルクに行ってみよう!

美しい街・レーゲンスブルク

ドイツというとミュンヘンを思い浮かぶ方も多いかもしれません。ドイツは日本人にも旅行に行ってみたいと人気の国で世界遺産もたくさんあります。ここレーゲンスブルクもミュンヘンから1時間半ほどで来ることが出来る、世界遺産の街です。

ミュンヘンの観光のついでにレーゲンスブルクを見てみるのはいかがですか?可愛らしい街並みと豪華な旧市街は世界遺産の貫禄を感じます。こじんまりとした街なのに見どころ満載の街・レーゲンスブルク。今回はレーゲンスブルクの見どころ、観光名所、おすすめホテルなどをご紹介していきます!

レーゲンスブルクってどんな街?

レーゲンスブルクっていったいどんな街なのでしょうか?ローマ軍の駐屯地が1世紀に置かれていた街レーゲンスブルク。長年にわたり経済と政治の中心地として大切な役割を担ってきました。大聖堂など建物の豪華さを見るとこの街がどの時代も栄えていたことがわかります。

レーゲン川とドナウ川の合流部分に位置する街で物流もよく商業の発展している地域でもあります。夏は程よい気候で冬は寒いドイツですがその中でも比較的過ごしやすい気候で知られるレーゲンスブルクですので住むにも人気がある街です。

Thumbドイツ観光のおすすめ名所まとめ完全版!人気スポットから穴場まで!
ドイツといえば美しいお城などの観光スポットやおいしいご飯、ビールが有名で、一度は行ってみたい...

レーゲンスブルクの街並みは世界遺産

レーゲンスブルクの人口は約12万人。それほど大きな街ではありませんが街の中の旧市街が世界遺産に登録されているためとても美しく目を引きます。可愛らしい色とりどりの家が立ち並び、その中で旧市街は重厚感あふれる豪邸が並びます。

ドイツ全土で世界遺産に登録されている場所の数はなんと40カ所。歴史ある街並みと貴重な建物が数多く残るドイツは価値ある遺産を数多く有しています。その中で2006年に世界遺産に登録された皇帝と国王の都市レーゲンスブルクは思わず見とれてしまうほどの優美さです。             

Thumbドイツの有名な世界遺産ランキング!観光客に人気の大聖堂やお城など名所多数!
この記事では、ドイツの有名な世界遺産をランキング形式で紹介しています。ドイツには、数多くのお...

レーゲンスブルクの見どころ1:シュタイナーネ橋

シュタイナーネ橋(Steinerne Brücke)は1146年、今から800年以上も昔にここにつくられました。モデルになったのはチェコ・プラハにあるカレル橋だといわれています。ドイツで一番古いアーチ型の石橋で幅がありしっかりとしています。ここがドイツの旧市街世界遺産の入り口です。

シュタイナーネ橋の上からは今回の観光目的のレーゲンスブルク旧市街、世界遺産に登録された街並みを見ることが出来ます。のんびりと橋の上で写真を撮るのもおすすめです。

橋を渡ったところには旧市庁舎があります。石造アーチ橋型の橋としては完成当時世界で一番大きかったといわれています。川にまたがる姿は堂々としています。

レーゲンスブルクの見どころ2:レーゲンスブルク大聖堂

1869年に完成したといわれているレーゲンスブルク大聖堂(Regensburger Dom)は世界遺産に登録されている旧市街にあります。工事が着工したのは1273年といわれていますから長い年月をかけて大切に作られた非常に手の込んだ大聖堂であることがわかります。この大聖堂はゴシック建築で中世の名残を感じます。

とにかく四方八方に施されている美しいステンドグラスがこの大聖堂の魅力です。また世界で一番小さいといわれているパイプオルガンがあります。高さ15mのところにあるパイプオルガンから発せられるメロディーは美しく圧倒されます。

観光の日程に日曜日が入っている人の中には10時からのミサに参加する人もいます。975年設立という世界で最も歴史がある少年合唱団・レーゲンスブルク少年合唱団の美しい歌声を聞くことが出来ます。

レーゲンスブルクの見どころ3:塩の倉庫

今回の観光目的、世界遺産の旧市街に向かっていくと入口にある、かわいい大きな時計が目印の建物が塩の倉庫・ザルツシュターデル(Salzstadel)です。

1616年から1620年の間に建てられた歴史ある建物でアルプスから採られた塩をここで保管していたといいます。当時のレーゲンスブルクの街が商業の街として大きく発展していくのに重要な役割を果たしたといわれています。今は観光案内所として機能しているので見学がてら寄ってみましょう。ドイツに残されている最大規模の倉庫です。

レーゲンスブルクの見どころ4:ポルタ・プラエトリア

ポルタ・プラエトリア(Porta Praetoria)はローマ時代に軍団基地だったところです。ローマ帝国時代レーゲンスブルクは領地の最北端の街。この城門跡は北法の敵国との国境にあるローマ帝国の最前線でした。冬至のローマ帝国の技術を駆使して作られていますのでその最先端技術を興味深く見ることが出来ます。

レーゲンスブルクの見どころ5:ヴァルハラ神殿

こちらは世界遺産の旧市街からは少し離れています。ヴァルハラ神殿(Walhalla)はレーゲンスブルク中央駅からバスに乗って約30分ほど行った所にある1842年に建設・完成した神殿で、バイエルン国王ルートヴィヒ1世が建てたと言われています。神秘的な、ちょっとギリシャ風の宮殿です。

神殿の中も見学することが出来ます。ドイツの歴史に登場する王や芸術家、哲学者など著名人の胸像が並んでいます。高台に位置しているために景色も素晴らしい!先ほど紹介したシュタイナーネ橋の東側から遊覧船が出ているのでそのドナウ川遊覧船に乗ってここまで来ることもできます。時間に余裕があれば行ってみてもいいかもしれません。

レーゲンスブルクの見どころ6:フート・ケーニッヒ

大聖堂の近くにある帽子専門店、フート・ケーニッヒ(Hutkönig)です。大聖堂を見学に訪れたならついでに寄ってみましょう。ハリウッドスターたちも御用達だというおしゃれで他で見ない素敵な帽子がたくさんあります。自分へのお土産にもいいかもしれません。日本では手に入らないデザインもたくさんあります。

紳士用と婦人用でフロアが分かれており、膨大な数の帽子の中から自分に合ったものを探します。サイズは店員さんが調整してくださるので遠慮しないでかぶってみましょう。帽子好きなお友達のためのお土産にもいいかもしれません。

置かれている帽子はなんと15,000点もあるそうです。昔ながらの方法で職人さんが一つ一つ丁寧に作っている帽子たち。侯爵家も御用達だったという帽子屋で試着しているとリッチな気持ちにさせられます。

レーゲンスブルクで開かれるクリスマスマーケット

ドイツでは国中で何と約150カ所でクリスマスマーケットが開催されます。場所によって日程は様々ですが2018年のクリスマスシーズンの予定ではレーゲンスブルクのクリスマスマーケットの予定は11月28日から12月23日となっています。お出かけになる前にその年のクリスマスマーケットの予定をチェックしてみてください。

レーゲンスブルクのクリスマスマーケットおすすめは?

トゥルン・ウント・タキシス城(Schloss Thurn und Taxis)で行われるクリスマスマーケットはとても有名です。トゥルン・ウント・タキシス伯爵家の宮殿の敷地内でクリスマスマーケットは行われます。まるでおとぎの国に足を踏み入れたかのように別世界の空間が広がります。

クリスマスマーケットは有料のところと無料のところがありますが、トゥルン・ウント・タキシス城のクリスマスマーケットは有料です。入場料は平日が6.50ユーロ、週末の土日が8.50ユーロとなっています。

聖エメラム修道院として使われていたこの建物を1816年に改装して宮殿としたと言われています。ドイツ語でヴァイナハツ・マルクト(Weihnachtsmarkt)と呼ばれているクリスマスマーケット。宮殿で開かれるきらびやかなクリスマスマーケットは華やかに飾り付けられ子どもたちもうれしいイベントが盛りだくさんです。

Thumbドイツ・クリスマスマーケットの過ごし方!おすすめのお菓子やお土産も厳選!
歴史的建造物が多く美しい街並みが特徴のドイツの冬はクリスマスマーケットがおすすめです。そのド...

レーゲンスブルクのおすすめなお土産

せっかくレーゲンスブルクに来たのですから思い出になるお土産を買って帰りたいものです。おしゃれな雑貨屋さんにフラッと入ってみるのもいいですし、おしゃれなカフェでコーヒーを買うのもおすすめです。

それでもレーゲンスブルクにきた観光客に人気のお土産がいくつかありますのでご紹介していきます。もう一度くるのはなかなか難しいので買い忘れのないように。

甘みたっぷりのマスタード

おすすめのお土産の1つ目はマスタードです。レーゲンスブルクの人たちは甘みのあるマスタードが大好き!マスタードのない食事などありえないのでどの家も当たり前のようにマスタードが食卓に並びます。レーゲンスブルクに来たお土産にマスタードはセンスの良いお土産といえるでしょう。

レーゲンスブルクの人たちはよくパンと一緒にレバーケーゼというハムを食べます。これは肉類を挽いて、それにスパイスを利かせ、香味野菜をたっぷりと入れたものを長方形の型に流し込み、蒸し焼きにしたものを好きなサイズに切って食べるものです。

特にヘンデルマイヤー(Haendlmaier)というお店のマスタードはお土産に最適。100年の歴史を誇る、マスタードといえばヘンデルマイヤーというくらい有名なお店です。お土産に迷ったら寄ってみてください。

自分好みのブラシ

珍しいブラシの専門店がレーゲンスブルクにあります。ブラシと一言で言っても用途はいろいろですが、こちらのお店ではどんなブラシでも見つけることが出来ます。髪をとくためのブラシ、掃除をするためのブラシ、体を洗うためのブラシ、お掃除をするためのブラシなど、上質の素材でできた記念のブラシが手に入ります。

職人さんが丹精込めて作るブラシは一生もの。壊れてしまったら修理もしてくれますし、ブラシと付き合っていくためのアドバイスもしてくれます。自分用のお土産にもいいですし、大切な日本で待つ家族のために一つお土産に買って帰るのもいいかもしれません。

美味しいチョコレート

ドイツには美味しいチョコレートがたくさんあります。ここレーゲンスブルクにもチョコレート専門店があります。ドイツで最も歴史があるといわれているコーヒーハウス、カフェ・プリンツェス(Café Prinzess)のチョコレートは地元の人たちだけでなく、お土産を探す観光客にも人気があります。

カフェ・プリンツェスがオープンしたのはなんと1686年。長年にわたり愛されてきたチョコレートです。時間があれば寄ってみましょう。それ以外でもレーゲンスブルクには美味しいドイツチョコレートがいっぱい。お土産におすすめです。

レーゲンスブルクのおすすめホテルは?

レーゲンスブルクはそれほど大きな街ではないのでホテルをとらずミュンヘンから日帰りで観光することもできます。でももし時間に余裕があるならばホテルに1、2泊してレーゲンスブルクの街を堪能することもおすすめです。

レーゲンスブルクの世界遺産である旧市街、大聖堂、シュタイナーネ橋は夜になると美しくライトアップされます。貫禄の世界遺産が美しくライトアップされる様は圧巻!ホテルに宿泊して夜景を楽しむのもいいかもしれません。

おすすめホテル1:マクシミリアンホテル

19世紀に建てられたという歴史のあるホテルでレーゲンスブルク中央駅からすぐ近くにあります。ミュンヘンと観光を行き来したい方には便利な立地条件です。まるで伯爵の家にお邪魔したかのような豪華な空間が広がります。旧市街からも近いのでレーゲンスブルク観光にもぴったりです。

おすすめホテル2:ホテル・カイザーホーフ

ホテル・カイザーホーフは街の中心にあるのでこちらのホテルもレーゲンスブルク観光するのにおすすめの立地条件のホテルです。駐車場は歩いて5分ほどのところなので少し不便ですが電車で観光に来た人には気にならないでしょう。大聖堂がホテルの窓から大パノラマで望めます。ホテル内も窓から見える景色も絶品のホテルです。

レーゲンスブルクに行くときの服装は?

レーゲンスブルクに行くならおすすめは夏です。6月から9月は天候が安定しており比較的暖かいので旅行に最適です。ただドイツは朝と晩の気温差が激しいのでこの時期に行くとしてもセーターやコートを一つ持っておくことをおすすめします。

クリスマスマーケットが行われる冬はとりわけ寒く氷点下になりますのでしっかりと防寒着を準備していきましょう。帽子や耳当てもあると良いかもしれません。足元も忘れずに冷えないものを準備してください。雪が降りますので服が濡れた時に着替えられるよう替えの服もあると良いでしょう。

Thumbドイツの気温&天気の特徴まとめ!旅行におすすめの季節や服装もチェック!
ドイツは日本と似ているとよく言われますが、天気や気温についてはどうなのでしょうか。今回はドイ...

ドイツの世界遺産の街・レーゲンスブルクに行ってみよう!

レーゲンスブルクはミュンヘンからのアクセスも良く、一日で見て回ることが出来る観光しやすい街です。それでも世界遺産をはじめ魅力的な観光名所がたくさんあります。一泊するならば夜景も楽しむことが出来ます。

第二次世界大戦時にもそれほど被害を受けず、幸いにも美しい街並みが残されてきたレーゲンスブルク。ドイツ旅行を計画中ならばぜひ足を運んでみてください!

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

新着一覧

最近公開されたまとめ