ベルゲンの観光スポットを完全ガイド!気候や見どころまで紹介!

ベンゲルはフィンランド観光都市でアナと雪の女王のモデルにもなったきれいな街です。フィヨルド観光の拠点ともなり大勢の観光客が訪れます。そんなベルゲンについてお知らせします。有名な鉄道や、天気、ツアーなどのベルゲンの観光情報などをお伝えします。

ベルゲンの観光スポットを完全ガイド!気候や見どころまで紹介!のイメージ

目次

  1. 1アナ雪の街ベルゲンを観光しよう
  2. 2ベルゲン観光の魅力
  3. 3ベルゲンのおすすめ観光スポットその1:ブリッゲン
  4. 4ベルゲンのおすすめ観光スポットその2:フィッシュマーケット
  5. 5ベルゲンのおすすめ観光スポットその3:エドヴァルド・グリーグ博物館
  6. 6ベルゲンのおすすめ観光スポットその4:フロイエン山
  7. 7ベルゲンのおすすめ観光スポットその5:ベルゲン城塞
  8. 8ベルゲンのおすすめ観光スポットその6:帆船Statsraad Lehmkuhl号
  9. 9ベルゲンのおすすめ観光スポットその7:コーデ美術館
  10. 10ベルゲン観光に欠かせないベルゲン鉄道
  11. 11ベルゲンのホテル
  12. 12ベルゲンからのおすすめ観光ツアー
  13. 13ベルゲン観光に肝心なお天気の情報
  14. 14ベルゲンへのアクセス
  15. 15世界遺産の街ベルゲンへ行こう

アナ雪の街ベルゲンを観光しよう

ベルゲンはノルウェーの西海岸に面する街で、多くの人がフィヨルド観光ツアーの入口としても利用する街です。しかしこの街の観光の魅力はその広大な自然だけではありません。

カラフルな色遣いの街並みはあの有名なアニメ映画、アナと雪の女王のモデルタウンともなった街です。かつてはノルウェーの首都がおかれた時期もある由緒ある街です。

このベルゲンの魅力をご紹介します。街の観光情報やツアー情報に加えて多くの人が利用する鉄道の情報なども併せてお伝えしたいと思います。

ベルゲン観光の魅力

このベルゲンの街は人口26万人ほどの小さな町です。しかし多くの人がノルウェーに来たならこの街を訪れるべきだというほどのおすすめの観光スポットです。

とても美しい街並みには世界遺産に登録されている建物もあります。また自然に囲まれたこの街を少し離れてケーブルカーを上るとベルゲンの街やフィヨルドを一望することができます。

このベルゲンの街はノルウェーのフィヨルド観光の拠点としても知られている街です。ノルウェー観光の目玉のツアーがこのベルゲンの港から出ています。ノルウェーに来てフィヨルドやオーロラを見たい人ならこの街を訪れるべきです。

ベルゲンのおすすめ観光スポットその1:ブリッゲン

それではこのベルゲンのおすすめ観光スポットをご紹介していきます。まずご紹介するのが世界遺産に登録されているブリッゲンです。ベルゲン港に面して並んでいるとってもカラフルな三角屋根が特徴的な木造建築です。

中世の時代にこの近辺の都市国家が同盟を組んだ、ハンザ同盟時代にはこの建物は商人の家として利用されていたようです。

特にこのハンザ同盟時代にこのベルゲンは商業的に成功した街として大きな力と繁栄を伴った街でした。その時代の名残を残しているのがこのブリッゲンです。

ハンザ同盟時代の13世紀ごろにドイツの商人たちの倉庫として利用されていたのがこのブリッゲンです。この貴重な街並みは様々な修復方法を用いて保存されてきましたが、かなり早い時期の1979年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

現在ではこのブリッゲンには多くのおみやげ物屋さんやレストランなどが入って観光客が沢山押し寄せています。ヨーロッパの木造建築でこれほど長い間維持されているものも珍しいですが、このブリッゲンではその建物が現在でも一般的な利用がされています。

会社のオフィスやアトリエ、旅行会社にクラフトショップなどがたくさんあります。倉庫の前を通り過ぎるだけでなくぜひ路地の中も探索してみるといいでしょう。

その中に入ると13世紀の街並みが残っています。木造建築なのであちこちが傾いていたり、歪んでいたりとまるで絵画の中の風景の様です。また木造の床はぎしぎしと音が鳴りこれがまた独特の雰囲気を醸し出しています。

このベルゲンのおすすめ観光スポットのブリッゲンの街並みは1000年前と全く同じ建築技法が使われています。すべて木組みで釘などは一切使っていません。そしてこの建物独特のゆがみもあえて修復せずそのままの形で保存しているようです。

ベルゲンのおすすめ観光スポットその2:フィッシュマーケット

次にご紹介するベルゲンのおすすめ観光スポットはフィッシュマーケットです。港沿いの広場にある魚市場は毎日観光客と地元の人たちでいっぱいになっています。

とくにこのノルウェーはヨーロッパ最大の漁業国であり、しかもこのベルゲンはノルウェーでも有数の漁獲量を誇る港町です。

そんなベルゲンにあるフィッシュマーケットなので、またベルゲン一の観光スポット、ブリッゲンエリアの向かい側にあるという好ロケーションで多くの観光客が訪れています。

新鮮な魚介類はもちろんのこと野菜や果物などの生鮮食品も売っているので地元の人でもいっぱいです。地元のことばが行きかっている様子はとっても活気があり観光客にも人気です。

フィッシュマーケットにはお土産物屋さんなどもあるので、ちょっとした総菜を買って食べながらベルゲン観光というのもいいでしょう。欧米では食べ歩きはそれほどマナーが悪いわけではないので安心してください。

とくにおすすめはサーモンのお寿司です。ベルゲンでは最高のサーモンが食べられます。脂もしっかり乗っていて、おつまみには最適のメニューです。

またこのフィッシュマーケットでの目玉はレストランスペースです。市場の中のレストランと聞くとまるで大衆食堂のようなイメージを持つかもしれませんが、ここはそんなことはありません。

ちょっとした高級レストランのような雰囲気のこの場所はベルゲン一の観光スポットのブリッゲンを眺める好立地です。

もちろんメニュも豊富で、軽く済ませるフィッシュアンドチップスからセットメニュー、また持ち帰り用のメニューもあります。ベルゲンの観光客のお腹を満たしています。

またこのレストランがうれしいのは日本語のメニューも用意してくれているところです。日本からもこのベルゲンを観光で訪れる人たちは多いということです。

ベルゲンのおすすめ観光スポットその3:エドヴァルド・グリーグ博物館

ベルゲンから少し足を延ばしてその郊外にあるのがエドヴァルド・グリーグ博物館です。ここはノルウェー出身の作曲家グリーグがその多くの時間を過ごした家です。

仕事用の小屋も見学できますが、ここには彼が創作活動に没頭していた時期そのままの調度品が展示されています。コンサートホールも併殺されていて、夏の時期にはコンサートも開催されることがあり観光客にもおすすめです。

開場時間は夏の時期は午前10時から午後6時まで、冬の時期は午後10時から午後4時頃までとなっています。入場料は大人が100クローネ、学生は50クローネでこともは無料です。

ベルゲンのおすすめ観光スポットその4:フロイエン山

また別のベルゲンのおすすめ観光スポットはフロイエン山です。ベルゲンの街の中心地にあるケーブルカーの駅から乗車して山を登ります。

海抜は320メートルというちょうどよい高さの高台からベルゲンの街を一望することができるベルゲン観光には欠かせないスポットです。

この高さまでくれば、ベルゲンの街を囲むフィヨルドも一望できます。自然が作り出した造形美を満喫することができるスポットです。

また山頂からこのフロイエン山をハイキングするコースもおすすめです。約2時間から3時間もあれば自然を満喫出来るハイキングを楽しむことができます。

近くにあるRevurtjern湖まで行けば、忙しく動き回る鳥たちの生態を観察することができます。この湖では夏には泳いだり、カヌーを楽しんだりしますし冬には湖が凍ってスケートなどを楽しむ観光客たちもいます。

ベルゲンのおすすめ観光スポットその5:ベルゲン城塞

次にご紹介するベルゲンのおすすめ観光スポットはベルゲン城塞です。特にその敷地内に建てられたローゼンクランツタワーはノルウェーでも最も重要なルネサンス様式建造物の一つといわれています。

この塔は1560年代に建設されたといわれており、内部は資料館ともなっています。特にノルウェーの首都としてこのベルゲンが発展した中世からの歴史が紹介されています。

ベルゲンのおすすめ観光スポットその6:帆船Statsraad Lehmkuhl号

次にご紹介するベルゲンおすすめ観光スポットは帆船Statsraad Lehmkuhl号です。1914年に建造されたこの船はバロック様式を取り入れた大変豪華な装飾が特徴の船です。

当時はドイツの承認の訓練船として使われており、現在においては観光イベントや教育目的のイベントなどで運航されています。

ベルゲンのおすすめ観光スポットその7:コーデ美術館

このベルゲンの街が多くの観光客を引き付けるのはその街並みや自然だけではありません。北欧最大の美術館、コーデ美術館があります。

このコーデ美術館は、ベルゲン市内と周辺の5つの美術館を統合しされたもので、それぞれが独特のコンセプトを持った展示がなされています。

その中でもこのベルゲンの観光客に人気なのがコーデ3です。なぜかというとここには日本での有名なムンクの作品が多数所蔵されているからです。

有名なムンクの絵画、「叫び」はオスロ国立美術館とムンク博物館にあります。しかしこのコーデ美術館がムンクの作品の数は最も多いでしょう。

ここを訪れる観光客たちは、伝説的な画家、ムンクの歴史をその絵画と共に学ぶことができます。

ベルゲン観光に欠かせないベルゲン鉄道

ベルゲン鉄道とはノルウェーの首都オスロとこのノルウェー第二の都市ベルゲンとを結ぶ鉄道です。鉄道ファンには大人気のこの路線は、オスロとベンゲル間の489キロメートルの距離を6時間半かけて横断する鉄道です。

このベルゲン鉄道の路線は観光客にも大人気ですが、鉄道ファンにとっても大人気です。とくに鉄道ファンにはバイブル的存在のトーマスクックの「ヨーロッパ形勝ルート」としても紹介されています。

このベルゲン鉄道のおすすめポイントの一つは、ほかでは決してみることのできない風景でしょう。

ノルウェーの国土を貫く山脈を超えて、東のオスロから西のベルゲンまでを走るこのベルゲン鉄道は、高度1000メートルの高地を走っていきます。

オスロをでてしばらくの間、この鉄道は森林地帯の中を走っていきます。しかしだんだん緑がなくなってゆき荒漠とした大地へと変わっていきます。

むき出しの岩、灌木といった殺伐とした同じような風景が続いていきます。何時間も変わらない同じ風景を車窓から眺めていると、まるでデジャヴのようです。

このような光景が続くのは、このベルゲン鉄道が北の森林限界を超えているノルウェーを横断するためです。

このノルウェーでしか見られない風景を楽しむことができるのが、このベルゲン鉄道です。時間を気にせず観光を楽しむ人にとってはおすすめの移動手段です。

ベルゲンのホテル

ベルゲンはフィンランドでもおすすめの観光スポットがたくさんあるので、立派なホテルもたくさんあります。観光旅行の要、ホテル選びには決して苦労しないでしょう。

ベルゲンを観光で訪れる人たちの多くが宿泊するスタンダートのツインルームで1泊が18000円から30000円くらいでしょう。

観光客の多くが驚かれますが、ベルゲンは平日料金が高く、週末料金が安くなっていることがあるようです。しかし賢い環境客の多くはこのシステムをうまく利用して観光旅行を楽しんでいます。

ベルゲンの観光客におすすめのホテルの一つはグランドテルミナスホテルです。1泊平均が16500円くらいで、ベルゲン駅から一番近いホテルです。

港までも歩いて5分、世界遺産のブリッゲンにも近いので観光で訪れる人たちにお人気のホテルです。

客質などのテイストも、シンプルでクラシカルな装飾が施されており、落ち着いた雰囲気が好みの観光客に人気のホテルです。

ベルゲンからのおすすめ観光ツアー

フィヨルド観光の玄関口でもあるのベルゲンからは現地発のツアーもたくさん出ています。おすすめのツアープランの多くはベルゲンから船に乗ってオスロにつく片道ツアープランです。

このツアーではフェリーや列車を乗り継いて世界最大スケールのソグネフィヨルドを楽しみます。

またこのベルゲン発のフィヨルドツアーでは、世界遺産に登録されたネーロイフィヨルドもみることができます。ここは最も狭いところで幅250メートルという独特の風景が見どころです。

またこのツアーのおすすめポイントは、山岳鉄道のフロム鉄道でしょう。ミュルダールとフロム間を結ぶこの鉄道はわずか20キロメートルの距離ですが、標高差は866メートルです。

迫力あるリョーアンネフォッセン滝やショースの滝などを楽しみながら進むこのフロム鉄道もツアーの魅力の一つです。

ベルゲン観光に肝心なお天気の情報

ベルゲンで街中やフィヨルドを観光するときに欠かせないのが天気の情報でしょう。天気を知っておけば服装も準備できますし、また年間の天気を知っていればベストシーズンを選ぶことができます。

ベルゲンの春の天気は日本の初冬の天気でしょう。分厚いコートが必要なわけではありませんがしっかりした上着は必要な天気の日もあります。

夏の天気は日本の春ぐらいの天気です。しかし朝晩は寒く感じることもあるのでジャケットなど羽織るものがあるといいでしょう。

秋の天気も春の箇所で述べたように日本の初冬の天気と似ています。もちろん暑い日もありますのでTシャツ、長そで、フリースなどを用意ておくといいでしょう。

ベルゲンへのアクセス

日本からベルゲンまでのアクセスはいくつかの方法があります。残念ながら直通便はないので乗り継ぎ便となります。

一般的なものスカンジナビア航空です。成田からコペンハーゲンまで、そしてそこからベルゲンまでの便に乗り換えることができます。

フィンランド航空という方法もあります。こちらは成田のみならず、名古屋、関空、福岡といった日本の各地から出ています。

その便でフィンランドのヘルシンキに向かいそこからオスロまで向かいます。オスロについたら後はベルゲン鉄道か国内便のひこうきでベルゲンまでむかいます。

世界遺産の街ベルゲンへ行こう

北欧のフィヨルド観光の玄関口、ベルゲンについてお知らせしました。フィヨルドツアーに訪れる観光客のほとんどが訪れる街で世界遺産に登録された文化遺産も魅力の一つです。

北欧なので天気には十分注意する必要がありますが、豊かな自然と芸術文化は一見の価値があります。観光旅行の準備をすぐにでも始めることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna